スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)は主人公系男子のようです

1 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:29:36 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)「内藤ホライゾンです。両親は海外旅行で今は家にいません」

( ^ω^)「義理の姉と妹との3人でくらしています」

( ^ω^)「隣の家には幼馴染が居て、お互いに窓を開ければ行き来できる感じです」

( ^ω^)「バイト先では年上のお姉さんと良くシフトが重なってて、良くご飯を奢ってもらってます」

( ^ω^)「部活では男子が僕一人だけで、先輩と後輩には良い様に使われて困ってます(苦笑)」

( ^ω^)「生徒会長、えぇ、女の人なんですけど良く気にかけて貰ってて。進路相談とかもさせてもらってます」

( ^ω^)「そういえば近所に出来た武道場の女の子と良く会うんですよ、最近」

( ^ω^)「ジョギングしてる途中だったりで、頑張ってて偉いなぁって思いますね」

( ^ω^)「あと同級生の子が料理屋をしてて、よく食べに行ってますね」

( ^ω^)「僕も料理を作るので、参考に。え?女の子ですよ?可愛い感じの」

( ^ω^)「昼休みは図書館で過ごすのが日課ですね」

( ^ω^)「おかげで図書委員の子と仲良くなっちゃって。今度一緒に美術館行くんですよ」

( ^ω^)「委員と言えば、学級委員長にはホントお世話になってますね。主に勉強面で」

( ^ω^)「この前なんか泊りがけで教えてくれて。ホント、彼女には頭が上がりません」

( ^ω^)「そういえば最近転入生の子が来たんですけど、昔一緒に遊んだ子と似てるんですよ」

( ^ω^)「金髪碧目だったんですけど、まさかそんな偶然と思って知らん顔してたらどうやら本人だったようで(笑)」

( ^ω^)「機嫌を取るのに苦労しましたよ、あの時は。未だにツンツンしてて、ホント困っちゃいますよね」

( ^ω^)「あと担任の先生なんですけどね、まだ先生になったばかりで何故か僕に相談してくるんですよ」

( ^ω^)「小柄な先生で、よく大きい荷物とか持ってあげて('A`) 「それ以上喋ったら殺す」

次から投下。ながら。



3 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:32:06 ID:kMguXOnM0

(´・_ゝ・`)「えー今日は転入生を紹介する」

( ^ω^)

(´・_ゝ・`)「内藤ホライゾン君だ。みんな仲良くするように」

(´・_ゝ・`)「内藤君、あそこの席ね」

(´・_ゝ・`)「毒島って奴のとなりね」

( ^ω^) テクテク

( ^ω^) ガタッ

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「よ、よう。俺、毒島ドクオっつーんだ。よろしくな」

( ^ω^)

5 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:34:43 ID:kMguXOnM0

('A`) 「転入してきて不安かもしれないけど、みんな優しいからさ」

('A`) 「何でも相談してくれよな! 」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) (喋んないなこいつ……)

7 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:38:17 ID:kMguXOnM0

('A`) (隣の席なので校舎案内する事になりました)

('A`) 「内藤君、ここが図書室」

( ^ω^)

('A`) 「で、向こうが職員室」

('A`) 「プギャー先生っていうのが結構嫌味ったらしいから気をつけてね」

( ^ω^)

('A`) 「あと、あそこが理科室ね」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) (気まずいよぉ……)

8 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:40:58 ID:kMguXOnM0

('A`) 「そしてここが保健室」

( ^ω^)

('A`) 「怪我したらまずは保健委員の人、しぃさんに頼れば問題ないから」

( ^ω^)

('A`) 「えっと、分かりにくいけど向こうに見えるのがトイレね」

('A`) 「ちょっと遠いから、漏れそうな時は気をつけてね」

('A`) 「間に合わなくて漏らしちゃったら大便題だし」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「大問題だし」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) (今のは無いな。うん)

9 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:42:59 ID:kMguXOnM0

('A`)  テクテク

( ^ω^) テクテク

('A`)  テクテク

( ^ω^) テクテク

ξ゚⊿゚)ξ「あ! 」

('A`) 「あ、隣のクラスのツンさξ#゚⊿゚)ξ「あ、あんたは今朝の!! 」

( ^ω^)

('A`) 「え?え?」

ξ#゚⊿゚)ξ「今朝は良くもやってくれたわね! まさかウチの生徒だとは思わなかったわ! 」

('A`) 「彼、内藤君は転入生なんですよツンデレさん」

ξ;゚⊿゚)ξ「え!? あ、あぁ。そう……そうです、か」

('A`) (何でキョドるんだよ俺が何をしたんだよ)

('A`) (確かに初めて話したけどさあああああああああああああ!!! )

10 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:56:34 ID:kMguXOnM0

ξ#゚⊿゚)ξ「それにしても、よくもまぁ私の前で堂々としてられるわね! 」

( ^ω^)

ξ#゚⊿゚)ξ「全く! どういう神経してるのかしら! 」

ξ#゚⊿゚)ξ「あんな事をしたっていうのにね! 」

('A`) 「あ、あの。ツンさん内藤君に何かされたんですか?」

ξ#゚⊿゚)ξ「えぇ! 今朝ね、私は不覚にも遅刻しそうだったからパンを食べながら走ってたのよ! 」

ξ#゚⊿゚)ξ「そしたら急にこいつがぶつかってきて、しかも倒れた私のパンt……」

ξ#゚⊿゚)ξ「パン……」

ξ゚⊿゚)ξ「パ……」

ξ;゚⊿゚)ξ「え、えっと。えっと」

('A`)

ξ゚⊿゚)ξ「と、とにかく! こいつは絶対に許さないんだから! 」

ξ゚⊿゚)ξ「今は用事があるから見逃してあげるけど、今度あったらタダじゃおかないんだからね! 」 テクテクテク

('A`)

( ^ω^)

11 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:57:43 ID:kMguXOnM0

('A`) 「ねぇ」

( ^ω^)

('A`) 「ね、ねぇ内藤君」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「僕達、友達だよね?」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「何色、だった……?」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) (何とか言えよおおおぉぉぉぉぉ!!! )

