スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)がサイレンの鳴る雛見沢でわらべ唄を歌うようです 3スレ目

2スレ目はこちら


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:45:07.77 ID:8J8/T0s80



八月十七日

一度目のサイレンが哭く。


土砂降りの雨の中、ぼくは愛車のマウンテンバイクを必死に押していた。
全身に雨を受けながら、おおきく溜息をつく。

(;^ω^)「……天気予報はずれすぎだお…」

誰に言うでもなく呟いた声はすぐさま雨音にかきけされてしまう。
そう、今朝みてきて天気予報では、こんな大雨になるなど一言もいっていなかった。
今日だけじゃない、今後一週間は雨なんて降る予報じゃなかったはずだ。
晴れのちくもり、たしかその程度。

だから雨具なんて用意せずに来たっていうのに。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:45:56.45 ID:8J8/T0s80


(;^ω^)「ちくしょー失敗したお…」

服は雨をすいこんでいよいよ重たいし、もうずっと歩きっぱなしで、疲労はピークだった。
ほんとうに村なんてあるのだろうか。
迷信である可能性も高い。村跡すらないかもしれない。

こうして半ば迷子になりながら雨にうたれ、ぼくは自分を心底愚かだとおもう。
おもうけど、決して後悔はしていなかった。
オカルト好きの血が騒いで飛び出してきたのだ。
好きでやったことに、後悔する必要はない。

( ^ω^)「迷子もなかなかいいもんだお…なんて…うう、さむいお、やっぱ帰りたいおっお」

それに腹も減ったし。
このまま遭難して死ぬんじゃないだろうか。

前言撤回。やっぱり、すこし後悔している。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:47:05.73 ID:8J8/T0s80


あたりは薄暗いし、まわりの景色はずっと木ばっかりで、時間の感覚がなくなってきた。
この腹の減り具合から、きっともう夕方だ。
いや深夜かもしれない。もしかしてもう朝?
ぞっとする。

( ^ω^)「あ、そういえばGショックつけてたんだお」

すっかり忘れていた。
防水加工のすごい時計だ。コンパスもついているのだ。

画面に付着しまくっている雨粒をぬぐいさり、時間を確認しようとしたとき、
妙な音が聞こえた。

それは風の音のようでもあったし、生き物の鳴声のようでもあった。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:48:09.34 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「へんな音…」

ぞくりと悪寒がはしった。
雨が冷たいからじゃない。
この音のせいだ。
遠くから、いやすぐ下の地面から?
四方から聞こえてくるようだ。
この雨音の間をぬって、直接耳にひびいてくる。
低く、高く、澄んだ、いや濁った、不思議な音だった。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:49:06.38 ID:8J8/T0s80


(;^ω^)「なんか…ヤな気分だお……恐いお」

空気をふるわせ、地を伝い、耳を通って内臓にずんと響く。
不快だ。不安を煽られているような。
なにか…警告されているような。


これは――― サイレン ?


(;^ω^)「どどどどどうするお、土砂崩れとか、川の氾濫とか、死ぬおっおっお」

雨がさらに激しくなった気がした。
警報が響く。
いったいどこに逃げたらいいのだろう。
耳を澄ますが、サイレンと雨の音しか聞こえない。

歩く足を止めてしまう。

警報が響く、響く。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:50:12.06 ID:8J8/T0s80


「…じょ、ぶ…かな……?」

え?

「大丈夫、かなあ…?」

サイレンが止み、雨音が聞こえなくなった。気がした。


目の前に現れたのは、赤い傘をさした女の子。
年はぼくとたいして変わらないだろう。

从'ー'从「大丈夫、かなー?」

小首をかしげてもういちど問われた。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:51:28.75 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「ぼ、ぼくですかお…?」
从'ー'从「迷子かなー?」
( ^ω^)「まあ、そんなようなもんですお」
从'ー'从「そっかあ。でも大丈夫だよー、ちかくに村があるからね、休んでいったらいいですよ?」
そういって彼女は傘をさしだした。

ちかくに村が…
もしかしたら、探していたところかもしれない。

( ^ω^)「そうですかお!ありがたいですお!」

さっきまでの不安は吹き飛んでいた。
いつの間にかサイレンは聞こえなくなっていた。
先に歩き出していた彼女をおいかけ、傘をさしてやる。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:52:10.71 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「そういえばさっき、警報が鳴ってたみたいだけど、大丈夫なのかお?」

从'ー'从「あれれー?警報なんて、鳴ってたのかなー?」
( ^ω^)「ついさっきまで、鳴ってたお」

从'ー'从「うーん…風じゃないかな?高い山に囲まれてるから、ただの風が警報みたいに
響くときがあるんだよー?」
( ^ω^)「風かお。なるほど」

確かに風のうなり声のようだったかも、と思い出そうとして、
なぜかまったく思い出せなかった。
どんな音だっただろう。
まあ…どうだっていいか。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:53:03.81 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「着きましたよー」

目の前には、瓦屋根が連なり、田んぼや畑がどこまでも広がっていた。
ぽつりぽつりと傘を差し歩いている人の姿も見えた。

从'ー'从「私の家が近くなので、あがってくださいねー?」
( ^ω^)「ありがとうだお」

彼女の家は、以外にも洋風建築のわりと大きな家だった。
表札には【渡辺】と書かれていた。
ドアの前まできて、彼女が一生懸命ポケットをさぐっている。

从'ー'从「あ、あれれ~?鍵がないよ~?」
(;^ω^)「え…大丈夫かお」
从'ー'从「あ!あったよー!よかったー」

ドアを開けたとたん、ふわりと暖かい空気が流れ込んできた。

从'ー'从「どうぞ~」

傘のしずくを払いながら彼女が言った。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:54:10.66 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「おじゃましますおー」

一般的な家だった。
玄関からのびた廊下を歩き、リビングに通される。

从'ー'从「タオルと着替えもってくるねー」
( ^ω^)「なにからなにまで、ふ、えっくしょーいっ!」
前髪からつたうしずくが次々とじゅうたんに落ちていく。
(;^ω^)「ぎゃあああ、大変だお、タオルはまだかお」

从'ー'从「あれれ~?タオルがないよ~?」
少し離れたところから彼女のあせった声が響いてくる。
よくなくしものをする人らしい。
あったよ~!の声とともにぱたぱたとかけてくる足音がする。

