FC2ブログ





月のうみのようです  5.静かの基地

59 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:12:46 ID:gVkFOwMg0












                               人が最初に降りた場所

                                 男と少女のふたり旅

                                50の星をかかげつつ

                             鷲が降り立つ様を 誰もが夢見た



                                5.静かの基地











.

60 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:13:22 ID:gVkFOwMg0
( ^ω^)「うーん……」

ξ゚⊿゚)ξ「入る所ないね~」

( ^ω^)「裏に回ってみようお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)”「よいしょ~」



  ギィコ……
            ギィコ……



( ^ω^)「……う~~~ん」

ξ゚⊿゚)ξ「ないね~」

( ^ω^)「ないお~」

ξ゚⊿゚)ξ「どうやって入るのかなぁ」

( ^ω^)「多分、入れないんだお」

61 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:13:51 ID:gVkFOwMg0
ξ゚⊿゚)ξ「何で~?」

( ^ω^)「入れる場所がないからだお~」

ξ゚⊿゚)ξ「そっか、ざんねん」

( ^ω^)「きっと、オベリスクなんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「オベリスクって?」

( ^ω^)「んーーーー……。記念碑みたいなもんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「記念碑って?」

( ^ω^)「んー、残しておきたい特別な事を形にしたものだお」

ξ゚⊿゚)ξ「へー。これは何を残したかったの?」

( ^ω^)「なんだろうね」

ξ゚⊿゚)ξ「なんだろうねー」

( ^ω^)「きっとどこかに書いてあるお」

( ^ω^)” 


   ギィコ……
       ギィコ……


.

62 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:15:12 ID:gVkFOwMg0
( ^ω^)「お。ほら。あったお」

ξ゚⊿゚)ξ「お~~~~」
  _,
( ^ω^)「えーーーっと……」


    【Base of Tranquility】


( ^ω^)「……静かの基地でいいのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「なにそれ」

( ^ω^)「ここの事じゃないかな」

ξ゚⊿゚)ξ「基地って?」

( ^ω^)「みんなが顔をあわせてほっとするとこだお」

ξ゚⊿゚)ξ「みんないないね」

( ^ω^)「ん~~~、そういう名称なだけなのかも」



5.png


.

63 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:17:05 ID:gVkFOwMg0
ξ゚⊿゚)ξσ「これはこれは~?」

( ^ω^)「えっとねぇ……」

( ^ω^)

( ^ω^)「プラネット・アースってとこから男の人が来て、初めてムーンに足をつけた場所らしいお~」

ξ゚⊿゚)ξ「ここが~?」

( ^ω^)「そうだお。プラネット・アースって知ってるかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ちきゅう」

( ^ω^)「お! それが地球なのかお~」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)「じゃあムーンは?」

ξ゚⊿゚)ξ「月!」

(*^ω^)「お~~~! 月の事かお~~! なるほどだお! じゃあ、ここは地球から初めて人がやってきた場所なんだお~」

ξ゚⊿゚)ξ「すごいね~!」

(*^ω^)「凄いお~~。きっと、ここの人類にとって歴史的な場所なんだお~」

64 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:17:57 ID:gVkFOwMg0
ξ゚⊿゚)ξ「おーーーー!」

(*^ω^)「おっおっ。いいとこに来たみたいだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「やったね!」

(*^ω^)「やったお~~。良い報告書が書けそうだお~」

ξ*゚⊿゚)ξ「報告書って?」

(*^ω^)「んーーー、お友達へのお便りだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「あたしもね、あたしもね、友達にお手紙かくよ!」

(*^ω^)「おー、ツンちゃんも書くのかお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「ヒーちゃんとね、ミセリちゃんにも書くんだよ!」

(*^ω^)「凄いお~~、偉いお~~~」

(*^ω^)っ” なでなで

ξ*゚⊿゚)ξ「先生も褒めてくれたよ!」

(*^ω^)「いい先生だおー」

65 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:18:40 ID:gVkFOwMg0
ξ*゚⊿゚)ξ「そうだよ~、結婚するんだよ~」

(*^ω^)「おーーー。それはいいことだお~」

ξ*゚⊿゚)ξ「いいことだよ~」

(*^ω^)「……ねぇねぇツンちゃん」

ξ*゚⊿゚)ξ「なぁに?」

(*^ω^)σ「この絵は、生き物の絵かお?」


tukinoumi.png



ξ*゚⊿゚)ξ「鳥!」

(*^ω^)「鳥かお~~。いい名前だお~~」

ξ*゚⊿゚)ξ「ばーーーーーって空を飛ぶんだよ!」

(*^ω^)「お~~~。僕もそういう生き物知ってるお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「それ鳥だよ!」

(*^ω^)「おっおっ。じゃあ鳥だお!」

66 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:19:35 ID:gVkFOwMg0
ξ*゚⊿゚)ξ「あたしも鳥みたい!」