12 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:59:12 ID:kMguXOnM0

('A`)  カキカキ

( ^ω^) カキカキ

('A`)  カキカキ

( ^ω^) カキカキ

(´・_ゝ・`)「つまり羅生門の下手人は~

('A`)  カキカキ

( ^ω^) カキカキ

( 'A`)  チラッ

( ^ω^) カキカキ

('A`)

( ^ω^) カキカキ

('A`) (こいつ字上手いな)

13 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:27:17 ID:kMguXOnM0

('A`) (休み時間だ)

('A`)

('A`)

('A`) (やる事がないなぁ)

('A`)

('A`) (誰かと適当に話すか)

('A` )  チラッ

( ^ω^)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`) (あー、暇だなぁ)

14 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:29:30 ID:kMguXOnM0

('A`) (他に暇をつぶそうにも俺には友達がいないんでね)

('A`)

('A`)

('A`) (別に良いさ。俺は一人でも大丈夫)

('A`) (今、俺は脳内でシタラバニア王国の切り込み隊長やってんだよね)

('A`) (もうすぐ戦争だから、準備しねーと)


< キャッキャ


('A`) (なんだよ、騒がしいな)

('A` )  チラッ

(*゚∀゚)( ^ω^)('、`*川 キャッキャ

('A`)

15 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:37:24 ID:kMguXOnM0

('A`)

('A`) (あー、まぁね)

('A`) (転入生だからね)

('A`) (そりゃ物珍しさに女子は集まるよな)

('A`) (だがそれも時間の問題だ)

('A`) (喋らない相手にいつまで盛り上がれるかな……?)


< キャッキャ


('A`)


< ブーン君 オモシローイ


('A`)

('A`;) (なんだとおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!? )

16 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:40:01 ID:kMguXOnM0

('A`;) (お、面白い!? え、面白い!?!? )

('A`;) (何が!? 何が面白いの!? 喋らないことが!? )

('A`;) (え、まさか喋るの!? そいつ!? 喋ったの!? えぇ!? )

('A`;) (というかブーンって何!? 何だ!?

('A`;) (ブーン……!? あ、擬音……!? )

('A`;) (いや擬音に君付けはおかしいよね!? じゃあ何!? )

('A`;) (第三者か何か!? いや、もしかしてあだ名!? あだ名か!? )

('A`;) (えええええぇぇぇぇ何なのおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!? )

('A`;) (めっちゃ気になるううううううううううううううううう!!!! )

('A`;) (ちょ、ちょっと聞き耳を立てて)

( ゚∀゚)「うーい、授業始めるぞー」


< ア、 先生 来タカラ戻ルネ


('A`;) (くっっっっっそがああああああああああああああああああああ!!!!!! )

17 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:45:51 ID:kMguXOnM0

( ゚∀゚)「それでフランス革命がな~」

('A`)  カキカキ

( ^ω^) カキカキ

('A`)  カキカキ

( ^ω^) カキカキ

( ゚∀゚)「フランス人のおっぱいって柔らかそうだよな~」

('A`)  カキカキ

( ^ω^) カキカキ

('A`)

( ^ω^) カキカキ

('A`)

( ^ω^) カキカキ

('A`;) (ああああああああああああああ気になって集中出来ねえええええええええええええ!!!! )

18 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:49:56 ID:kMguXOnM0

('A`) (さて、また休み時間ですよ)

('A`)

('A`) (内藤君の事も気になるけど)

('A`) (まずはトイレ行こうっと)

('A`) (今朝から下痢気味だし)

('A`) (間に合わなかったら大便題になるからな)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`) (一周回って意外と面白い気がする)

20 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 19:54:41 ID:kMguXOnM0

('A`) (ふぅ、出た出たっと)

('A`) (そういえば内藤君見当たらないな。どこだろ)


( ・∀・)(^ω^ )


('A`) (あ、居た居た。クラス一イケメンのモララー君と一緒だ)

( ^ω^)

( ・∀・)「あっはっはっは、お前面白いなー! 」

('A`;) (!? )

( ^ω^)

( ・∀・)「あー、なるほどねぇ。そういうのもアリか。はは、凄いや」

('A`;) (え!? え!? 俺の耳がおかしいの!? )

( ^ω^)

( ・∀・)「ほう、今度俺も試してみようかな」

('A`;) (会話してる!? )

('A`;) (内藤君喋ってなくね!? )

21 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:03:24 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

( ・∀・)「あぁ、そこは気をつけるよ」

('A`;) (何に気をつけるの!? )

( ^ω^)

( ・∀・)「ははははは! だからそのネタやめろってー! 気になるわー、そのネタどこから手に入れたか気になるわー」

('A`;) (俺はネタの内容が気になるわー!!! )

( ^ω^)

( ・∀・)「え、それは秘密だって? えー、まじかー」

('A`;) (くっっっっそおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!! )

从 ゚∀从「何楽しそうに話してんだー?」

( ・∀・)「おー、ハイン。こいつがさー」

( ^ω^)

( ・∀・)「え?ブーンって呼んで?おkおk、ブーンがさ、面白いんだよ」

从 ゚∀从「ほー」

('A`) (あだ名説当たってたああああああああああああああああああああ!!!! )

22 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:06:14 ID:kMguXOnM0

('A`) (いやぁ、スッキリしたぁ)

('A`) (色々疑問はあったけどあだ名って分かっただけでもスッキリだわぁ)

('A`) (スッキリしすぎて気づけば放課後だわぁ)

(´・_ゝ・`)「お、毒島。放課後暇だったら内藤君に部活案内してやれ

('A`) 「えっ」

(´・_ゝ・`)「じゃ、頼んだぞ」

('A`) 「え、えっと……」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「じゃ、じゃあ行こうっか。案内するよ」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「ま、まずは体育館から行こうっか」

23 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:10:08 ID:kMguXOnM0

('A`) 「体育館は一階はバスケ部で、二階が卓球部だよ」

( ^ω^)