从'ー'从「はい、タオルだよー。あと、お父さんのだけど、ジャージどうぞー」
( ^ω^)「すまないお。ありがとうだお」
がしがしと頭をふく。やわらかい。いい匂いがした。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:54:54.85 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「紅茶、好きかな?」
( ^ω^)「あ、好きですお」
从'ー'从「じゃあ紅茶を淹れてくるから、着替えててねー」

そういってキッチンに消えていった。
ぐっしょりとぬれた服をぬぎ、ジャージに着替える。
おそるおそるソファにこしかけ、ほっと息をつく。

しばらくして、甘酸っぱい香りとともに彼女がやってきた。
目の前のテーブルに紅茶がおかれる。
何時間も雨の中をさまよって冷え切った身体に、温かい紅茶はとても有難かった。

( ^ω^)「おいしいお。ありがとうだお」
从'ー'从「そうだ、服、洗濯しなきゃねー」
( ^ω^)「す、すまんお。何からなにまで、ほんとに申し訳ないお…」

いいんだよー、と彼女はあかるく笑う。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:56:13.81 ID:8J8/T0s80


親切な人に会えて本当に良かった。
そうじゃなきゃ今頃、屍になっていたかもしれないのだ。

( ^ω^)「なにかお礼をしなきゃだお」
といっても、自分には菓子折りを贈るくらいしかできないな。
何を贈ろうか、と思考をめぐらせる。
ああ、住所をきいておかなくては。

( ^ω^)「…住所、そうだお、そういえば」

ここがどこなのか、まだきいていない。
いつのまにか戻ってきた彼女に、思い切って問うてみる。

( ^ω^)「あ、あの、ここはなんという村なんだお?」


从'ー'从「ここ?雛見蛇村っていうんだよー」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:57:28.12 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「ひなみだ、むら…」

間違いない。
ここはぼくが探していた村だった。

――昔、ひとりの若者が発狂し、日本刀で村人を次々と惨殺していった。
村は一夜にして血の海と化したという。
通称、雛見蛇三十三人殺し。

血塗られた歴史。呪いの村。それがここ、…雛見蛇村。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:58:31.72 ID:8J8/T0s80


ぼくはそんな噂ををオカ板で目にし、湧き上がる好奇心をおさえきれずにここまで来たのだ。
そのスレは、そんな村なんて存在しない、地図にも載ってない、という人たちと、
存在する、事件は実際にあった、という人たちでわかれていた。

そこで現れたのがぼくだ。

( ^ω^)「ならぼくが実際行ってみてきてやるお。写真もうpするお」

そして住民からアバウトな地図を受取り、ひたすらマウンテンバイクをこぎ続けたのだ。

( ^ω^)「(やったお。ほんとにあったお。ぼくは勇者だお!)」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 21:59:19.58 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「そういえば…あ、えっと、名前は…」
( ^ω^)「すまん、まだ名乗ってなかったお。ぼくは、内藤ホライゾンだお。ブーンと呼んでほしいお」
从'ー'从「ブーンくんねー私は渡辺だよー」
( ^ω^)「渡辺さん。いい名前だお」
そういって微笑むと、渡辺さんの頬が淡いピンクに染まった。

从'ー'从「ふええ、恥ずかしいよ//…そうだ、それで、ブーンくんはなんであんな処にいたのー?」
(;^ω^)「え、っと…それは、か、観光…だお」
まさか不気味な噂を確かめにきました、とも言えず、とっさに出た言葉はひどく苦しいものだった。


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:00:17.57 ID:8J8/T0s80


だが、渡辺さんはそれを聞いてぱあっと顔を輝かせている。
从'ー'从「そっかー観光かあー!ここにはどれくらいいる予定なの~?」

( ^ω^)「ええ…っと、とくに決まってないお…」
从'ー'从「そっかあ~!じゃあ、うちに泊まっていきなよ~」
( ^ω^)「!??!い、いいのかお…!?」
从'ー'从「うん、いいよ~?それで、色々案内してあげるね~?」

年頃の女の子の家に泊まるなんて、もちろん、はじめての経験だった。
なにかあるかもしれない、ふひひ、とぼくは胸躍らせた。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:01:16.75 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「あ、雨あがったねー」

渡辺さんの視線を追い、窓の外をみると、さっきまでの大雨が嘘みたいに晴れていた。

从'ー'从「じゃ、さっそくいこっかあ~!」
( ^ω^)「え、行くってどこに…」
从'ー'从「雛見蛇の案内だよ~?」
ぼくの手をつかんで、にっこり笑う。

( ^ω^)「おお、ありがとうだお」
デジカメを手に、ぼくらは家を出た。

さっきまで凍えるくらい寒かったのに、いまはもううっすらと汗ばむほど暑い。
ひぐらしがひっきりなしに鳴いている。

ひぐらしなんて、都会じゃなかなか聞けないなあ、なんて高く生えた木を仰ぎみていると、
渡辺さんがあ、と声をあげた。

むこうから、誰かが手を振っている。


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:02:42.45 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「ツンちゃんだ~」
ξ ゚⊿゚)ξ「渡辺…と、あれ?こっちは…」
( ^ω^)「ブーンだお。迷子になってた所を渡辺さんに拾ってもらったんだお」
从'ー'从「観光するっていうから、色々案内してあげようと思って~」
ξ ゚⊿゚)ξ「ふーん、そうなの」
从'ー'从「ね、ツンちゃんも一緒に案内してあげよ~?」
ξ ゚⊿゚)ξ「えっ…なんであたしが…」
( ^ω^)「みんなのほうが楽しいお」
ξ ゚⊿゚)ξ「…ま、そこまでいうなら…それなら、しぃとクーも誘ったら?さっき公園にいたわよ」
从'ー'从「そうしよう~!」


从'ー'从「しぃちゃーん、くーちゃーん!」

小さな噴水のまえで談笑しているのがおそらくふたりなのだろう。
噴水からほとばしる水が光できらきら輝いている。
呼ばれたふたりがこっちを向き、にっこりと笑う。
渡辺さんやツンさんにくらべて、少し幼いようだ。小学生くらいだろうか。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:03:49.57 ID:8J8/T0s80


