スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミセ*゚ー゚)リ破滅の光のようです

4 :>>2構わぬありがとう:2014/05/24(土) 22:29:03.65 ID:T6NZHokyO

そっか、明日で人生終わりかぁ。





.

5 :この前のVIP総合でもらったお題から:2014/05/24(土) 22:30:14.24 ID:T6NZHokyO
ミセ*゚ー゚)リ破滅の光のようです


.

6 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:32:33.06 ID:T6NZHokyO
どうやら、地球に隕石が落ちるらしい。
それも超ド級のウルトラ大きいやつで、ありがちな話だけど、我々人類は跡形も無く消し飛ぶんだそうな。
ありがちなようで、なかった話だ。

そんなわけで、私の人生も明日で終わり。

ミセ*゚ー゚)リ と言っても、こんな体じゃね

なんて、独り言ちてみる。
今の私は、自力でこの病室から出ることもできない。

大学を出て、就職してすぐのことだった。
仕事に慣れる間も無く、通勤途中に撥ねられ下半身不随。
学生時代から付き合って結婚も考えていた彼氏には、「支えていく自信が無い」とあっさり振られた。

それから5年、私はずっとこの体で生きてきた。

7 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:35:18.62 ID:T6NZHokyO
ミセ*゚ー゚)リ ちっ、あいつ、なかなか出ないなぁ

どうせ他の患者はもうみんな退避してるんだ、こんな時くらい携帯を使ったって、咎められやしないだろう。

俗に言うXデーとやらは、明日だ。正確には、丁度日付が変わる頃。
だからまぁ、家族やら友人やらと心ゆくまでゆっくりするなら、今日が最後。

ミセ*゚ー゚)リ白 あっ……もしもし?

そうは言っても、今頃はどこも暴動でそれどころじゃないだろうけど。
ここにいた方が絶対に安全なのに、そんなにも帰りたいものなのか。

たまたま検査入院していた私は、きっとラッキーなのだろう。

8 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:36:30.57 ID:T6NZHokyO
ミセ*゚ー゚)リ白 ………あぁうん、久しぶり。よく分かったね

ミセ*゚ー゚)リ白 うん、うん……えっ、今から?

ミセ*゚ー゚)リ白 ……いやまぁ、あんたがいいならいいけど

ミセ*゚ー゚)リ白 うん、そうそう、あの時と同じとこ

ミセ*゚ー゚)リ白 ……うん、うん、んじゃね、待ってるから

通話を切った携帯を、手の中に見下ろす。
ガラケーなんて、とっくに時代遅れだ。

10 : ◆P1seeV08P6KU :2014/05/24(土) 22:39:31.69 ID:T6NZHokyO
暫くぼーっと窓から外を眺めて時間を潰していると、奴が来るのが見えた。
知らない単車だけれど、乗ってるのは間違いなく奴だ。

そのまま病院に入って来るのを見送ると、握ったままだった携帯が震えた。
こんな時までマナーモードにしてた私って、なんて真面目なんだろう。

ミセ*゚ー゚)リ白 もしもし。……えっと、205号室、2階の

ミセ*゚ー゚)リ白 ……うん、階段上ってすぐのとこだから

ミセ*゚ー゚)リ白 はいはい、んじゃ後で

11 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:44:10.89 ID:T6NZHokyO
* * * * *


( ´_ゝ`) よう

ミセ*゚ー゚)リ やあ

随分、痩せたな。

( ´_ゝ`) まぁな。ダイエット成功だ

思ったことが、つい口に出ていたらしい。

( ´_ゝ`) お前は変わらないな

ミセ*゚ー゚)リ なぁにそれ、口説き文句?

