FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月のうみのようです  50.☆ティコ (終着地)

776 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:27:57 ID:r8xY2eVc0











                            

                               どこかの星がよく見える

                             ふたりの旅はおわったの

                                光る星は 玉のよう

                                広い宇宙の 小さな話は 

                              ここまできたら もうおしまい



                                    50.ティコ











                            

.

777 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:29:53 ID:r8xY2eVc0
( ^ω^)” テクテク

ξ゚⊿゚)ξ「地球見えて来ないねー」

( ^ω^)”「おねー……」 テクテク

ξ゚⊿゚)ξ「ないのかなぁ……」

( ´ω`)”「無いって事はないと思うお」 テクテク

ξ゚⊿゚)ξ「でも見えてこないよ」

( ´ω`)”「きっと、もうちょっと行った先に見えてくるお」

ξ゚⊿゚)ξ「うんー……」

( ^ω^)”「荷物重くないかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「大丈夫だよ」

( ^ω^)”「お~~、力持ちになったおーー」

778 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:31:04 ID:r8xY2eVc0
ξ゚⊿゚)ξ「もとから力持ちだよ」

( ^ω^)”「ありゃ、そうだったお。ごめんごめん」

ξ゚⊿゚)ξ「……あ」

( ^ω^)”「お? 見えたかお?」

ξ゚⊿゚)ξσ「これ」


50-0


( ^ω^)「お……。なんだこりゃ。地面に直接書いてあるのかお?」

( ^ω^)っ”「おお、岩を掘ったのかな……」 さわさわ

ξ゚⊿゚)ξ「読めないねー」

( ^ω^)「地球の見える場所って書いてあるんじゃないかな……」

779 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:32:42 ID:r8xY2eVc0
ξ゚⊿゚)ξ「ホント?」

(*^ω^)「多分そうだお。ほら、そう読めなくもないし」

ξ゚⊿゚)ξ「でも見えないよ」

(; ´ω`)「うーーーん……。時間が悪いのかも」

ξ゚⊿゚)ξ「時間?」

( ´ω`)「そうだお。もしかしたら、ここで見えるかも知れないから待ってみようお」

ξ゚⊿゚)ξ「待つのーー?」

( ^ω^)「ちょぴっとだけだお」

ξ゚⊿゚)ξ「んーー、じゃあ待つー」

( ^ω^)「出てこなさそうだったら行っちゃおうお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」

780 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:34:02 ID:r8xY2eVc0
( ^ω^)”「ふー、じゃあちょっとお座りしようかおー」 よっこいしょ

ξ゚⊿゚)ξ「疲れた~?」

( ^ω^)「年をとると何もしてなくても疲れるもんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「えーーーー……」

( ^ω^)「きっとツンちゃんも大人になったらわかるお」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、いつも疲れてるの?」

( ^ω^)「そうだお~。でも、小さなことで疲れを回復させられるから大丈夫だお」

ξ゚⊿゚)ξ「ふーん」

(*^ω^)「きっと地球を見たら、ぱーーっと疲れも取れるお」

ξ゚⊿゚)ξ「そっかー。じゃあ早く地球が見れるといいねー」

(*^ω^)「おっおっ。早くこーーーーーーーーい」

ξ゚⊿゚)ξ「地球見えるかなぁ」

(*^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ「移動したほうがいいかなぁ」

(; ´ω`)「移動するにしろ、ちょいと休憩しましょうお」

781 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:34:53 ID:r8xY2eVc0
ξ゚⊿゚)ξ「え~~~……。しょうが無いなー」

(; ´ω`)「助かります」

ξ゚⊿゚)ξ” チョコン

ξ゚⊿゚)ξ「ねぇねぇ」

( ^ω^)「お~?」

ξ゚⊿゚)ξ「地球ってねー。青いんだよー」

( ^ω^)「おっおっ。聞いたお。すごーく恵まれた星なんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうなの?」

( ^ω^)「青くて、それに何か生き物がいるなんて、とってもとっても珍しいお」

ξ゚⊿゚)ξ「へー……。行きたいなぁ」

(*^ω^)「おっおっ。僕も行ってみたいお」

ξ゚⊿゚)ξ「何で青いの~?」

(*^ω^)「宇宙の色が映ってるんだお」

782 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:37:51 ID:r8xY2eVc0
ξ゚⊿゚)ξ「宇宙真っ暗だよ」

(*^ω^)「僕達の目にはそう見えちゃうんだおー」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ本当は青いの~?」

(*^ω^)「おっおっ。そんなことは無いんだお」

ξ;゚⊿゚)ξ「え~?」

(*^ω^)σ「あのへんのずーーーーーっと真ん中の方は、真っ白なんだお」

ξ;゚⊿゚)ξ「宇宙が?」

(*´ω`)「そうだお。眩すぎて目を開けてられないんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「行ってみたい!」

(*^ω^)「……お」

ξ*゚⊿゚)ξ「あ!!」

(*^ω^)「ほら、何か出てきたお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「地球かな!」

(*^ω^)「間違いないお。どんどん大きくなるお……!」

783 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:39:37 ID:r8xY2eVc0
                       
        
50-1.png


784 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:40:06 ID:r8xY2eVc0
ξ*゚⊿゚)ξ「おーーーーー……」

ξ*゚⊿゚)ξ「凄いねーーー!!」

(; ^ω^)