川 ゚ -゚)「ああ、ふたりとも。…と、誰だ?」
(*゚ー゚)「こんにちはあ」

( ^ω^)「ブーンといいますお。観光にきましたお」
川 ゚ -゚)「…観光?こんな村にか」
(;^ω^)「う。そ、そうだお。ぼくは村めぐりをするのが趣味なんだお」
川 ゚ -゚)「変わった趣味なんだな」

从'ー'从「それでねー、村を一緒に案内してあげよ~ってことになったの」
ξ ゚⊿゚)ξ「仕方なくついてきてやったのよ」
川 ゚ -゚)「そうか。それは面白そうだな。私はクーだ。よろしく」
(*゚ー゚)「新しいお友達ですね?あたしはしぃです。よろしくです」
ぺこりと小さな頭をさげる仕草が愛らしい。


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:05:05.14 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「私たちは部活仲間なんだよ~」
( ^ω^)「ぶかつ?」

ξ ゚⊿゚)ξ「そっ。あたしたちおんなじ学校なの。学校はひとつしかないから、
村の子供はみんなそこに通ってるのよ。っていっても、全校生徒50人くらいなんだけどね」
(*゚ー゚)「ブーンも、特別に部活にいれてあげますよ」
( ^ω^)「おっお。それはありがたいお。何をするんだお?」

川 ゚ -゚)「ゲームだ」
クーがにやりと笑った。
いやな予感がする。ものすごく身の危険を感じた。

ξ ゚⊿゚)ξ「もちろん、バツゲームつきの、ね?」

(;;;;^ω^)「げ、げーむって、どんなげーむだお?」
ξ ゚⊿゚)ξ「よーし、部活開始よ!せっかく公園にいるんだから、隠れ鬼ね!」

从'ー'从「ええっ?む、村の案内はしないのかな~?」
ξ ゚⊿゚)ξ「そんなもんもういいわよ!それに、ブーンはもう部員なんでしょ?
新入部員に、活動内容を教えてあげないとね~?」
从'ー'从「ふ、ふええ…」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:05:46.95 ID:8J8/T0s80


ξ ゚⊿゚)ξ「最初はぐー、じゃんけんポンッ!」

唐突に声が張り上げられ、みんなの手がとっさに形をつくる。
しまった、出遅れた。

(*゚ー゚)「あとだしはだめですよ。ブーンが鬼ですね~」
ξ ゚⊿゚)ξ「10分以内に全員みつけられなかったらブーンの負けだからね!」
从'ー'从「恐ろしいバツゲームがあるから、真剣にやったほうがいいよお~」
( ^ω^)「ひい。わ、わかったお…」

恐ろしいバツゲームって、どんなのだろう。
みんなのあの笑顔からして、きっと相当のものなんだろう。
そう考えているうちに、いつの間にかみんながいなくなっていた。
あわてて手で目を覆い、10秒数えはじめる。


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:07:22.49 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「も、もういいかお~…?」

わりとせまい公園だ、丁寧にさがせばすぐに見つかるだろう。
なんて思っていたぼくがバカだった。
まわりからは木々のざわめく音や、噴水の水がはねる音くらいしか聞こえない。
生き物の気配がまるでないのだ。
あれだけ騒いでいたのがうそのように、静まりかえっていた。

( ^ω^)「み、みんなすごいお…自然と同化してるのかお」
すべりだいの下や、ベンチのうしろ、果てはゴミ箱の中まで探したが、一人も見つからない。

(;^ω^)「ちょwwまさかぼくを置いて帰ったのかおwwヒドスw」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:08:03.36 ID:8J8/T0s80


ξ ゚⊿゚)ξ「はーーいっ、時間切れー!!」

どこからともなく声がして、気がついたらみんながいろんなところからひょっこり顔を出して笑っていた。

(*゚ー゚)「へたくそですねー」
川 ゚ -゚)「まったくだ。へなちょこめ」
(;^ω^)「みんなすごいお。忍者かお…」
ξ ゚⊿゚)ξ「ブーンの負け!バツゲームー!」

そういって振りかざしたツンの手には、マジックが握られていた。
まさか…
心底うれしそうにツンが笑う。

( ^ω^)「うえっwえwww嫌だお、顔はだめだおw」
ξ ゚⊿゚)ξ「問答無用!みんな、ブーンを押さえるのよっ!」

らじゃー!の声とともにぼくは羽交い絞めにされた。


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:08:50.05 ID:8J8/T0s80


ξ ゚⊿゚)ξ「ま、新入りだからね、今日はこれくらいで勘弁してあげるわ」
満足げにツンがいう。
いったいどうなっているんだろう…
ペンが顔の上をえらい激しく動き回っていたのだが。

( &^^Ω)「どどどどうなってるんだお」
(*゚ー゚)「可愛いですよ、ブーン」
川 ゚ -゚)「うむ、なかなかいいぞ」
从'ー'从「すごいことになってるよお~」
( &^^Ω)「ていうかツン、それ油性じゃないかおー!」
ξ ゚⊿゚)ξ「あら?そうだったかしら?」
( &^^Ω)「ちょwwww」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:10:11.84 ID:8J8/T0s80


気がつけばもう夕方。ひぐらしもどこか寂しげに鳴く。
きれいな茜空だった。
おだやかに、ゆるやかに流れる雲。
あかい空はどこまでも高く、どこまでも澄んでいた。
田んぼ道にのびる影がふたつ。

( &^^Ω)「ツンのやつ、まじでひどいおw」
从'ー'从「ええ~こんなの序の口だよ~ふだんはもっとひどいんだから」
( &^^Ω)「うぇwwこんどは絶対負けないお」
从'ー'从「あ。お隣のおばさんだ。ブーンくん、ごめん、ちょっと待ってて~」
わかったお、と返事をして、かけていく渡辺さんの後ろ姿を見送る。

「…きれいな空だねえ」

( &^^Ω)「えっ?」
いつのまにか隣に人が立っていた。
カメラを空にむけてかまえている。
かしゃ、とシャッターを切る音がした。


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:10:53.03 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「やあ、すまない。君はここの村の人じゃないね」

( &^^Ω)「そ、そうですお…」
(´・ω・`) 「やっぱり。見ない顔だと思ったんだ」
( &^^Ω)「観光にきたんですお」

(´・ω・`) 「観光?そうか、ぼくはてっきりあの事件を――」

“あの事件”?

