スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)は樹海行きの切符を買うようです エピローグ

第八話はこちら

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 17:52:12.68 ID:VbMl5tWc0

『エピローグ』

 あたり一面見渡す限りの草原の中、
緑の芝生が整備された一角に22人の男が絶えず動き回っている。

 僕はそれを時に大空高く俯瞰して眺め、時に彼らの間近で観察する。

 上下白を基調としたユニフォームを着る背番号10の選手が
ボールと共に左サイドを駆け上がる。
それに連動して彼と同じ格好の選手達が動き回り、
また彼とは違った格好の選手達が動き回る。

 背番号10の選手がトップスピードでボールをまたぐと
彼に対峙していた背番号2の選手はそれにつられてバランスを崩し、
背番号10の選手はその脇をすり抜ける。
背番号2の選手が反則を犯してでもそれを止めようとするが、
その手は白いユニフォームを掴むことなく空を切る。

 背番号10の選手がペナルティエリアに侵入する。
青とエンジ色のユニフォームを身にまとう選手たちは
それを許してはならなかった。
もはや彼を止めることは誰にもできず、
彼は抜け目なくシュートコースを発見すると、
足の内側を使って丁寧にボールを蹴りこんだ。

 ボールがサイドネットを揺らすのを確認したところで
時が止められる。
ここは僕の世界だった。


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 17:55:19.14 ID:VbMl5tWc0

 左サイドのスペースに走り込む彼にパスが渡る時点まで
彼らの時計が巻き戻される。
ここからすべてははじまったのだ。

('A`)「後方からのロングパスだ」

 背番号10の選手は、やや角度のついた後方からのロングパスを、
足の外側を使ってなめらかにトラップする。

 僕は何度も時を巻き戻しては進め、
そのプレーを様々な角度から分析する。

 そして僕は彼と同じポジションに立った。

 後方からやや角度のついたロングパスが送られる。
僕は先ほど見たのと同じように、足の外側を使ってそれを受ける。
ボールは僕の足を弾くと転々と転がった。

 僕はそのボールに走り寄るが、
背番号2の選手にあっさり取られてしまう。

('A`)「もう一度だ」

 僕は7回同じことを繰り返し、
やがて満足いくトラップができたところで芝生の一帯を消去した。

 僕の世界に異物が混入したからだ。


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 17:56:37.10 ID:VbMl5tWc0

 神のようなものに尋ねられた僕は、
サッカーの勉強がしたいと答えた。

/ ,' 3「勉強?」

 神のようなものはそう訊き返した。
どうやらこいつは全知全能というわけではないな、と僕は思った。

('A`)「そう、勉強」

/ ,' 3「ディエゴ・マラドーナの才能が欲しいわけではなくて?」

('A`)「そんなもの、僕は欲しくない」

/ ,' 3「なるほど。ではもう少し具体的に聞こうか」

('A`)「図書館のようなものをひとつ用意してもらいたい。
   そこには現在までのあらゆるサッカーの試合が録画されていて、
   他にも戦術書や練習法、様々な書物や映像が並んでいる」

 そして、ここで僕が身に付けた動きや知識、筋力を、
目覚めたときに還元してもらいたい、と僕は言った。

/ ,' 3「ずいぶん回りくどいことをするんだな」

 半分呆れた様子で神のようなものはそう言った。


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 17:59:18.92 ID:VbMl5tWc0

 そうかもしれない、と僕は言った。

('A`)「僕の願い事はすごく回りくどいやりかたなのかもしれない。
   それでも僕はなんとか自分が満足できる方法を考えて、
   これ以上のものは思いつかなかったんだ」

/ ,' 3「なるほど。よくわからん」

('A`)「僕には納得が必要なんだ。
   何故なら願い事は一つしかできないし、
   それは二度と取り消せないからだ」

 そんなもんか、と神のようなものは呟いた。
そんなもんさ、と僕は言った。


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 18:01:22.42 ID:VbMl5tWc0

 こうして僕は、僕の世界で待つことになった。
僕はプレッシングサッカーの成立について学び、
トータルフットボールの美しさを知った。
それまで僕は、オフサイドのルールさえ把握していなかったのだ。

 僕は今、ここで門番のような役割を果たしている。
誰かが樹海行きの切符を買うと、
歯にソフトキャンディが張り付いたときのような異物感が
それを知らせてくれるのだ。

 やがて電車が樹海に辿りつくと、僕は訪問者に挨拶をする。
そして心の中で問いかける。

('A`)「あんたは僕を解放してくれるのか?」

 僕は殺されるのを待っている。


          ('A`)は樹海行きの切符を買うようです 完

数年ぶりに読んだ。
何度読んでも素晴らしい。
[ 2012/11/25 22:28 ] [ 編集 ]

俺も数年ぶりに読んだ
よく出来ていると思う
[ 2016/12/21 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/60-3a96d808





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。