('A`) 「バスケ部から見ていこうか」

<_プー゚)フ「おりゃ! 」

('A`) 「同じクラスのエクスト君が入ってるよ」

<_プー゚)フ「おーい、ボールそっち行ったから取ってくれー」

( ^ω^) スッ

<_プー゚)フ「お、転入生! サンキュー! 」

( ^ω^)

<_プー゚)フ「そっからシュートしてみそ! まぁ出来たらの話だけど」

( ^ω^) シュッ


パサッ……


<_プー゚)フ「ま、まじかよ……」

('A`) 「ここからあのゴールまで軽く30mはあるよね……」

24 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:14:33 ID:kMguXOnM0

('A`) 「次は卓球部だよ。女子の比率が高いよ」

( ^ω^)

*(‘‘)*「それっそれっ! 」

('A`) 「同じクラスのヘリカルさんが入ってるよ」

*(;‘‘)*「あ、手が滑ってラケットがそっちに飛んじゃいました! 」

('A`;) 「うわぁ! 危な( ^ω^) パシッ

*(‘‘)*「す、凄いです。飛んだラケットを、しかも柄の部分を捕まえるなんて」

('A`) 「つ、次は武道場で剣道部と柔道部を見に行こうか」

( ^ω^)

*(‘‘)*「凄かったです……」

25 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:17:58 ID:kMguXOnM0

('A`) 「先に剣道部を見に行こうか」

('A`) 「剣道部は人数が少ないけど、とても強いんだよ」

('A`) 「同じクラスの都村さんも入ってて……」

('A`) 「って……あれ、誰もいないや」

(゚、゚トソン「毒島、隙ありいいいいいいいいい!!! 」

('A`;) 「え!? うわ! ( ^ω^) パシィ !!

(゚、゚トソン「毒島への一太刀を……しかも白刃取りで」

(゚、゚トソン「転入生の内藤君だっけ? 最初に見たときから、その立ち居振る舞いには目を見張るものがあったよ」

(゚、゚トソン「一つ、勝負といこうか」

( ^ω^) スッ

('A`) 「む、無茶だよ内藤君」















('A`) 「わ、内藤君が一本勝ちした」

26 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:21:55 ID:kMguXOnM0

('A`) 「次は柔道部だよ」

(´・ω・`)「やぁドクオ。柔道部に入る気になったかい?」

('A`) 「あ、同じクラスのショボン君。」

(´・ω・`)「ふふ、君と僕の仲じゃないか。そんな他人行儀はよしてくれよ」

('A`) (こいつしつこく柔道部に誘ってきてイヤなんだよなぁ。あんまり話した事ないし)

(´・ω・`)「まぁどうだい、試しに一発やらないか?」

('A`;) 「え、ちょっとやめてよ離し( ^ω^) スッ

(´・ω・`)「邪魔する気かい?転入生」

( ^ω^)

(´・ω・`)「良いだろう、柔道で勝負といこうか」

('A`) 「む、無茶だよ内藤君」















('A`) 「うわ、内藤君のえげつない速度の背負い投げが決まった」

27 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:23:44 ID:kMguXOnM0

('A`) (その後も美術部では内藤君が渡辺 崋山を彷彿させる超写実を見せつけて)

('A`) (吹奏楽部では腱鞘炎になるんじゃないかってくらいの指の動きで美しいピアノの演奏を披露し)

('A`) (軽音楽部では凄まじいビートを刻み)

('A`) (茶道部では完璧な作法で見事なお茶を立て)

('A`) (英語部ではALTの先生とウィットに富んだジョークを交えた会話をし)

('A`) (漫画研究部ではベタ塗り等の作業を卒なく手伝い)

('A`) (演劇部では倒れそうになった背景道具から部員を守り)

('A`) (科学部では行き詰っていた実験を見事に成功させ)

('A`) (新聞部にはスキャンダラスな特ダネを持ち込んであげて)

('A`) (写真部には今までにない構図の写真を撮ってきて)

('A`) (パソコン部では複雑なプログラミングを手伝ってあげて)

('A`) (水泳部では屋内プールで溺れた部員を制服姿のまま飛び込んで助けてあげたんだよね)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) (凄いけど沈黙が辛い)

28 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:29:17 ID:kMguXOnM0

('A`) (そんなに凄いのに何故俺とは会話しないのか……)

('A`) (あれか? 俺が格下だからか? ミジンコとは会話しません的な?)

( ^ω^) ジーッ

('A`;) 「あ、あはは」

('A`) 「えっと、最後にグラウンドにいる陸上部とテニス部とサッカー部と野球部だね」

('A`) 「サッカー部から見に行こうか」

('A`) 「えっとね、同じクラスのフサ君がキャプテンでね」

ミ;゚Д゚彡「危ないドクオ!! 」

('A`;) 「うわぁ! ボールg( ^ω^) パシィ !!!

ミ;゚Д゚彡「お、おぉ。すげぇ反射神経だから。転入生の……えっと」

('A`) 「内藤君だよ」

ミ,,゚Д゚彡「そうそう、内藤内藤」

( ^ω^)

ミ,,゚Д゚彡「ん?ブーンって呼んで欲しい?」

ミ,,^Д^彡「おう、ありがとな! ブーン! 」

('A`) (解せぬ……)

29 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:33:09 ID:kMguXOnM0

ミ,,゚Д゚彡「しかし、凄い反射神経だったから」

ミ,,゚Д゚彡「しかも弾かずにキャッチするなんて」


カキーン!


(;゚Д゚)「やべぇ! 俺の打った打球がテニスコートに! 」

(*゚ー゚)

('A`;) 「あ、あのままじゃしぃさんに! 」

ミ;゚Д゚彡「しぃさーん! 危ないから!! 」

( ^ω^) タタタタタタッ

(*゚ー゚)「え?」

(*゚ー゚)   ( ^ω^) パシィ !!!!!