( &^^Ω)「あの事件って…もしかして、」
(´・ω・`) 「…嫌な、事件だったね」

ぽつり、何かを思い出すように。
彼はだれだ?あの事件って、ぼくが追い求めてきた、あれのことだろうか。


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:12:42.71 ID:8J8/T0s80


( &^^Ω)「嫌な事件だったね、って、やっぱりあれは本当に…?」

(´・ω・`) 「さあ。分からない。ぼくも噂にきいただけだ。
よくいるだろう、噂を確かめに現地に赴く人が。君もそのひとりじゃないかと思ったんだが」

( &^^Ω)「ぼ、ぼくは…ていうか、おじさんこそ、そうなんじゃないですかお」
(´・ω・`) 「いや、違うよ。ぼくはショボン、フリーのカメラマンさ。村人じゃないという点ではそうだが」
がっしりとした一眼レフをあげてしめす。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:13:45.49 ID:8J8/T0s80


( &^^Ω)「そうですかお、失礼しましたお」

从'ー'从「ブーンくーん!」
(´・ω・`) 「連れがいたのか。それじゃ、失礼するよ、ブーンくん?」
ぼくのほうをみてにこりと笑うと、夕焼けを背にしょって去っていった。

从'ー'从「?いまの、もしかしてショボンさん?」
( &^^Ω)「え、なんで知ってるんだお」
从'ー'从「カメラマンさんでしょ~3日くらい前からここにいるんだよ~」
( &^^Ω)「ふーん…」

なんとなく、感じのよくない人だな。
慣れなれしいというか、あまり好きになれないタイプの人間だ。
ふりかえると、もうそこに彼の姿はなかった。

( &^^Ω)「…あのさ、ちょっと聞いてもいいかお?」
从'ー'从「いいよ~」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:15:41.92 ID:8J8/T0s80


( &^^Ω)「雛見蛇三十三人殺し、って知ってるかお…?」

彼女の頬の筋肉がぴんと張り詰めた気がした。


从'ー'从「…さあ。知らない。」


――それははっきりとした拒絶。

( &^^Ω)「そ、そうかお。変なこと訊いてすまなかったお」

そのときぼくが感じたのは、まぎれもなく恐怖だった。
彼女の笑顔が急にニセモノのように思えて、胸がざわめいて、鼓動が早くなった。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:16:40.72 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「ううん、いいよ~」

次に彼女が作った笑顔は、やわらかで優しい、本物の笑顔だった。
いつもの渡辺さんだ。
ほっとする。
やっぱり、失礼だったのだろうか。
いや。それだけじゃない。
もしかしたら、あの噂は本当に…


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:17:21.50 ID:8J8/T0s80


玄関の前で、彼女がポケットをさぐる。
今度はちゃんと見つかったらしい。

从'ー'从「ただいまぁ~」
伸ばした声に、返答はない。
がらんとした廊下。昼とはちがって、寂々としている。

从'ー'从「夕食の準備してくるね~ブーンくんはくつろいでていいよ~」
( &^^Ω)「いや、ぼくも手伝うお」
从'ー'从「そ~?じゃ、お願いしようかなあ」

キッチンに立つのなんてほとんど初めてだ。
だけど、お世話になるんだからこれくらいしなくてならない。
それにしても彼女の包丁さばきは、素人目にみても危なっかしいことこの上ない。
いつもこんな感じなのだろうか。


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:18:02.48 ID:8J8/T0s80


やがて出来上がった料理は、五人前。
あとのふたつにはラップをかけているところをみると、ご両親のぶんなのだろう。
何も言わずにそうしているということは、きっといつもこうなのだ。
いつもひとりで夕食を作って、ひとりきりで食べているのだ。

从'ー'从「いただきま~すっ」
( &^^Ω)「いただきまーーす、だお!」

声を張り上げて言ってやる。
彼女がびっくりしたようにぼくを見て、そして嬉しそうに笑った。
ついさっきの、凍ったような冷たい笑顔なんて忘れてしまうくらい、温かい笑み。
やっぱりあれは見間違いだったのかもしれない。

そんなことより、今日は彼女をできるだけ楽しませてやりたい。
思いつく限りの冗談を言ったり、彼女の話を聞いたり、その夜は食卓に話し声が絶えなかった。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:18:57.65 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「それじゃおやすみ、ブーンくん」
( ^ω^)「おやすみだお」

客用だという和室にふとんを敷いてもらい、そこに横になる。
今日はほんとうにいろんなことがあった1日だったな。
ツン、しぃ、クー、そして渡辺さん。
すごく賑やかで、すごく温かいひとたちだ。
あの不気味な噂なんて似合わないくらい。

“嫌な事件だったね…”

ショボンさんの言葉が脳裏をよぎった。
三十三人殺し。血の海。
ぶるっと身震いする。

( ^ω^)「こわいこと思い出しちゃったお。ねむれないお」
ふとんの中にもぐりこみ、ぎゅっと目を閉じる。
そうしているうちに、いつの間にか眠りに落ちていた。


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:19:38.27 ID:8J8/T0s80


みのむし ぶらりんしゃん
みのむし ぶらりんしゃん……


どこか、遠いところが歌声がする。
ぼんやりとしているが、不思議と耳にすうっと入ってくる。
ささやくように、やわらかに。


みのむし ぶらりんしゃん…



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:20:19.05 ID:8J8/T0s80



八月十八日

二度目のサイレンが哭く


( ^ω^)「おっ?」
視界に飛び込んできたのは、見慣れない天井。
そして朝の光。
そうか、きのうからここに泊めてもらっているんだった。

从'ー'从「おはよう~や、おそようかな。もう11時だよ~」
( ^ω^)「え!そんなに寝てたかお、すまないお。ん、いい匂いだお」
从'ー'从「お昼ごはんできるよ~」

テーブルの上には、ふんわりとしたオムライスと、サラダ。
立派な昼ごはんだ。
朝ご飯を逃したのが悔やまれる。
それから、ラップのかかったふたりぶんの料理。
…帰ってこなかったんだ。


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:21:40.34 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「いただきますお」
少々しょっぱい気もするオムライスを口に運び、みずみずしいサラダにフォークをのばす。