くすりともせず、奴は病室のドアから入ってきた。

12 :酉がしたらばと違う… ◆P1seeV08P6KU :2014/05/24(土) 22:46:09.93 ID:T6NZHokyO
( ´_ゝ`) ほら、土産だ

そう言って、上着のポケットから何かを取り出す。

( ´_ゝ`) お前の好きなイカ軟骨

ミセ*゚ー゚)リ あら、コンビニなんてまだやってたんだ

( ´_ゝ`) いや、やってないよ

ミセ*゚ー゚)リ へぇ、じゃあそれ万引きじゃん

( ´_ゝ`) もうめぼしいものは全部とられた後だった

ミセ*゚ー゚)リ よくこれ残ってたね

( ´_ゝ`) こんな時にまでイカ軟骨なんか食べる奴、お前くらいだよ

いいじゃん、好きなんだから。余計なお世話。
受け取った袋の封を切る。酢のにおいが広がる。

14 :ダメみたいですね:2014/05/24(土) 22:49:50.17 ID:T6NZHokyO
ミセ*゚ー゚)リ 屋上、連れてってよ

イカ軟骨を貪りながら、奴を見上げる。

( ´_ゝ`) 何、お姫様抱っこでもしていけばいいのか?

ミセ*゚ー゚)リ うん、そう

( ´_ゝ`) おま、冗談じゃねぇよ、このひょろひょろの体見ろよ、お前なんか持ったら折れるわ

ミセ*゚ー゚)リ ……しっつれーな。冗談だよ、車椅子探してきて。その辺に転がってるだろうから

うーい、という気の抜けた返事と共に、部屋を出ていく奴の背中を見送って、私はイカ軟骨の最後の一つを口に運んだ。

18 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:53:07.07 ID:T6NZHokyO
( ´_ゝ`) これでいいか?

ミセ*゚ー゚)リ これまたボロいの持ってきたねー

( ´_ゝ`) これでもやっとのことで探してきたんだよ、文句があるなら返してくるぞ?

ミセ*゚ー゚)リ それじゃお姫様抱っこしてくれるんですかぁ?

( ´_ゝ`) いいから黙って乗れ

ぺち、と私の頭を叩いて、車椅子をベッドの横につける。

ミセ*゚ー゚)リ ん、どうも

ちょっと癪だが奴の手も借りつつ、どうにか車椅子に移る。
なんだかんだ言ってこういうところで気が利くのだ、こいつは。

19 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:56:48.69 ID:T6NZHokyO
* * * * *


ミセ*゚ー゚)リ あ

車椅子を押してもらってエレベーターまで来たはいいが、電気が通っていないのを忘れていた。

( ´_ゝ`) 仕方ねーなぁ、嘘から出た誠ってやつか

何を訳の分からないことを、と言い終える前に、私の体は奴の腕の中に抱きかかえられていた。

ミセ*゚ー゚)リ ちょっと、落とさないでよ?

( ´_ゝ`) 許せ

ミセ;゚ー゚)リ えっ、なに、落とすってこと!? やめてよほんとに!

( ´_ゝ`) すまんすまん、さすがに冗談
ミセ*゚ー゚)リ 流石だけに、ってか

( ´_ゝ`) ……本当に落とすぞ?

軽口を叩き合いながら、屋上へ向かう階段を上る。

22 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 22:59:35.44 ID:T6NZHokyO
(; ´_ゝ`) ふーっ、ふーっ、やっと着いた……

ミセ*゚ー゚)リ おー、風が涼しいねぇ

(; ´_ゝ`) し、しぬ……

ミセ*゚ー゚)リ 私を下ろしてからにして

(; ´_ゝ`) ここで、いいか?