30 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:37:11 ID:kMguXOnM0

(,,゚Д゚) 「すげぇ、硬球を素手で……」

ノパ⊿゚)「しかも凄い速さだったぞ」

('A`) 「あ、陸上部のヒートさん」

(*゚ー゚)「あ、あの」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「ありがとう」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「えっ。う、うん……」

ミ,,゚Д゚彡「ほー、格好良い事言うじゃねーか」

('A`) 「え、聞こえたの?」

ミ,,゚Д゚彡「え?何を当たり前な事を」

('A`) 「気になるわ……教えてよ」

ミ,,゚Д゚彡「え!? イ、イヤだよ。俺が言うとか、恥ずかしすぎるから! 」

('A`) 「教えろよ!!!!! いい加減気になって仕方無いんだよ!!! 」

ミ;゚Д゚彡「コエーよ。どうしたドクオ」

31 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:39:58 ID:kMguXOnM0

('A`) (結局教えてもらえなかった……)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「ん?もう部活見学はいいの?」

('A`) 「それじゃ、そろそろ帰ろうか」

32 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:43:20 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「俺?俺は帰宅部だよ」

( ^ω^)

('A`) 「べ、別に良いだろ帰宅部でも! 」

('A`) 「あ、そうだコンビニ寄ってこうか」

( ^ω^)

('A`) 「うん、近くにあるよコンビニ」

('A`)  テクテク

( ^ω^) テクテク

( ФωФ)「おうおう、兄ちゃん達。ちょっと金貸してくれねー?」

( ´ー`)「すぐに返すからさー」

('A`;) (うわ、この辺りでも評判の悪い学校の奴らだ)

33 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:48:44 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`;) 「は、走って逃げよう」

( ^ω^)

('A`;) 「え?俺だけでも逃げろって?内藤君が時間を稼ぐから?」

( ^ω^)

('A`;)

( ^ω^)

('A`) 「で、出来るわけないよ」

('A`) 「と、友達を置いて逃げるなんて、したくない! 」

35 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:54:36 ID:kMguXOnM0

( ФωФ)「あぁ?何をペチャペチャ喋ってんだ?」

( ´ー`)「とっとと金を置いてけっつーの! 」

( ´ー`)「おりゃ! 」

('A`;) 「ひえぇ! ( ^ω^) パシィ !!!

( ;´ー`)「こ、こいつ……! 」

( ФωФ)「ほう、歯向かうのか?」

('A`;) 「む、無茶だよ内藤君。やっぱり走って逃げようよ」















('A`) 「俺、人が地面と平行に飛ぶの初めて見たわ」

37 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 20:58:44 ID:kMguXOnM0

('A`) 「ご、ごめんね。俺何も出来なくてさ」

('∀`) 「はは、口だけデカい事言っちゃってさ……」

('A`) 「ホント、情けないよね……」

( ^ω^)

('A`) 「え?嬉しかった?」

( ^ω^)

('A`) 「友達だと言ってくれて? 逃げずに一緒にいてくれて?」

('A`) 「べ、別に俺はただ( ^ω^) テテテテーテーテーテッテテー

('A`) 「!? 」

38 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:01:23 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「あ、メールね」

('A`) (レベルアップしたのかと思った)

( ^ω^)

('A`) 「あ、家族から? 遅いから心配したってメール?」

( ^ω^)

('A`) 「へぇ、妹さんとお姉さんがいるんだ」

( ^ω^)

('A`) 「え、義理?2人とも?」

( ^ω^)

('A`) 「しかも母親も義理で20代?」

('A`) 「ふ、複雑な家庭なんだね」

41 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:04:46 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「あ、そっか。うん、俺はこっちだから」

( ^ω^)

('A`) 「うん、じゃあまた明日ね」

( ^ω^) タッタッタッタ

('A`)

('A`) 「……」

('A`) 「結構、良い奴だったな」

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`;) 「あれ!? 俺喋ってた!? 」

42 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:08:47 ID:kMguXOnM0

('A`)

('A`) (……)

('A`) (次の日からの内藤君は凄かった)

('A`) (殺到する部活勧誘)

('A`) (覗きにくる別クラスの生徒達)

('A`) (盛り上がる内藤君の席)

('A`)

('A`) (その間、俺は窓の景色を見て過ごした)

43 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:10:58 ID:kMguXOnM0

('A`) (あと女子からの人気はというと)

('A`) (正直、平坦ではあった)

('A`) (何故だかは知らない)

('A`) (しかし、しかしだ)

('A`) (ピンポイントで美女からの評価は高かった)

('A`) (例えばヒートさん)

('A`) (例えばハインさん)

('A`) (例えば都村さん等々だ)

44 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:14:09 ID:kMguXOnM0

('A`) (ほら、今も)

ξ゚⊿゚)ξ「何よ! 私がせっかくお弁当を作ってあげたのよ!? 」

('A`) (何故だかツンさんはお弁当を作ってくるほど親密になってました)

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ「べ、別にアンタになら失敗作を食べさせても問題ないと思っただけよ! 」

( ^ω^)

ξ*゚⊿゚)ξ「え、えぇ!? そんな事は……うん、別に……」

ξ//⊿/)ξ「もう知らないバカ! 」

( ^ω^)

('A`) (ちなみに最近俺も内藤君が言ってる事が分かるようになりました)

( ^ω^)

('A`) 「え?そうだね、女心って難しいよね」

46 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:22:55 ID:kMguXOnM0

lw´‐ _‐ノv「やぁブーン」

( ^ω^)

('A`) (この人は素直シュールさん。図書委員だよ)

lw´‐ _‐ノv「どうだい、私と君で新たな物語の1ページを紡ごうではないか」

( ^ω^)

lw´‐ _‐ノv「ふむ、そうかい。それは残念だっくすふんど! 」

( ^ω^)

lw´‐ _‐ノv「『お』?『お』か……」

lw´‐ _‐ノv「起こせよ奇跡! 奇跡は必ず起きるんだ! 」

lw´‐ _‐ノv「ふふふ、まるでどこかの主人公のようなキミには、ぴったりの言葉だろう」

lw´‐ _‐ノv「アイルビーバック! またいつかブーン」

lw´‐ _‐ノv )) ダダンダンダダン

_‐ノv )) ダダンダンダダン

vb )) ダダンダンダダン

b )) ダダンダンダダン

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「え?そうだね、空が綺麗だね」

47 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:27:48 ID:kMguXOnM0

(*゚ー゚)「あ、ブーン君」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「あ、違うの。数学の宿題集めてるんだけど、持ってきた?」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「え、忘れちゃったの……?」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「うーん、宿題は放課後に職員室まで持って行けば良いから……」