从'ー'从「あ、ドレッシング…あれれ~…?ドレッシングがないよ~?」
冷蔵庫をばたばた開け閉めしながら、渡辺さんが嘆く。

( ^ω^)「ドレッシングがなくてもおいしいお。自然の味がするお」
从'ー'从「ご、ごめんね…」
( ^ω^)「いいんだお」


从'ー'从「そういえばね、今日は蟲流し祭の日なんだよ~」
( ^ω^)「むしながし?」
从'ー'从「そう。けっこう大きなお祭りでね、屋台もいっぱいでるんだよお」
( ^ω^)「それは楽しそうだお」
从'ー'从「ブーンくんも一緒にいこうね~?」
( ^ω^)「もちろんだお」

お祭りの日に来れたなんて、運がいい。
それにしても、蟲流しとは変わった名前の祭だ。
ムシって、やっぱりあの虫なんだろうか。

その時、電話がけたたましく鳴った。
あわてて渡辺さんが席を立つ。


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:22:21.68 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「えっ?うん、分かった~」

ずいぶんにこにこしている。
がちゃりと受話器をおいたのち、くるりとこちらを振り向いて言った。

从'ー'从「今から部活だって~!」

( ^ω^)「お?部活?いまは夏休みなんじゃないのかお?」
从'ー'从「夏休みにだって部活はあるよ~でも、こんな唐突にやるなんて、
みんなブーンくんのこと気に入ったんだね~?」
(;^ω^)「な、なんか身の危険を感じるおw」
从'ー'从「学校でやるみたいだから、はやく行かないとね~!」

からになったお皿を洗い、身支度を整える。
きのう洗濯した服を身に付ける。柔軟剤のいいにおいがした。


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:23:06.95 ID:8J8/T0s80


ξ ゚⊿゚)ξ「おっそーい!」
川 ゚ -゚)「よっぽどバツゲームを受けたいようだな」
(゚ー゚*)「こんにちはです、ふたりとも」

(;^ω^)「おおw勢ぞろいだおw」
从'ー'从「遅れてごめんね~」

ツンがトランプをしゃかしゃか切りながら、はやく座りなさいよ、と目で合図した。
ξ ゚⊿゚)ξ「んじゃ、まずは大貧民ね!10回勝負、いちばん多く大貧民だった奴がバツゲーム!」
( ^ω^)「おっ、大貧民は得意だお。絶対勝つおw」
(゚ー゚*)「勝たせないですよー」

配られたてふだは、なかなかのものだった。
2が一枚、エースが二枚、ジョーカーが…あれ?
トランペットのようなものをふいているピエロの絵柄の下に、マジックで落書きがあった。

“ドクオのばーか!”

ドクオ?はじめて聞く名前だ。
この四人のほかにも部員がいるのだろうか。


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:24:30.67 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「なあ、ドクオってだれだお?」

从'ー'从「え…?」
空気が、一瞬変わる。
みんながいっせいにぼくのほうを見た。

ξ ゚⊿゚)ξ「…ドクオは元部員よ」
( ^ω^)「元?やめちゃったのかお?」

(*゚ー゚)「転校。したんですよ」

( ^ω^)「ふーん…」
どこか、ひっかかるものがあった。
奇妙な違和感。
だが、ツンの明るい声にふたたび場の空気が戻る。

ξ ゚⊿゚)ξ「もーいいから、ほらダイヤの3は誰よ?」
渡辺さんがあわてながらカードを出す。

ぼくはしばらくジョーカーをながめていた。
すこし丸みをおびた、「ばーか!」の文字には愛情が感じられた。
それなのに、なぜあんな冷たい空気になったのだろう。

ドクオ。彼はほんとうに、転校したのだろうか。


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:25:16.91 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「八切りで、2。やったあ、あがり~」
(;^ω^)「ちょwwまた大貧民かおwwwどういうことだおww」
川 ゚ -゚)「お前、得意とか言ってなかったか?」
(;^ω^)「こ、これはなにかの陰謀に違いないお!」
ξ ゚⊿゚)ξ「部活をなめないでよー?素人とはレベルが違うんだからね!」

(*゚ー゚)「…というわけで、ブーンの負け、ですよ」
ξ ゚⊿゚)ξ「敗者には、コスプレをしてもらいまーす!」
じゃーん!と言って取り出したのは、ふりふりのメイド服と、猫耳と鈴。

(#^ω^)「おいwなんだそれはw」
从'ー'从「えへへ、かわいいでしょ~」
(*゚ー゚)「ブーンが着たら、もっとかわいいと思うですよ」
ξ ゚⊿゚)ξ「バツゲームは絶対、だからね!」
(#^ω^)「おまえらいつかボコボコにしてやるおw」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:25:56.90 ID:8J8/T0s80


生まれて初めて着るメイド服。ああ、股がすーすーする。
首につけた鈴がちりん、と鳴る。

(#^ω^)「ご、ごしゅじんさま、どうですかお…」
ふりむくと、一列に並んだ四人がいっせいに笑い出した。
ξ ゚⊿゚)ξ「ひゃー、可愛いわよ、ブーン!クー、カメラカメラ!」
川 ゚ -゚)「準備済みだ」
ぱしゃ、とフラッシュがたかれる。
(*゚ー゚)「かわいいですよ、ブーン」
从'ー'从「猫耳かわいい~!」
(#^ω^)「く、屈辱だお…」

ξ ゚⊿゚)ξ「部活中はずっとそれ着てるのよ!さて、次は七並べね!」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:28:43.21 ID:8J8/T0s80


それから教室には笑い声が絶えなかった。
こんなに笑ったのは何年ぶりだろう。
きのう来たばかりだというのに、ずっと前から知っていたような、そんな感覚。
気になることもたくさんあるけど、ここは心地が良い。
帰りたくないなあ、少しだけそう思う。

(*゚ー゚)「ごめんなさいです、そろそろ時間なのですよ」
しぃちゃんが申し訳なさそうにボードゲームのこまを置いた。

ξ ゚⊿゚)ξ「あ、そっか。しぃ、頑張るのよ」
川 ゚ -゚)「私たちもあとから行くからな」
从'ー'从「いってらっしゃーい」

( ^ω^)「ん?どうしたんだお?」
川 ゚ -゚)「ああ、今日は蟲流しだということは知っているか?
しぃは、その祭で重要な役をつとめるんだ。だから先にいって準備をする」

