FC2ブログ





月のうみのようです  23.プラトー

324 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:12:46 ID:vvGU8mOA0












        
                                   昔の人の夢の跡

                                  男と少女のふたり旅

                               眠ればそこは未来の日

                             希望をもって 生きていかなきゃ



                                 23.プラトー












        
           
.

325 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:14:06 ID:vvGU8mOA0
(; ^ω^)「……あった」

ξ゚⊿゚)ξ「どこ? どこ?」

(*;^ω^)σ「あそこだお! 思ったとおりだお! ありゃシェルターだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「……ドーム!」

(*;^ω^)「そうだお! わーーーーって地下に広がってるハズだお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「あったね! シェルター!」

ヽ(*;^ω^)ノ「やったーーーーーー!」

ξ*゚⊿゚)ξ「やったーーーーーー!」

(*;^ω^)「よーし、行ってみようお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん! みんないるかなぁ……」

(; ^ω^)「……きっといるお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「早く会いたいねー」

(; ^ω^)「おっおっ……、会いたいおね!」

………
……


326 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:16:27 ID:vvGU8mOA0


  カツカツ……
           カツカツ……


ξ゚⊿゚)ξ「真っ暗~……」
  っ□

(; ^ω^)「……斜めにしないように持ってるんだお。熱い熱いになっちゃうお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」
  っ□

(; ^ω^)” カツカツ

ξ゚⊿゚)ξ”「みんなどこかなー……」 カツカツ
  っ□

(; ´ω`)” カツカツ

ξ゚⊿゚)ξ”「いないのかなぁ」 カツカツ
  っ□

(; ´ω`)「……僕は信じるお」

ξ゚⊿゚)ξ「いるの~?」
  っ□

327 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:16:52 ID:vvGU8mOA0
(; ´ω`)「ここにいなくても、きっとどこかに居るハズだお……」

ξ゚⊿゚)ξ「早く見つけたいねー」
  っ□

( ´ω`)” テクテク

( ^ω^)「……お」


 【cold sleep strategy Ⅰ. Frozen darkroom】


(; ^ω^)「……これは」

ξ゚⊿゚)ξ「何のお部屋~?」
  っ□

(; ^ω^)「んーと……。とりあえず見てみようお」

ξ゚⊿゚)ξ
  っ□

(; ^ω^)っ” ガチャ……

328 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:17:39 ID:vvGU8mOA0
(; ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ「箱がいっぱい」
  っ□

(; ^ω^)「……これ。ツンちゃんが乗ってた箱じゃないかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「?」
  っ□

(; ^ω^)「ほら! 僕と初めてあった時だお! ツンちゃん、これに乗ってプカプカ浮かんでたお!」

ξ゚⊿゚)ξ「あっ、そっか」
  っ□

(; ^ω^)「確かに、この箱だお。棺のような……」
  _,
(; ^ω^) ジーーー……


 【Arousal : 2880】


ξ゚⊿゚)ξ「何て書いてあるの?」
  っ□

(; ^ω^)「……2880年に目覚めるって事らしいけど」

329 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:18:20 ID:vvGU8mOA0
ξ゚⊿゚)ξ「へ~~~……」
  っ□

(; ^ω^)「今、何年だお?」

ξ゚⊿゚)ξ「分かんない」
  っ□

(; ^ω^)「あ! あれ、見せておくれお。カード!」

ξ゚⊿゚)ξ”「いいよ」 ゴソゴソ

ξ゚⊿゚)ξっロ「はい」

(; ^ω^)
  っロ


23.png



(; ^ω^)「……2580」
  っロ

330 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:19:03 ID:vvGU8mOA0
(; ^ω^)っロ「ありがとうお」

ξ゚⊿゚)ξ「どういたしまして」
  っロ

(; ^ω^)

(; ^ω^)っ” グググ……

ξ゚⊿゚)ξ「箱開けるの~?」
  っ□

(; ^ω^)っ”「すでにOFFになってるから、開けても大丈夫なはずだお……」 グググ……

(; ^ω^) かぽっ
 っ[    ]

ξ゚⊿゚)ξ「……誰もいないねー」
  っ□

(; ^ω^)「いないお……」

……(; ^ω^) スタスタ

331 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:20:20 ID:vvGU8mOA0
(; ^ω^)っ” グググ……

ξ゚⊿゚)ξ「それも開けるの~?」
  っ□

(; ^ω^)「ちょっと、出来るだけ見てみようお」 かぽっ
 っ[    ]

ξ゚⊿゚)ξ「いた~?」
  っ□

……(; ^ω^)「いないお」 スタスタ

(; ^ω^)っ” グググ……

(; ^ω^) かぽっ
 っ[    ]

ξ゚⊿゚)ξ「そっちは~?」
  っ□

(; ^ω^)「……いないお」

ξ゚⊿゚)ξ「そっかー……」
  っ□

332 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:21:15 ID:vvGU8mOA0
(; ^ω^)「……ちょっと、ツンちゃん」

ξ゚⊿゚)ξ「なにー?」
  っ□

(; ^ω^)σ「あそこの壁側のところ……。明かりちょうだいお」

ξ゚⊿゚)ξ”「こっち?」 スタスタ
  っ□

……(; ^ω^)「こっちこっち、この机だお」 スタスタ

ξ゚⊿゚)ξ”「……あ。なんか本あるよ」 スタスタ
  っ□

(; ^ω^)「……読んで見るかお」

(; ^ω^)  ぺらぺら
  っ|Ξ|| |”