(*゚ー゚)「そうだ、放課後一緒に宿題やろうよ。私が手伝えばすぐに終わるから」

(*゚ー゚)「ちょっとくらい遅れても大丈夫だし、ね?」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「え?良いの良いの! 私がそうしたいんだから」

48 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:29:19 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

(*゚ー゚)「え?今からドクオ君に教えてもらいながらやるって?」

('A`) 「えっ」

(*゚ー゚)「……そうだね。ドクオ君、数学得意だしすぐに終わるもんね」

( ^ω^)

(*゚ー゚)「じゃあ終わったら持ってきてね」

( ^ω^)

('A`) 「や、やめてよ内藤君」

( ^ω^)

('A`) 「『え?』じゃないよ『え?』じゃ。全くもう」

50 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:32:58 ID:kMguXOnM0

川 ゚ -゚)「失礼するぞ」

('A`) 「あ、生徒会長のクーさんだ。どうしたんだろ」

('A`) (正直、好きなんだよなぁクーさん)

川 ゚ -゚)「む」

('A`) 「え!? 」

('A`) (目、目が合っちゃったよ! )

川 ゚ -゚) テクテクテク

('A`) (やべぇこっちくるうわまじで?まじで?まーじーでー?やべぇ緊張してきた)

('A`) (くぅ~w来ちゃいましたね! 俺の時代! )

川 ゚ -゚)「探したぞ、ブーン」

('A`) 「だよね」

51 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:37:36 ID:kMguXOnM0

川 ゚ -゚)「?」

('A`) 「あ、何でもありません。どうぞ」

( ^ω^)

川 ゚ -゚)「ふむ、そうか今日は用事があるのか」

( ^ω^)

川 ゚ -゚)「いや、良い。また今度来るよ」

( ^ω^)

川 ゚ -゚)「ふふ、君は優しいな」

( ^ω^)

川 ゚ -゚)「あぁ。では失礼する」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)

('A`) 「ね、ねぇ内藤君」

52 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:39:39 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「クーさんとはいつ知り合ったの?」

( ^ω^)

('A`) 「え?あの不良たちと喧嘩して、俺と別れた時に?」

( ^ω^)

('A`) 「色々あって結構仲良くなったんだ。へぇ」

('A`) (あの時別れなきゃ良かったああああああああああああああああああああああ!!!!!! )

('A`) (内藤君どれだけフラグを建ててるんだよオオオオオオおおおおおおおおおおおおおお!!!!! )

('A`) (ギャルゲ、エロゲの主人公ですかこの野郎がああああああああああああああああああああ!!!! )

53 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:40:47 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「え?クーさんがやたら話しかけてくる?暇な日をいつも聞いてくる?」

('A`) 「へ、へぇ~。いや別に羨ましくは無いけど。へ、へぇ~」

( ^ω^)

('A`) 「え?何か恨みでも買ったんじゃないか不安?」

('A`) 「それは違うと思うよ」

('A`) (絶対違うよちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!! )

( ^ω^)

('A`) 「うん、何でもない。元気が無い?ううん、そっとしておいて」

( ^ω^)

('A`) 「うん、お願い」

('A`) 「やっぱり主人公にはなれない人間だよ俺は」

54 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:42:39 ID:kMguXOnM0

('A`) (そんなこんなで内藤君と遊ぶことになりました)

('A`) (フサ君も一緒です)

ミ,,゚Д゚彡「そういえば最近ドクオとも話すようになったなぁ」

('A`) 「あ、そういえばそうだね」

( ^ω^)

ミ,,゚Д゚彡「え?ちょっとwwwブーンwwwwでもwww確かにwwwwそれもそうだから! はははっ」

( ^ω^)

ミ,,゚Д゚彡「ちょwwwwそれはずるいからwwwww腹痛いからwwwww」

('A`) 「あははははっ」

58 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:47:05 ID:kMguXOnM0

ミ,,゚Д゚彡「それじゃ、適当に飯でも食いに行くから」

('A`) 「そうだね」

( ^ω^) スッ

ミ,,゚Д゚彡「ん?どうしたブーン?」

( ^ω^) タッタッタッタ

('A`) 「あ、何処に行くの」

( ^ω^)

<(' _'<人ノ「あら?」

( ^ω^) スッ

<(' _'<人ノ「あ、これは私の巾着袋……落としたのを拾ってくれたの?ありがとね」

<(' _'<人ノ「中身、見た?」

( ^ω^)

<(' _'<人ノ「ううん、見てないなら良いの」

59 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:50:55 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

<(' _'<人ノ「えぇ、とっても大事なもの。そう、とってもね」

<(' _'<人ノ「そうだ、私vip町の所でシベリアって料理屋をやってるのよ。お礼に何かご馳走したいのだけれど」

( ^ω^)

<(' _'<人ノ「あら、ご近所さんだったの? 嬉しい偶然だわ」

( ^ω^)

<(' _'<人ノ「えぇ、そうね。それじゃ、私はこれで。待ってるからね」

( ^ω^) タッタッタッタ

<(' _'<人ノ

<(' _'<人ノ「……」

<(' _'<人ノ(危ないところだった。これを、計画書を見られてたら大変な事になってたわ)

<(' _'<人ノ(……優しい子で、良かった)

<(' _'<人ノ(あの子の為にも、私が頑張らないと)

60 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 21:54:09 ID:kMguXOnM0

ミ,,゚Д゚彡「へぇ、その巾着袋の持ち主がブーンの家の近所で料理屋やってる人だったんだ」

ミ,,^Д^彡「凄い偶然もあったもんだから! 」

( ^ω^)

('A`) 「へぇ、凄いね」

ドン!