( ^ω^)「へえ~しぃちゃんすごいお」
ξ ゚⊿゚)ξ「あたしたちもあともうひと勝負したら行くわよー」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:29:23.71 ID:8J8/T0s80


教室を出たとき、あたりはもう薄暗かった。
まだ6時だというのに。日が短くなっている。夏ももう終わりなんだ。
遠くから、太鼓の音がする。

ξ ゚⊿゚)ξ「おー、やってるわね」
しばらく行くと、やわらかい明かりと屋台が見えてきた。

( ^ω^)「うわーお祭りなんて、久々に来たお。わくてかするお」
祭の雰囲気はむかしから好きだった。
不思議と気分が高揚する。


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:31:04.50 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「やあ、こんばんは」
カメラを片手にショボンさんがやって来た。

ξ ゚⊿゚)ξ「こんばんは」
从'ー'从「こんばんは~」
(´・ω・`) 「きょうは祭りの日なんだね。運がいいな」
ξ ゚⊿゚)ξ「ええ、蟲流しっていうんですよ」
(´・ω・`) 「蟲流しか。不思議な名前だね。ところで、写真を撮られるのは嫌かな?」
( ^ω^)「べつに嫌じゃないですお」
ξ ゚⊿゚)ξ「うん、あたしも」
从'ー'从「私も~」
川 ゚ -゚)「まあ、嫌じゃない」
(´・ω・`) 「そうか、よかった。記念に、一枚どうだい?」
いいわね、というツンの声に、ショボンさんはカメラを構える。


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:31:45.16 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「撮るよー、はいちーず」

掛け声とともにフラッシュが光った。
そうか、写真か。この楽しい思い出を、ぼくも写真に残しておきたい。

( ^ω^)「あの、ぼくのデジカメでも撮っていただけませんかお」
ポケットから出したデジカメを、おずおずとショボンさんに差し出す。
(´・ω・`) 「ああ、いいとも」

にっこりと笑ってカメラを受け取ってくれた。
人懐っこい笑みを浮かべる人だ。
なかなかいいひとなのかもしれない。

ピッ、という機械音がして、フラッシュが光った。
川 ゚ -゚)「うう、いま目をつむってしまったかもしれない」
( ^ω^)「ふひひ、クーらしくていいお」

思い出をひとつ、残すことができた。
ひと夏の思い出を。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:33:26.43 ID:8J8/T0s80


ξ ゚⊿゚)ξ「あ、そろそろ始まるわよ」
( ^ω^)「何がだお?」
川 ゚ -゚)「この祭のメインだ。しぃが活躍するぞ」

屋台の並んだ通路を抜けて、開けた場所へ移動する。
もうすでにたくさんの人が集まっていた。
その中心には、巫女の格好をしたしぃちゃんがいる。

(´・ω・`) 「おお、雰囲気がでるね」
从'ー'从「しぃちゃんかわいいね~」

しぃちゃんの隣には、木箱に山積みにされた何かがあった。
あれはなんだろう。ラグビーボール?
よくみると、しぃちゃんの足元にも同じようなものがひとつ置いてあった。


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:36:25.28 ID:8J8/T0s80


ドーン!

一際大きく太鼓が鳴る。
どうやら始まりの合図のようだ。
しぃちゃんの顔が引き締まる。
キラリ、と何かが光った。
小さな刀だ。しぃちゃんが鞘から刀を抜いたのだ。
もういちど太鼓が鳴る。
それを構え、ゆっくりと舞を舞う。
裾がふわりを広がる。しなやかな動きだった。

やがて彼女は、刀をそのラグビーボールらしきものにむけて振り下ろした。
それはすぱっと真っ二つに割れ、あたりから拍手が響いた。


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:37:37.22 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「今のはなんだお?」
ξ ゚⊿゚)ξ「開会式みたいなもんよ。これから、ミノムシをみんなで食べるの」
(´・ω・`) 「ミノムシ…?」

川 ゚ -゚)「ああ。さっきしぃが切ったあれだ。
木に生っている様子がみの虫のようだからそう呼ばれる。
あれをみんなで食べて、残った殻を川に流す。それが蟲流しだ」

从'ー'从「これから実る作物に虫がつかないように、っていう意味があるんだよ~」
( ^ω^)「なるほど」

まわりを見ると、しぃちゃんと同じく巫女の格好をした人たちがミノムシを配っている。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:38:59.75 ID:8J8/T0s80


(*゚ー゚)「みなさん、こんばんはです」

ξ ゚⊿゚)ξ「しぃ!かっこよかったわよー」
川 ゚ -゚)「お疲れ、しぃ」
(*゚ー゚)「ありがとうです。はい、これ、みなさんのぶんですよ」

そういって差し出したのは、すでに半分に割られた5人分のミノムシ。
殻は黄色くてかたい。
中には赤い果肉がぎっしりとつまっていた。
一見したところあけびのようでもある。

しかし、初めてみる食べ物だ。
隣でツンとクー、渡辺さんが果肉を指ですくいながら食べている。
おそるおそる口元に近づけてみる。
う、と思わずミノムシを遠ざけた。

ひどく生臭いのだ。

まるでこれは――血の臭い。

よく見れば、果肉はてらてらと光っており、まるでなにかの臓物のような…


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:39:50.90 ID:8J8/T0s80


ドーン!

突然太鼓が鳴った。
内臓にずしりと響く。

みのむし ぶらりんしゃん
うまい うまい と 喰ろて ござる
みのむし 喰ろて 笑ろうて ござる
いついつ たまが でるじゃろか
みのむし ほしい
たまこが ほしい
とこのよ 生えてた みのむしよ
みのむし ぶらりんしゃん
みのむし ぶらりんしゃん……

太鼓がリズミカルに鳴り、それにあわせてみんなが歌をうたいだした。

この歌――どこかで聞いたような。

段々とみんなも口ずさみ始める。


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:40:36.44 ID:8J8/T0s80


みのむし ぶらりんしゃん
みのむし ぶらりんしゃん…

( ^ω^)「ねえ、この歌はなんだお?」
从'ー'从「わらべ唄だよ~お祭りでは絶対歌われるの~」
もぐもぐさせながら渡辺さんが言う。

(´・ω・`) 「ふーん、なかなか覚えやすい歌だね。
それでにしてもこれ、初めて食べたけど、すごくおいしいな」
ξ ゚⊿゚)ξ「ブーンまだ食べてないの?早く食べなさいよ」
从'ー'从「おいしいよ~」