【2880:Roughly, everyone was awake on schedule.Clock also shows the 2880. Successful.】
 (おおよそ、全ての人間が予定通りに覚醒した。時計は2880年を示している。成功だ)


(; ^ω^)「……やっぱり起きたんだお」
  っ|Ξ|| |

333 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:21:56 ID:vvGU8mOA0
(; ^ω^)  ぺらぺら
  っ|Ξ|| |”


【Wait for the recovery of all, to prepare for long journey】
   (皆の回復を待ち、長い旅路に備える)

(; ^ω^)「どこへ行ってしまったんだお……?」 ぺら
  っ|Ξ|| |”

ξ゚⊿゚)ξ「わかった~?」
  っ□

(; ^ω^)「おっおっ。なんとなくわかってきたお……」
  っ|Ξ|| |


【However, there is one problem】
 (しかし、ひとつ問題がある)

(; ^ω^)
  っ|Ξ|| |


【Left behind, it's matter of subject not awake】
 (それは、まだ覚醒していない対象のことだ)

334 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:22:48 ID:vvGU8mOA0
【Girl named Tun D is setting to awaken 600 years later. I do not know who did it.】
 (Tun D という名の少女は、600年後に覚醒すると設定されていた。だれがこのような事をしたのかはわからない)
【This is a large device. It is not possible to carry this.】
 (これは大きな装置だ。持って行くことは出来ないだろう)
【300 years later, I come back here. So, I wait for her to awake】
 (300年後、ここに戻ってこよう。彼女の覚醒を待とう)


( ^ω^)「……て事は、今は3180年?」
  っ|Ξ|| |


【2881:I headed to the south】
     (南へと向かう)

( ^ω^)「南……」

ξ゚⊿゚)ξ イジイジ
  っ□”

( ^ω^)  ぺらぺら
  っ|Ξ|| |”


【cold sleep strategy ? Roster(600 years after awakening)】
 (第二次コールドスリープ 名簿 (覚醒:600年後))

( ^ω^)「……二回行われたって事かお? ……600年後」
  っ|Ξ|| |

335 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:24:38 ID:vvGU8mOA0
( ^ω^) ぺらぺら
  っ|Ξ|| |”

( ^ω^)「……!」
  っ|Ξ|| |

(; ^ω^)「ツンちゃん。ツンちゃんのお母さんって、お名前なんて言うんだお?」
  っ|Ξ|| |

ξ゚⊿゚)ξ「えっとねぇ……」
  っ□

(; ^ω^)「デレ D かお?」
  っ|Ξ|| |

ξ゚⊿゚)ξ「うん」
  っ□

(*^ω^)「……ツンちゃん! お母さんの名前があるお!」

ξ゚⊿゚)ξ「?」
  っ□

(*^ω^)「お母さん、いるんだお! 今頃、目覚めてるんだお!」

ξ;゚⊿゚)ξ「?」
  っ□

336 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:25:16 ID:vvGU8mOA0
(*^ω^)「会えるんだお、ツンちゃん……! お母さんに!」

ξ;゚⊿゚)ξ「うん……? うん!」
  っ□

(*´ω`)「はぁーー……、よかったお……。本当はもうダメかと……」

ξ;゚⊿゚)ξ「どこに居るの~?」
  っ□

(; ´ω`)「えっと……。ここでは無いらしいんだけど……」 ぺらぺら
  っ|Ξ|| |”

(; ´ω`)「特に書かれてないみたい」
  っ|Ξ|| |

ξ;゚⊿゚)ξ「じゃあ分からないの?」
  っ□

(; ´ω`)「で、でも大丈夫だお! きっと南だお! ここにいた人たちは、南に行ったんだし!」

337 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:25:57 ID:vvGU8mOA0
ξ;゚⊿゚)ξ「そうなの?」
  っ□

(; ^ω^)「そうだお! きっと、後から起きる人たちの近くで暮らし始めてるハズだお……!」

ξ*゚⊿゚)ξ「そっか!」
  っ□

( ^ω^)「おっおっ。大丈夫だお! きっと僕がツンちゃんのお母さんを見つけるお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん!」
  っ□

( ^ω^)「よーし、そうと決まれば……」


   チャプ……
        チャプ……


( ^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「海になっちゃった」
  っ□

( ^ω^)「水びたしだお~……。ここ、満潮になると水が来ちゃうのかな……」

( ^ω^)「……でもそんな事は書いてないお」
 っ|Ξ|| |

338 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/02/22(土) 22:26:37 ID:vvGU8mOA0
ξ゚⊿゚)ξ”「水浸し~~」 チャプチャプ
  っ□

( ^ω^)「……300年も経てばそうなるか」
 っ|Ξ|| |

(^ω^ )「もしかしたら、これのせいでツンちゃんは海をさまよってたのかも知れないおね」

ξ゚⊿゚)ξ「ねーねー、早く出ないと溺れちゃうよ」
  っ□

(*^ω^)「おっおっ、そうだおね! お母さんを迎えに行こうお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん!」

(*^ω^)「そら、肩車だお~~~~」



    チャプチャプ
                                    チャプチャプ
23-2.png


                      23.プラトー → 24.雨の海







元スレ:月のうみのようです(リンク先ξ゚⊿゚)ξブーン系小説避難所のようです

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/374-a0b47b6e