( ^ω^)

爪'ー`)y‐「おっと、失礼」

ミ,,゚Д゚彡「あ、すみませんでした」

爪'ー`)y‐「いやいや、こちらこそ悪かった。怪我は無いか?少年」

( ^ω^)

爪'ー`)y‐「そうか、なら良かった。それじゃあな」

( ^ω^)

ミ,,゚Д゚彡「あ、そうだなブーン。俺たちも行こうか」

('A`) 「そうだね」









爪'ー`)y‐

爪'ー`)y‐「……」

爪'ー`)y‐「ふふ、また会おう。『白』を受け継ぎしモノよ」

64 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:05:31 ID:kMguXOnM0

('A`)

('A`) (……)

('A`) (内藤君がここ最近、無断欠席をしてる)

('A`) (大丈夫かなぁ)

('A`) (何だか内藤君の存在が幻のように思えて来た)

('A`) (だってそうだろ、あんな転入生)

('A`) (しかも見る限りマジでフラグ体質)

('A`) (羨ましいわ。どこの主人公だよ。くそっ)

('A`) (ったく、今頃どこで何をしているやら……(^ω^ )

('A`;) 「うわぁ! 」

('A`;) 「び、びっくりしたぁ! 」

65 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:08:40 ID:kMguXOnM0

('A`;) 「え、内藤君だよね……?」

( ^ω^)

('A`;) 「い、いや急に現れるから……」

( ^ω^)

('A`) 「ホント、かなり吃驚したよ」

( ^ω^)

('A`) 「やめてよね、俺かなりビビり症なんだから」

( ^ω^)

('A`) 「え?そんな事は無い?やる時はやる奴?」

('A`) 「そ、そんな事ないよ」

('A`) 「ほら、不良の時も結局俺は動けなかったしさ」

('A`) 「で、そんな事より今までどこにいたの?無断欠席なんてしてさ」

( ^ω^)

('A`) 「え?ちょっと魔王を倒しに異世界へ?」

67 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:12:49 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「『白』を受け継ぐ勇者になって戦ってた?」

( ^ω^)

('A`) 「しかも魔王を背後で操ってた十二神将との戦いも終えてきた?」

( ^ω^)

('A`) 「え?最終的に異世界でお姫様と結婚させられそうになったから急いで帰ってきたの?」

('A`) 「またまた、何を冗談……





















('A`) 「すげぇ、内藤君の周りを風の刃が渦巻いている……! 」

68 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:16:38 ID:kMguXOnM0

('A`) 「えぇ……何これ、すごいぃ……」

( ^ω^)

('A`) 「え?シルフと契約?」

('A`) 「あ、あぁ……そうなの……」

( ^ω^)

('A`) 「え?いや信じてるよ」

( ^ω^)

('A`) 「いやホント信じてるって……

('A`) 「ちょ、指先から何故か水が! 水鉄砲のように! あ! 冷たい! やめて! 」

('A`) 「ホント、マジで信じてるからやめて! 」

( ^ω^)

('A`) 「え?こっちの世界じゃ空気中のマナがたっぷりだから常時MP回復状態だって?」

('A`) 「便利なんだなぁ」

71 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:40:05 ID:kMguXOnM0

バラララララララララララ!!!!
ダダダダダダダダダダダ!!!!


('A`) 「う、うわぁ!? 何だ何だ!? 」

ミ,,゚Д゚彡「どうしたどうした!? 」

(*゚ー゚)「きゃぁ! 武装した集団が学校に! 」

<ヽ`∀´>「ニーダッダッダッダ! この学校は我々が占拠したニダ! 」

<ヽ`∀´>「大人しくすれば謝罪と賠償だけで許してやるニダ! 」

('A`) 「くそぅ、武装したテロリストが……」

('A`) 「脳内じゃ俺がトイレに行ってるときに来るはずなのに」

('A`) 「力にも目覚めるハズなのになぁ」

('A`) 「ご存知、伝説の傭兵部隊に居たとか言う過去もねーし」

('A`) 「何も出来ねーや」

('A`) 「参ったね。へへっ」

72 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:42:06 ID:kMguXOnM0

<ヽ`∀´>「ニーッダッダッダッダ! 」

川 ゚ -゚)「失礼する」 ガララッ

<ヽ`∀´>「な、なんだお前は!? 」

川 ゚ -゚)「生徒会長のクーだ。いやなに、この教室が心配だったから来てしまっただけだ」

<ヽ`∀´>「ニダ? お前馬鹿ニダか? 今この校内をうろついてくるとは」

川 ゚ -゚)「ふふ、確かに馬鹿な行為だな」

<ヽ`∀´>「でも、チョッパリの癖に良い体してるニダね」

<ヽ*`∀´>「よし、お前ちょっとこっち来るニダ」

川 ゚ -゚)「おっと、私をエロ同人のような目に遭わせる気か?」

('A`) (なん……だと……!? )

('A`) (正直見たい……! )

73 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:46:35 ID:kMguXOnM0

<ヽ*`∀´>「ニーダッダッダ! 流石チョッパリ、淫乱な奴ニダね」

川 ゚ -゚)「ふむ、困った。正直私には抵抗する力は無いしな」

('A`) (いやアホか俺は! 何が見たいだ! 好きな人が酷い目に遭うんだぞ!? )

川 ゚ -゚)「だがまぁ、この教室が無事とわかったんだ」

川 ゚ー゚)「それだけ確認できたら、もう安心かな」

('A`) (!!!! )

('A`) 「う、」

('A`) 「ウオオオオオオオああああああああああああああああああああああ!!!!!!!! 」 タタタタッ


ターン!!!


('A`) 「うぐっ……」

ミ;゚Д゚彡「ドクオ! 」

74 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:48:19 ID:kMguXOnM0

<ヽ`∀´>「馬鹿ニダね~wwwwwwお前みたいなガキの動きなんて、簡単に分かるニダよ」

('A`) 「う、うぅっ……」 ジョロロロロ....