(;^ω^)「た、食べるお…」
まわりにせかされて、ぼくは仕方なく果肉をすくいあげる。


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:41:17.14 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「……?」

サイレンだ。突然、サイレンが鳴り響いた。

昨日聞いたのと同じ、あの音。
しかし、みんなはまったく反応をしめさない。
唯一、ショボンさんだけがきょとんとして空を見上げていた。

(´・ω・`) 「警報、かな?なんだろうね」
ξ ゚⊿゚)ξ「?どうしたのよふたりとも」
( ^ω^)「警報が鳴ってるお。大丈夫なのかお?」

川 ゚ -゚)「え?…ああ、これは風の音だな」
風の音。そういえば、ここに来たときも渡辺さんがそう言っていた。
高い山に囲まれているから、風が響くのだ、と。

そのときは納得したけれど。


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:42:22.49 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「風か。そう聞こえなくもないな」

――ちがう。風じゃない。

なぜだか分からないけれど、ぼくは確かにそう感じた。
冷や汗が流れる。
脳から、耳から、血液をあわだたせ、皮膚の内側を、内臓を、それは駆け巡る。

ひどい恐怖に襲われて、ぼくはいてもたってもいられなくなった。

(;^ω^)「すまん、ちょっとトイレに行ってくるお」
川 ゚ -゚)「トイレなんて近くにはないぞ」
(;^ω^)「なら立ちションでいいお!漏れそうなんだお!」
(´・ω・`) 「はは、ひどい汗だな。よっぽど我慢してたのか」

ショボンさんがなにか言っているが、それを聞くより早くぼくは駆け出していた。



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:43:02.99 ID:8J8/T0s80


暗い闇の中をひたはしる。
風が頬を切る。
祭の明かりが遠くなっていく。

(;^ω^)「うおっ!」

何か硬いものに蹴躓いて、走る足は止まってしまう。
どん、とにぶい音だしたので、石か何かだろう。

( ^ω^)「いってーお…」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:43:44.47 ID:8J8/T0s80


気づけば、警報は止んでいた。

( ^ω^)「はあはあ。一体、なんなんだお…」

違和感を感じた右手をふと見ると、しっかりとミノムシを握っていた。
ぬめりと光る赤い肉。
生臭さを思い出して吐き気がした。
いまもなまぬるい空気にのせて少し漂ってくる。
みんなには悪いけれど、ぼくはそれを遠くへ放りなげた。
音もなく、ミノムシは闇へと吸い込まれる。

( ^ω^)「あんなものがおいしいだなんて、みんなおかしいお」

それにしても、とあたりを見渡す。
無我夢中で駆けてきてしまったけれど、一体ここはどこだろう。
夜の闇と、虫の声があたりを支配していた。

ぼんやりと見えるのは、どこまでも続いていそうな棚田と、それから――


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:44:45.28 ID:8J8/T0s80


( ^ω^)「ん?」

月灯りに照らされた、上へと続く白い石段。
石段をのぼりきったところにあったのは、社のような、立派な建物だった。
大きな木製の扉がどんとかまえている。
そしてその扉は、まるでぼくの好奇心を刺激するように、ほんの少しだけ開いていた。

( ^ω^)「……」
( ^ω^)「……ちょっとだけだお」

すきまに手をかける。
木のささくれが指をさした。


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:45:26.12 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「誰かいるのかい?」

(;^ω^)「うおおお!すいませんお、別になにもしてませんお」
背後からかけられた声に、思わず肩がびくりと震えた。

(´・ω・`) 「ああ、ブーンくんか。何してるんだい、こんなところで」
( ^ω^)「ショ、ショボンさんかお…びっくりしたお」
(´・ω・`) 「それよりブーンくんは祭具殿なんかに用なのかい?」
( ^ω^)「い、いえ、とくにないですお…」

(´・ω・`) 「そうか。なら、ぼくと一緒にこの中を探検してみないか?」
( ^ω^)「え!な、探検って…」
ショボンさんはカメラを持ち上げながらにやりと笑った。

(´・ω・`) 「いやあ、村長さんから聞いたんだけどね、
      この祭具殿にはとんでもないお宝が眠っているらしいんだ。
      ぜひともカメラにおさめておこうと思ってね。ブーンくんも興味あるだろう?」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:46:06.53 ID:8J8/T0s80


とんでもないお宝。祭具殿。
すこしだけ、ぼくの心は躍った。

( ^ω^)「ちょっとだけ、なら」
そうかと満足げにうなずくと、ショボンさんは扉をあけて中に入っていった。
あたりを見回してから、ぼくも続いて中に入る。

中はひどくほこりっぽくて、かび臭かった。
天井は高く、声が反響する。

ショボンさんが懐中電灯であたりを照らした。
ぼんやりと浮かびあがってきたのは、黄金の像。
ぼくたちは思わず感嘆の声をもらした。

それは巨大な木の像だった。

がっしりとした太い幹、四方にすらりと伸びた枝。
生い茂った葉は風に揺れているように優雅だ。

それから、枝にぶらさがった――実の数々。


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:46:52.75 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「すごい。これ、きっとミノムシの木だな」

フラッシュがたかれ、思わず目を閉じる。
(´・ω・`) 「こうして巨大な像まで作って崇めるってことは、村人たちにとっては、神様みたいな木なんだろうね」
( ^ω^)「なるほど…」

あのまずそうな実をつける木が、神様か。

(´・ω・`) 「でもこれがお宝か。確かにすごいけど、ちょっと想像してたものと違ったな」
( ^ω^)「想像してたのって、どんなのですお」
(´・ω・`) 「うーん、村長さんが決して入るなっていうくらいだから、もっと不気味な、例えば昔の拷問器具とかね」
拷問器具?