ξ*゚⊿゚)ξ「でも、青くないねー。真っ白だねー……」

(; ^ω^)「おね……」

ξ*゚⊿゚)ξ「何でだろうねー……」

(; ´ω`)「多分、灰だお」

ξ*゚⊿゚)ξ「灰~?」

(; ´ω`)「そうだお。分解されずに残ってるって事は……」

ξ*゚⊿゚)ξ「灰って何~?」

(; ^ω^)「灰って言うのは、白くてフワフワした……」

ξ*゚⊿゚)ξ「おーーー。雪みたい!」

( ^ω^)「雪かお……?」

785 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:42:00 ID:r8xY2eVc0
ξ*゚⊿゚)ξ「うん。白くて冷たいのがねー。ふわふわって降ってくるんだよ」

( ^ω^)「そうかお……」

ξ*゚⊿゚)ξ「灰、綺麗だねーーーー」

( ^ω^)

( ^ω^)「おっおっ。綺麗だおね!」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん!」

( ^ω^)「ツンちゃん」

ξ*゚⊿゚)ξ「何~?」

( ^ω^)「実は、もうしばらくしたら僕の仲間が来るんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「仲間~?」

( ^ω^)σ「そうだお! あのずーーーっと向こうの星の彼方からやってくるんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「おーーーーー」

( ^ω^)「すっごく大きい船で迎えに来てくれるんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「ボートより?」

786 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:43:17 ID:r8xY2eVc0
( ^ω^)「そりゃ比べ物にならないおー」

⊂( ^ω^)⊃”「こーーーーーーーーーーーーんな大きいんだから」

ξ*゚⊿゚)ξ「すごーーーーい!!」

( ^ω^)「おっおっ。お空を飛んでやってくるんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「飛ぶ!?」

( ^ω^)σ「そうだおー。それに乗ると、ずーーっとあっちの方のお星様まで連れて行ってくれるんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「えーーーーーーーーーー!!」

( ^ω^)「僕は、それに乗らなきゃいけないんだおー」

ξ*゚⊿゚)ξ「いいなぁ……」

( ^ω^)「ツンちゃんも来るかお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん!」

( ´ω`)「多分、ここにはもう戻れないんだけど……」

ξ*゚⊿゚)ξ「いいよ!」

787 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:43:52 ID:r8xY2eVc0
( ^ω^)「いいのかお~?」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん。おじちゃんが行くなら行く」

( ^ω^)「そうかお……」

( ^ω^)

( ^ω^)「ツンちゃん、ツンちゃん」

ξ*゚⊿゚)ξ「何~?」

( ^ω^)「僕がお父さんになってあげようか」

ξ*゚⊿゚)ξ「ホント?」

(*^ω^)「……おっおっ。もう少しツンちゃんが大人になったらもっかい話そうね」

ξ*゚⊿゚)ξ「何で?」

(*^ω^)「きっとまだよく分からないからだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「わかるよ」

(*^ω^)「はいはいお」

ξ*゚⊿゚)ξノシ「……お~~~~~~~~~い」

788 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:44:49 ID:r8xY2eVc0
( ^ω^)「お? 何やってるんだお」

ξ*゚⊿゚)ξノシ「手降ってるんだよ」

( ^ω^)「地球の人にかお?」

ξ*゚⊿゚)ξノシ「うん! お~~~~~~~~~~~い!!」

( ´ω`)、

ξ*゚⊿゚)ξノシ「おじちゃんも手を降ったら見えるかもしれないよ」

( ^ω^)「お……」

( ^ω^)

(*^ω^)「そうだおね。じゃあ僕も手を降っちゃうかお!」

(*^ω^)ノシ「おーーーーーーーーーーーーーーい!!」

ξ*゚⊿゚)ξノシ「おーーーーーーーーーーーーーーい! 地球じーーーーーーーーーーん!!」

(*^ω^)ノシ「ここだおーーーーーーーーーー、見つけてくれおーーーーーーーーー!!」

ξ*゚⊿゚)ξノシ「お~~~~~~~~い!!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━
━━━━
━━

789 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:45:40 ID:r8xY2eVc0
50-2.png


790 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:50:09 ID:r8xY2eVc0
50-3.png


                                                      http://www.youtube.com/watch?v=HHNEhT2Ckck

791 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:51:26 ID:r8xY2eVc0
50-4.png

            あかいめだまの さそり                ひろげた鷲の  つばさ

792 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:52:46 ID:r8xY2eVc0
50-5.png
 

                あをいめだまの 小いぬ、                    ひかりのへびの とぐろ。

793 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:54:31 ID:r8xY2eVc0
50-6.png


            オリオンは高く うたひ                       つゆとしもとを おとす、

794 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:55:08 ID:r8xY2eVc0
50-7.png


            アンドロメダの くもは                    さかなのくちの かたち。

795 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:55:33 ID:r8xY2eVc0
50-8.png


             大ぐまのあしを きたに                           五つのばした  ところ。

796 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:56:14 ID:r8xY2eVc0
50-9.png


        小熊のひたいの うへは                そらのめぐりの めあて。

797 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/03/31(月) 23:56:37 ID:r8xY2eVc0
50-10.png



                                                                    おわり







元スレ:月のうみのようです(リンク先ξ゚⊿゚)ξブーン系小説避難所のようです

URL先 曲情報:
『星めぐりの歌』 宮沢賢治/ 作詞作曲  加賀谷玲/編曲 MIGA/歌
『星めぐりの歌』歌詞(リンク先青空文庫様)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/402-20c816ec





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。