ミセ*゚ー゚)リ あ、うん。ありがと

古びた青いベンチに並んで座る。
夕日はとっくにビル群の中に埋もれ、雲が薔薇色に照らされていた。

(; ´_ゝ`) あーもうマジで疲れた、一生分の体力使った

ミセ*゚ー゚)リ 悪かったね重くて

( ´_ゝ`) ……まぁ、別に言う程重くないけどな。ただ、階段はちょっときつかった

ミセ*゚ー゚)リ ……ありがとね

23 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:01:58.61 ID:T6NZHokyO
それから私たちは、沈んでゆく太陽を眺めながら、時々思い出したように言葉を交わした。

ミセ*゚ー゚)リ それにしても、まさか隕石で地球滅亡なんてなぁ

ミセ*゚ー゚)リ どっかのB級SFじゃあるまいに、笑っちゃうよ

( ´_ゝ`) 映画だったらそれこそ、間一髪ってところで世界は救われるもんだろ

ミセ*゚ー゚)リ あはは、言えてる

風が、少しずつ冷たくなってきた。
何の変哲もない、春の夕暮れ。

25 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:03:44.95 ID:T6NZHokyO
* * * * *


( ´_ゝ`) なぁ、お前、お父さんとお母さんはいいのか?

ミセ*゚ー゚)リ 大丈夫、少し前に、二人とも死んじゃったから

( ´_ゝ`) そう、か

ミセ*゚ー゚)リ お父さんが一昨年病死して、お母さんも去年、後を追うように

ミセ*゚ー゚)リ でも、世界が終わるなんて知らないまま逝けて、よかったのかもね

( ´_ゝ`) まぁ、そうかもな……。でも、最期に一度、挨拶くらいしたかった

ミセ*゚ー゚)リ ……ごめんね、知らせなくて

( ´_ゝ`) いや、いいんだ。お前が謝ることじゃない

陽はもうすっかり隠れてしまって、空の紺色はどんどん濃くなっていく。

27 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:06:18.48 ID:T6NZHokyO
* * * * *


ミセ*゚ー゚)リ あんたこそ、結婚して子供もいたんじゃないの?

( ´_ゝ`) 死んだよ。暴動に巻き込まれて

( ´_ゝ`) あんなことになって、大渋滞の中何とか職場から帰ったら、もう

( ´_ゝ`) 略奪に、遭ったらしい

( ´_ゝ`) 家の中もめちゃくちゃで、

(  _ゝ ) あいつは、玄関先、で、倒れ、てて、

(  _ゝ ) むすめ、は、ベッ、ド、から、

街の灯りが無い夜空は、一面降るような星でいっぱいで。

(     ) あいつ、俺と結婚して、幸せだったかなぁ

そう呟いた奴の顔は、星明かりの下では、よく見えなかった。

29 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:10:50.14 ID:T6NZHokyO
* * * * *


虫の音一つしない静寂。
私と奴の心音が、聞こえるような気さえした。

( ´_ゝ`) なぁ

ミセ*゚ー゚)リ ん?

( ´_ゝ`) あの時は、悪かったな

ミセ*゚ー゚)リ 別に、今更気にしてないよ。仕方ないことだと思うし

空を見上げる。星の中に埋もれた月は、細く尖って、湿っぽく光っていた。

( ´_ゝ`) お前のこと、本当に好きだった

ミセ*^ー^)リ ばーか、大っ嫌い

寄り掛かった奴の肩はちょっぴり骨張っていて、私の知らない奴の匂いがした。

33 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:13:55.90 ID:T6NZHokyO
午後23時49分、とある春の一日が終わる。




.

35 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:15:53.83 ID:T6NZHokyO

破滅の光が、真っ直ぐに降りてきた。




.




36 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/24(土) 23:16:50.68 ID:T6NZHokyO
以上です
スレ立てと支援ありがとうございました



( ^ω^)ブーン系小説&イラスト練習総合案内所 より

395 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/20(火) 13:38:43.99 ID:aZa3yiT3O
誰かタイトルお題ください
AAはもしかしたら書いてもらったのと変更する可能性もあるけどそれでもよければ
あとギャグは書けない

396 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/20(火) 13:40:19.70 ID:lyVHG8c90
ミセ*゚ー゚)リ破滅の光のようです



元スレ::ミセ*゚ー゚)リ破滅の光のようです
      ( ^ω^)ブーン系小説&イラスト練習総合案内所
[ 2014/05/28 19:01 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/407-347d4615





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。