たしかにそれは少し興味があるけれど、それよりも、その前の言葉だ。


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:47:44.85 ID:8J8/T0s80


(;;^ω^)「えwwwww入るなって言われたんですかおwww」
(´・ω・`) 「ああ、言われた。そう言われたら入ってみたくなるだろう」

(;^ω^)「わ、分からなくもないですけど、でもマズイですお、早く出ましょうお!」
(´・ω・`) 「なにを言っているんだ。せっかく鍵を開ける必要なく入れたんだから、もう少し探ろう」

彼はまるで気に留めずに、懐中電灯をゆるゆると動かした。
明かりが、木の根元を照らす。

(´・ω・`) 「ん?なにかあるぞ」
しゃがみこみ、明かりを近づける。

そこにあったのは、繊細な細工の施された台。
その上に、小さな麻のふくろが置かれていた。

ショボンさんはそれを手にとり、じっくりと見る。


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:48:25.77 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「ミノムシって書いてある」

覗き込むと、確かに【ミノムシ】と書かれた紙が張ってある。

( ^ω^)「なんですかお?」
(´・ω・`) 「うーん…あ、種だ。種がたくさん入ってる」
ショボンさんの手のひらにあふれたのは、小さな丸い種だった。
(´・ω・`) 「これってミノムシの種だよね。ちょっと持って帰ろう」
( ^ω^)「ええwwマズイですってw」
(´・ω・`) 「少しくらい、大丈夫だろう。あれすごくおいしかったからね、自分でも植えてみようと思うんだ」

そうだろうか。
食べていないぼくには分からないが、とてもおいしいものとは思えなかった。
ショボンさんは5、6粒手にとって、ポケットにしまった。


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:49:06.47 ID:8J8/T0s80


(´・ω・`) 「こんなものか。たいして面白いものはなかったな」

そうですね、ともういちどあたりを見回したとき、奥のほうでなにか光るものがあった。
懐中電灯の光に反射して、きらり、と一瞬。

( ^ω^)「奥のほうになにかあるみたいですお」
(´・ω・`) 「なんだろう」


( ^ω^)「…これ……」

幹の後ろ側からほんの少しだけ刃が覗いている。
それが光っていたのだ。
裏側へまわり、明かりをあてる。
それは、裸のまま床に放りだされていた。
まるでしまい忘れたガラクタのように。


(´・ω・`) 「日本刀、だ」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:49:47.01 ID:8J8/T0s80


日本刀。

そう聞いてぼくが連想したのは、もちろんあの噂だった。
三十三人もの血を吸った凶器。
発狂した若者が握り締めていたものは。

( ^ω^)「…もしかしてこれで滅多切りにしたのかもしれないお?」
冗談で言ったつもりだったが、ショボンさんは笑っていなかった。
(´・ω・`) 「ああ、…そうかもね」
( ^ω^)「や、やだお、ジョークですお。本気にしないてくださいお」


(´・ω・`) 「――血の、臭いがするんだ。」


どくん、と心臓が強く脈打った。
三十三人の血。
剣先が舞うように風を切る。
ほとばしる血。
悲鳴。
ひぐらしの、鳴声。

――サイレン。

( ^ω^)「(……!)」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:50:27.75 ID:8J8/T0s80


ぼくは一体、何を考えていたんだ。
なんてリアルで、なまなましい想像――

(´・ω・`) 「…なんてな。ごめん、冗談だ」

(;^ω^)「うえっwwwやめてくださいおwwショボンさんの顔が怖いから真に受けましたおw」
(´・ω・`) 「すまない。血の臭いは冗談だが、でももしかすると本当に…」

村長が隠しているのは。
村人を虐殺した呪われた武器だったとしたら。

しゃれにならない。
がたがた震えるぼくの横で、あろうことかショボンさんはシャッターを切っていた。

( ^ω^)「の、呪われるお!」
(´・ω・`) 「呪いが怖くてカメラマンやってられるか」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:51:24.34 ID:8J8/T0s80


それからぼくたちは祭具殿を出て、祭の会場へ戻った。
ぼくはさっきあれだけ遠くへ走った気がしたが、実はちょうど祭会場の裏側にいたようだ。

ξ ゚⊿゚)ξ「ブーン!もー、どこにいたのよ!探したんだからね!」
川 ゚ -゚)「トイレにしちゃ遅すぎるぞ」
( ^ω^)「すまないお。ちょっと迷子になってしまったんだお」
(*゚ー゚)「もう祭も終わりなのですよ」
川 ゚ -゚)「では、解散だな」

みんなが頷きかけたとき、ショボンさんが思い出したように口を開いた。
(´・ω・`) 「そうだ、みんなに挨拶しておかないと」

从'ー'从「え、なんの~?」
(´・ω・`) 「実は、仕事の都合で、明日の朝はやくここを発つんだ。だから今日が最後だ」
ξ ゚⊿゚)ξ「…明日、村を出るの?……そう、残念だわ、また近々来てくださいね?」
(*゚ー゚)「今度はどこに行くんですか?」
(´・ω・`) 「ああ、小さな島だよ。たしか三日月島とかいったかな」

川 ゚ -゚)「そうか、…気をつけて」
从'ー'从「…気を、つけてね~」
( ^ω^)「さよならだお。また会えるといいお」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:52:46.10 ID:8J8/T0s80


ぞろぞろと家路をたどる人の列の中に、ぼくと渡辺さんもまじる。

从'ー'从「お祭どうだった~?楽しかったかなあ?」
( ^ω^)「うん、すごく楽しかったお。久しぶりだったからテンションあがったお」
从'ー'从「そっかあ、よかった~」

そういって渡辺さんは笑った。
ミノムシを食べなかったり、祭具殿に忍び込んだりしたのは申し訳なかったけど、
楽しかったのは事実だ。

漆黒の空には星が瞬いていた。
ああ、こうして星をみるのもずいぶんと久しいな。
気がつけば、まわりに人はほとんどいなくなっていた。
渡辺さんの家も近い。


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/08(金) 22:53:31.43 ID:8J8/T0s80


从'ー'从「…ねえ、ブーンくん」
( ^ω^)「ん?なんだお?」


从'ー'从「ミノムシ、おいしかった~?」


どきりとする。冷や汗が背筋を伝った。

(;^ω^)「え…あ、ああ、おいしかったお」
从゜ー゜从「ほんと?おいしかった?」

もちろん、と言いかけた言葉は、咽喉の奥に引っ込んでいった。

彼女の目が、まっすぐにぼくを見ていた。

射るように。刺すように。
それでも口元はにこりとあがったまま。


从゜ー゜从「ねえ。」


彼女のこの表情を、前にも見た。
凍るような笑み。

ああ早くなにか言わなくては。
早く。早く。




最終スレはこちら

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/29-6036e2fe





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。