( ^ω^)「ツンちゃんは見たことないのかお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「ないよ」

( ^ω^)「お~~。じゃあ月にはいないのかお~」

ξ*゚⊿゚)ξ「あのねーあのねー」

( ^ω^)「?」

ξ*゚⊿゚)ξσ「これがちきゅうだよ」

( ^ω^)「おお! この青い星かお~」

ξ*゚⊿゚)ξ「そうだよ~。本で見たことあるの」

( ^ω^)「とっても豊かな星みたいだお~。こういう星はすごく珍しいお~」

ξ*゚⊿゚)ξ「へぇ~~~」

(*^ω^)「早く僕もこの目で見てみたいお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「見れるかなぁ」

( ´ω`)「多分みれない」

67 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:20:55 ID:gVkFOwMg0
ξ゚⊿゚)ξ「なんで~?」

( ´ω`)「かくれんぼしてるんでしょ~?」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」

( ´ω`)「こわがりさんの星なんだお~」

ξ゚⊿゚)ξ「そうなの?」

( ´ω`)「そういうお星様は中々心を開いてくれないんだお~。ひっそり入っちゃえば別だけど」

ξ゚⊿゚)ξ「へぇ~~。おじちゃんは星に詳しいね~。星博士だね~」

( ´ω`)「おっおっ。仕事柄ね」

ξ゚⊿゚)ξ「たんしんふにん!」

(; ´ω`)「よく知ってるね、そんな言葉」

ξ゚⊿゚)ξ「シューちゃんのお父さんもたんしんふにん!」

(; ´ω`)「おっおっ。お仲間だお」

68 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:21:26 ID:gVkFOwMg0
ξ゚⊿゚)ξ「帰らないと妻がうわきするよ」

(; ´ω`)σ”「こら。そんな言葉言うもんじゃありません」 ツイツイ

ξ゚⊿゚)ξ「うわきするよ!」

(; ´ω`)「もう嫁さんも子供もいないお」

ξ゚⊿゚)ξ「いないの?」

( ´ω`)「そうだお~。とーーーーーーーっくの昔にいなくなったお~」

ξ゚⊿゚)ξ「がん?」

(; ´ω`)「どこでそんな言葉知るの」

ξ゚⊿゚)ξ「ねぇねぇ、がん?」

(; ´ω`)「違うお。ちゃーんとふたりともおばあちゃんになって死んだお」

ξ゚⊿゚)ξ「へぇーーー、何で?」

( ´ω`)「年をとったからだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ふぅん。何で?」

69 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:22:04 ID:gVkFOwMg0
( ´ω`)「おっおっ。子供に難しい話をしてもわからんお~」

ξ゚⊿゚)ξ「何で何で何で何で~~~~~~」

( ^ω^)「内緒だお~~~」

ξ゚⊿゚)ξ「教えて~~~~~」

( `ω´)「ダメーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

ξ;゚⊿゚)ξ「え~~~~~!」

( `ω´)「どうせ言ったってわからんお~~~~~~~~~~~~!」

ξ;゚⊿゚)ξ「わかるよ~~~」

( `ω´)「さあ、出発ーーーーーーーーーーーーーーー!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ねぇねぇ教えて~~」

( ^ω^)”「ふんふ~ん」



   ギィコ……
              ギィコ……



.

70 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:22:50 ID:gVkFOwMg0
ξ;゚⊿゚)ξ「ねぇねぇ」

ξ;゚⊿゚)ξσ” ツイツイ

( ^ω^)「ツイツイ禁止~」

ξ;゚⊿゚)ξ「教えてよ~~~」

( ^ω^)「ん~~~~……」

( ^ω^)

( ^ω^)「例えばお」

ξ;゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)” ゴソゴソ

( ^ω^)っ。「この石がすんご~~~~~~~~く早く動くとするお」

ξ;゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)っ。「ビューーーーーーーンって、あそこのお星様くらいまで行っちゃうとするお」

ξ;゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)「そんで、この石にはツンちゃんが乗ってるとするお」

71 :⊂二二二( ^ω^)二⊃:2014/01/13(月) 14:24:04 ID:gVkFOwMg0
ξ;゚⊿゚)ξ「乗れないよ」

( ^ω^)「乗ってるとするの。で、僕はツンちゃんの帰りをここで待つお~」

ξ;゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)「そしてツンちゃんがあのお星様から帰ってきた!」

ξ;゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)「その頃には、ここはすご~~~い未来になってるんだお~」

ξ;゚⊿゚)ξ

( ^ω^)「もちろん僕はおじいちゃんになって死んじゃったお」

ξ;゚⊿゚)ξ「?????????????????????????????????」
6.png


                           5.静かの基地 → 6.アリアデウス谷





元スレ:月のうみのようです(リンク先ξ゚⊿゚)ξブーン系小説避難所のようです

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/356-0916458c