スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)男は可愛く美しくのようです 御意見箱・質疑応答 (閲覧注意)

230 :名も無きAAのようです:2011/11/17(木) 18:54:12 ID:Mi/SxON.O
【御意見箱設置のお知らせ】


ミセ*゚ー゚)リ「はーい、みんなの心の恋人ミセリンだよー!」

(゚、゚トソン「今回はのっけからテンションを上げるような仕事でもないだろうに」

ミセ*^ー^)リ「トソトソはこんなこといってるけど、本当はみんなのことが大好きだから安心してね!」

(゚、゚トソン「妄言も大概にしなよ。まあいい、ボクはボクの役目を果たすだけだ」

(゚、゚トソン「今回キミ達にわざわざ集まってもらった理由だが、生徒会が御意見箱を設置したことを伝えておこうと思ってね」

ミセ*゚ー゚)リ「御意見箱には>>229君みたいに、このキャラをもっと見たいだとか」

(゚、゚トソン「こんなシチュエーションが見たいだとかの、要望を入れてくれたら極力善処しようというものだ」

ミセ*゚ー゚)リ「季節的にできないシチュエーションでも、本来の時系列とは別に書くから大丈夫だよ」

(゚、゚トソン「ただお題募集等とは違って、絶対にその話を書くというわけではないので留意してほしい」

ミセ*゚ー゚)リ「せっかく投函してくれたのに、かなえてあげられない場合もあるの。ごめんね」



231 :名も無きAAのようです:2011/11/17(木) 18:57:12 ID:Mi/SxON.O
(゚、゚トソン「投函する要望の内容だけど、例えば――」


o川*゚ー゚)o「キュートちゃんが異世界に召喚されて、英雄王になっていくファンタジー戦記とか☆」

ζ(^ー^*ζ「私がある日超絶モテ期に入って、学園でハーレムを作っていく話とか!」

川д川「ちょっとエッチなバトルコメディー、退魔師貞子ちゃん! 日曜の朝九時絶賛放送中!」

ミセ*゚∀゚)リ「普段はぶっきらぼうなトソトソだけど、ベッドの上では甘えん坊……? ミセトソの18歳未満は見ちゃダメな話」

lw´‐ _‐ノv「実はこの学園で起きた今までの話は、全て私が書いた小説だったのさ」


(゚、゚トソン「というのが来たら基本却下だ」


o川;゚ー゚)o川; д川ミセ;゚ー゚)リ「「えええええええええぇぇぇっ!?」」ζ(゚ー゚;ζ


ミセ*゚ー゚)リ「でも、検閲するのがあの生徒会長なら、私のミセトソ18禁とか通りそうな気がするんだよね」

(゚、゚;トソン「そんな話を通して誰が得をするのさ!」




ξ////)ξ「>>229、べ、別に嬉しいなんて……思ってないんだからねっ!」



229名も無きAAのようです:2011/11/17(木) 00:58:56 ID:ne/ne7vQO
ブーンっていうか、ツンの出番を増やしてくれよぉぉぉぉ!!





以下、目安箱で要望のあった

ミセ*゚∀゚)リ「普段はぶっきらぼうなトソトソだけど、ベッドの上では甘えん坊……? ミセトソの18歳未満は見ちゃダメな話」



242 :名も無きAAのようです:2011/11/22(火) 21:57:11 ID:1L60mNJ.O
【夢の続きは月にさらわれました】


(-、-トソン「う、んぅ……」

トソンは薄ぼけた意識の中で寝苦しさを感じ、半眼になって周囲を見渡した。
室内は暗闇に包まれている、つまりまだ起床時間ではない。
ならばなんだ、と覚醒仕切らない頭のまま更に視線をさまよわせると、

ミセ*゚ー゚)リ

闇に目が慣れたのか、自分の上に乗っかっている人影が飛び込んだ。

(゚、゚トソン「なにをしているんだ、キミは」

相部屋の少女ミセリは、よくふざけて布団の中へ潜り込んで来る。
だからまたふざけているのかと思い、トソンは彼女を追い払おうとするが、どうにも様子がおかしい。

ミセ*゚ー゚)リ「トソン、私ね……シたくなっちゃった」

僅かに差す月明かりの中で、ミセリは瞳を爛々とさせ、トソンへとしなだれかかる。

(゚、゚;トソン「えっ、なっ!?」

あまりにも急な展開に、トソンは思考が上手くまとまらず、現状を把握できない。
そこへ追い討ちをかけるように、ミセリがトソンのパジャマのボタンを、唇の先で器用に一つ二つと解いて胸元をあらわにさせた。


243 :名も無きAAのようです:2011/11/22(火) 21:58:24 ID:1L60mNJ.O
ミセ*゚ー゚)リ「トソンって肌、綺麗だよねぇ」

(゚、-;トソン「ひゃっ……」

白くしなやかな指が、トソンの柔肌を優しくくすぐる。
夜這いって本当に有効なんだな、と思わず現実逃避してしまうほど一連の流れは艶やかだった。

ミセ*゚ー゚)リ「ほら、上着を自分で捲ってごらん」

(-、-トソン「そんな……」

ミセ*゚ー゚)リ「大丈夫、私とお月様しか見てないから」

いつもの明るい元気な声ではなく、甘ったるい艶を含んだ響き。
それにはまるで魔法がかかっているかのようで、耳元で囁かれるとトソンはなにも考えられないまま従ってしまう。