<ヽ`∀´>「ニダ?ちょwwwwwこいつ小便漏らしやがったニダwwwww最高ニダwwwww」

('A`) (うぅっ。くそ、くそ! )

<ヽ`∀´>「ニーッダッダッダッダwwwwww傑作ニダwwwwwww」

75 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 22:55:17 ID:kMguXOnM0

('A`) (そうやって、笑ってるが良いさ)

('A`) (俺は、最初から勝てると思っちゃいねぇ)

('A`) (現実は、そう甘くねーって事くらいしってる)

('A`) (誰でも主人公になれると思ったら、大間違いなんだ)

('A`) (だから、俺は、あいつに! 全てを託した!! )

('A`) (本物の主人公に!!! )



















( ^ω^) スッ


78 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:08:00 ID:kMguXOnM0

('A`) (俺は囮! あいつの注意を逸らす! そうすれば後は─────)

( ^ω^) シュパッ

<ヽ`∀´>「ニダ?」

<ヽ`∀´>

<ヽ`∀´>

<ヽ`∀´>     ( ^ω^) スタッ

('A`) 「あいつが、何とかしてくれる」

<ヽ゚∀´>「が、がががっがが」

<ヽ゚∀。>「あ、あががががががっがggggggg」


















('A`) 「でもまさか3分足らずでテロリスト壊滅させるとは思わなかったけどね」

79 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:10:03 ID:kMguXOnM0

~帰り道~


ミ,,゚Д゚彡「いやー、しかしブーンがテロリストを倒すとはなぁ」

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ「やぁね、謙遜しないでよ」

川 ゚ -゚)「あぁ、格好良かったぞ」

(´・ω・`)「うん、誰にでも出来る事じゃないよ」

( ^ω^)

ミ,,^Д^彡「はははは、ブーンは本当に面白いなぁ! 」

ξ゚ー゚)ξ「えぇ。こんな時でもそんな事いえるんだもの」

(´・ω・`)「大した男だよ、キミってやつは」

(´・ω・`)「どうだい、一緒に柔道界を川 ゚ -゚)「ストップだ、ブーンは柔道はやらないと言っただろう」

(´・ω・`)「ま、それでも気が向いたら声をかけてよ」

80 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:14:31 ID:kMguXOnM0

ミ,,゚Д゚彡「でもよ、まさかテロリストのボスがあの料理屋の人だったなんてよー」

(´・ω・`)「え?何を言ってるんだい?」

ミ,,゚Д゚彡「え?」

ξ゚⊿゚)ξ「テロリストのボスは逃げた後だって警察の人が言ってたわよ?」

ミ,,゚Д゚彡「え!? だってテロリストを全員倒したあと、すぐにブーンが教えてくれたんだぞ?」

( ^ω^)

川;゚ -゚)「に、逃がしただと!? 」

( ^ω^)

ξ;゚⊿゚)ξ「娘さんが重い病気で、仕方なくこんな事をしたから?」

( ^ω^)

ミ,,゚Д゚彡「しかもこれからその娘さんの病気を治す為に、病院に行くだって?」

(´・ω・`)「全く、キミってやつは」

ミ,,^Д^彡「はは、ホント」

ξ゚ー゚)ξ「どこかの物語の主人公みたいに」

川 ゚ー゚)「あぁ、格好良いな」

81 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:19:11 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

ミ,,゚Д゚彡「え?でも本当に格好良いのは……?」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

(´・ω・`)「……」

ミ,,゚Д゚彡「……」

川 ゚ -゚)「……」

(´・ω・`)「そんなの分かってるよ」

ξ゚⊿゚)ξ「えぇ」

ミ,,゚Д゚彡「間近で見てたから! 」

川 ゚ -゚)「あぁ、そうだな」

ミ,,゚Д゚彡ξ゚⊿゚)ξ(´・ω・`)川 ゚ -゚)「「「「   ド  ク  オ  !  !  」」」」

('A`)

('A`)

( 'A`)

('A` )

('A`)













('A`) 「え?」

82 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:21:18 ID:kMguXOnM0

ミ,,゚Д゚彡「ったくよー、銃持ってる相手に突っ込むとかバカだから! 」

(´・ω・`)「全くだよ。お尻以外にも穴が出来たらどうするのさ」

ξ゚⊿゚)ξ「となりのクラスでも噂になってたわよ」

川 ゚ -゚)「私が無事なのも、キミのおかげだよ」

('A`) 「……」

('A`) 「お、おれ……」

ミ,,^Д^彡「お?何だ何だ、泣きそうだから! 」

(´・ω・`)「僕の胸に飛び込んでおいで」

('A`) 「やめろ! 離せよ! 」

ξ゚ー゚)ξ「ふふふ」

川 ゚ー゚)「おいおい、嫌がってるんだからやめてやれよ」

83 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:27:56 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)

('A`) 「ん?」

⌒*リ´・-・リ

('A`) (あ、女の子がボールを追いかけて道路に……)

('A`;) (あ、あの子車に気づいてない!?)

('A`;) 「あb( ^ω^) スッ




⌒*リ´・-・リ

⌒*リ´・-・リ


つ⌒*リ´・-・リ


^)つ⌒*リ´・-・リ

84 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:28:39 ID:kMguXOnM0


^ω^)つ⌒*リ;´・-・リ


( ^ω^)つ⌒*リ;´・-・リ




( ^ω^)つ        ⌒*リ;´・-・リ    ドンッ


( ^ω^)

( ^ω^)

( ^ω^)

( ^ω^)





( ^ω^)


















ぐしゃっ

85 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:31:29 ID:kMguXOnM0

(´・ω・`)

ミ,,゚Д゚彡

ξ゚⊿゚)ξ

川 ゚ -゚)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)

('A`) 「あ?」

(::::::ω:::)


90 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:36:37 ID:kMguXOnM0

(;´・ω・)「嘘だよね!? 」

ミ;゚Д゚彡「お、おいブーン!! 」

ξ;⊿;)ξ「いやぁああああああああ!!! 」

川;゚ -゚)「誰か救急車を! 早く!!! 」

('A`) 「いやいやいや」

('A`) 「は?え?あ?ばか、冗談だろおい」

(::::::ω:::)

93 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:38:35 ID:kMguXOnM0

('A`) 「何してんだよ、こんなところで」

('A`) 「寝てんなよ。風邪引くぞ。冷たいだろ、地面は」

('A`) 「ほら、お前が助けた子。吃驚してどっか行っちゃったよ」

('A`) 「はは、まぁこんな血だらけの光景見なくて良かったのは幸いだよな」

(::::::ω:::)

('A`) 「返事しろよ、おい」

94 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:40:47 ID:kMguXOnM0

('A`) 「何で、何でお前血だらけなんだよ!! おい!!!! 」

('A`) 「魔王倒したんだろ!? 十二なんちゃらも! テロリストも!! 」

('A`) 「これからあの人の子供の病気も治すって約束したんだろ!? 」

('A`) 「起きろよ、おい!! 」

ミ;゚Д゚彡「おい、動かすなドクオ」

('A`#) 「うるせぇ! こいつがこんなヤワな訳ねーだろ!? 」

('A`#) 「運動神経だって、そのフラグ体質だって! 優しさだって! 強さも!! 」

('A`#) 「お前は何もかも持った主人公みてーなやつじゃねーかよ!!! 」

95 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:51:56 ID:kMguXOnM0

('A`#) 「それが何でこんな呆気ねーんだよ!!! ふざけんじゃねーぞ!!! 」

('A;) 「目を開けろよ、おい! 」

('A;) 「開けろよ、主人公!!! 」

('A;) 「主人公が死んでどうすんだよ!!!! 」


(::::::ω:::)
















『起こせよ奇跡! 奇跡は必ず起きるんだ! 』



('A;) 「そ、そうだ」

96 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:52:38 ID:kMguXOnM0

('A;) 「主人公なら」

('A;) 「お前が主人公なら」

('A;) 「出来るよな……?」

('A;) 「奇跡の一つや二つ、起こせるよな!? 」

(;A;) 「主人公なら! 奇跡くらい起こしてみろよ!!! 」 ポタポタ

(::::::ω:::)

(;A;) 「生き返る奇跡くらい、簡単だろうが!!! 」 ポタポタ

(::::::ω:::)

(;A;) 「ブーン!!!!! 」 ポタ....

(::::::ω:::)

(::::::ω:::)

(::::::ω:::)

(::::::ω:::)























(::::::ω:::) ピチョン.....


99 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:54:49 ID:kMguXOnM0























          や  っ  と  、  ブ  ー  ン  っ  て  呼  ん  で  く  れ  た  お















.

101 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:55:55 ID:kMguXOnM0

(;A;)

(;A;)

('A;)

('A;) 「あ?」

ミ;゚Д゚彡「! 」

(;´・ω・)「は、ははっ」

ξ゚⊿;)ξ「うそ……」

川 ゚ -゚)「……あぁ」

(::::::ω^)「ねぇ、ドクオ」

(ぅA;) 「く、くそ。初めて声を聞いた感じだぞこの野郎」

(::::::ω^)「はは、ありがとう僕の友達」

(::::::ω^)「ありがとう」















「主人公」

103 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:57:55 ID:kMguXOnM0

('A`) (それからしばらくして、ブーンは回復した)

('A`) (常時MP回復状態だったから、回復魔法を命一杯かけ続けたそうだ)

('A`) (約束の子も、ブーンの魔法で無事に治ったようだ)

('A`) (だけど)

('A`) (だけどもう)

('A`) (ブーンは、いない)

('A`) (まるで最初から居なかったかのように)

('A`) (居なくなっていた)

('A`) (だけどきっと、どこかで元気に主人公ぶりを発揮してるだろう)

('A`) (それこそ、また何処かの異世界を救ってたり)

('A`) (何処かのテロリストを壊滅してたり)

('A`) (エロゲかよっていう展開に巻き込まれてたり)

('A`) (そうだ)

('A`) (きっと、元気でやってるだろう)

104 :名も無きAAのようです:2013/02/17(日) 00:00:20 ID:Q1R2bXxs0

('A`) (結局、ブーンが生き返ったのは、奇跡だったのかは分からない)

('A`) (だけど、あれは奇跡だったよな。ブーン)

('A`) (お前と、俺で奇跡を起こしたんだよな?)

('A`) (俺も、ちょっとは主人公になれたかな?)

('A`) (……)

('A`) (いや、違う)

('A`) (最初から、主人公だったんだ)

('A`) (俺は、俺という物語の主人公なんだ)

('A`) (なぁ、ブーン)

('A`) (俺、これからも元気にやっていくよ)

('A`) (お前ほどの主人公っぷりは出来そうも無いけど)

('A`) (精一杯、主人公をやってみせるよ)

('A`) (だからさ、ブーン)

('A`) (俺の事、絶対に忘れないでくれよ)

ミ,,゚Д゚彡「おーい、ドクオ! 何してんの! 早く行くから! 」

('A`) 「お、おう! 」

(´・ω・`)「やれやれ、ドクオはもう」

ξ゚⊿゚)ξ「置いてくわよ! 」

川 ゚ -゚)「ふふ。焦らなくても、私は待ってるよ」

('A`) 「ごめんごめん、今行くよ! 」

('A`) (俺も、お前という主人公を、絶対に忘れないからさ)




105 :名も無きAAのようです:2013/02/17(日) 00:03:32 ID:Q1R2bXxs0
おわりゃ
俺が!!!!俺達が!!!!!!主人公だ!!!!!!!!


正直ドクオ=ヒロインのレスみて「ああああっぁっぁぁぁぁぁぁ!!!」ってなった。くそぅ
どうしてお前らもっと俺にアイディアを早く・・・うぐぅぅぅぅ!!!!

宣伝ですけど『バレンタインだからってどいつもこいつも浮かれてんじゃねーぞ』も書きました。
良かったら見てやってください。ながらはもうやらん大変


オマケ・参考レス
97 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:53:31 ID:w6c85BCsO
ドクオヒロイン説浮上

98 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:54:15 ID:/PQCZ9PQO
>>97
ヒロイン系男子とは新しいな…

100 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 23:55:55 ID:WCA3CplE0
なるほど、ヒロインはドックンだったのか……



元スレ:( ^ω^)は主人公系男子のようです(リンク先( ^ω^) ブーン系創作板のようです過去ログ倉庫
[ 2014/11/25 20:25 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/457-b0725221





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。