(-、-*トソン「はず、かしいよ……」

トソンはパジャマを捲り上げ、自ら薄い胸を露出させる。
だが羞恥心には勝てず、上着の裾を唇でくわえ、ひっそりと息づく胸の先端は両手で隠していた。

ミセ*゚ー゚)リ「綺麗だよ」

不安気にぎゅっと瞳をつぶるトソンを安心させるためなのか、ミセリはついばむようなキスを頬に繰り返し、綺麗だと官能的に囁く。

(-、-*トソン「ふあっ……んぅ……」

次第に唇は柔らかな頬から、肉付きの薄い首筋、繊細な鎖骨へと降りてくる。
素肌を何度も吸われ、暖かい舌の這い回る未知の刺激に、既にトソンは抵抗する気力を失っていた。


244 :名も無きAAのようです:2011/11/22(火) 21:59:54 ID:1L60mNJ.O
ミセ*゚ー゚)リ「はあい、おててはばんざいしようねぇ」

ミセリに導かれるまま、乳房を隠していた両掌を頭の上へと移動させる。
月下に晒される淡く薄桃に色付く突起は、つんっと上向きに硬化していた。

ミセ*゚ー゚)リ「ふふ、可愛いんだ」

ミセリは胸全体を包み込むように掌を添え、中指と薬指で   挟み  揉むと同時に   擦り   。

(////トソン「ゃん  はぅ… 」

ミセ*゚ー゚)リ「い よね?」

強引に    開脚   脚間に膝 割り込ま    



…………


ミセ*゚ー゚)リ「はっ、夢か! くう、惜しいところだった。最後らへんはもう少し鮮明に……!」

(゚、゚トソン「いつまで寝ているのさ。遅刻してもボクは知らないからね」

ミセ*゚∀゚)リ「リアルトソトソはっけーんっ!」

(゚、゚;トソン「うわあっ!? なんでキミは朝からそんなに元気なんだっ!!」



.



245 :名も無きAAのようです:2011/11/22(火) 22:02:52 ID:1L60mNJ.O
以上で一旦終了です
TOLOVEるダークネスが全年齢対象ならこれぐらいは大丈夫ですよね……?


ここから、質疑応答

238 :名も無きAAのようです:2011/11/19(土) 02:05:17 ID:eXDg9.cQO
>>299だけど、ツンちゃんにデレられて幸せ過ぎるwwwww

一般人から見て、この学園がどう見えんのかが気になる。女装師の学校って世間一般でも知られてんのかな?
後姉妹校とかないの?



239 :名も無きAAのようです:2011/11/19(土) 14:10:49 ID:BosE6ELMO
>>238
未来人ですね分かります

という冗談はさておき、>>67にもありますが女装師は世間一般には秘密の存在ですね
だからここに入学する生徒はツンみたいに親が女装師だったり
クーみたいに女装が代々の仕事に関係する人が多いです

ちなみに世間一般からは共学校だと思われています
だから女装制服で学校を特定できても男子校だとは思われていません

フォックスの辺りでも触れていますが学歴としてはかなり低い私立で
立地も特別良くなく全寮制で学費も異様に高い
だから普通の受験者はほぼいないですね
でも中には極少数ですがハインのように一般からたどり着く人もいます

姉妹校等は存在しないです
全国から生徒が集まっており、長期休暇は遠いところまで帰省する生徒がたくさんいます
だから>>98でハインは電車で一時間なら家は近いという発言をしました

なぜ女装師が秘密なのかはきっと本編中で多分語る機会が恐らくあるかと
うん、改めて私は裏設定大好き人間なんだなと自覚しますた



中の人補足
>>67 → オープンキャンパス
>>98 → 八月【幼馴染みからのプレゼント】

67 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2011/10/09(日) 23:35:18 ID:VwfIGQ1IO [3/19]
ξ゚⊿゚)ξ「さて、まずはこの学園の立地や施設について説明しましょうか」

川 ゚ -゚)「皆はすでに体感したことだからわかると思うが、ここは都心から少し外れていて微妙に田舎だ」

ξ゚⊿゚)ξ「立地がよくない。これはそもそも、女装師というのが秘密の存在だからね」

川 ゚ -゚)「あまり都心に居を構えると他人の目も増え、ふとした拍子に露見する恐れもある」

ξ゚⊿゚)ξ「というわけで微妙に田舎なのよ。といっても寂れてるわけじゃないし、駅前までいけば買物や娯楽施設には困らないわ」

川 ゚ -゚)「なぜ女装師が秘密の存在なのかは、入学後女装師の歴史として習うことになるだろう」

ξ゚⊿゚)ξ「敷地面積については、少し大きい大学ぐらいじゃないかしら」

川 ゚ -゚)「女装関連の特別棟、全寮制、部活動が存在しない、など高校にしては特殊な環境だが、体感では特別広くも狭くも感じないな」


98 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2011/10/10(月) 20:33:33 ID:E288Tg7UO [11/38]
【幼馴染みからのプレゼント】


从 ゚∀从「あー、うー、だー、むー……はにゃはにゃっ!」

川 ゚ -゚)「どうした、暑さのあまりバグったか」

从 ゚∀从「いえ、なんというか、夏休みなのに暇を持て余してるという、悲しい現状をなんとか打破できないかと」

川 ゚ -゚)「ハインは他の者のように実家には帰省しないのか?」

从 ゚∀从「それが、実は俺の家って都心の方なんすよ。電車で一時間ぐらいで帰れるんで、ちょくちょく顔出してるんですよね」



目安箱に関するやりとりを大幅に省略させていただきました。詳しく知りたい人は元スレをご覧下さい(ブログの中の人)
元スレ:( ^ω^)男は可愛く美しくのようです(リンク先( ^ω^) ブーン系創作板のようです

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/258-b0dbc8b0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。