スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)男は可愛く美しくのようです 五月

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:20:37.62 ID:39E9rPMxO
川 ゚ -゚)「駅前にパフェの専門店ができたらしいぞ」

ξ*゚⊿゚)ξ「ホント? 今日の放課後に早速よりましょうよ」

川 ゚ ー゚)「フフ、相変わらずツンは甘いものが好きだな」

ξ゚⊿゚)ξ「だって美味しいんだもの」

川 ゚ -゚)「ダイエット中ではなかったのか?」

ξ゚⊿゚)ξ「いいのいいの。そろそろブラを買い換えたいから、一時的に痩せ過ぎてもサイズが困るし」


( ゚∀゚)「……すげえな」

( ・∀・)「……うん」

( ゚∀゚)「来年になったら、俺達もあんなふうになるのかな」


川 ゚ ー゚)「おっ、少し成長したんじゃないか?」

ξ////)ξ「キャッ、もうやめなさいよ、クーってば!」


( ・∀・)「どうだろう。僕は自信ない、かな」

( ゚∀゚)「奇遇だな、俺もだ」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:23:12.63 ID:39E9rPMxO
――女装。
それは古来より、様々な国で行われてきた人間の本能の一種。
日本では太古の時代、神話の英雄ヤマトタケルも、少年の時分に女装をしたとされる。

そして現代の日本に、それを極めし者達がいた。
彼等の名は、女装師。
その艶やかで鮮やかな女装術は、芸術にもたとえられる。

これは、そんな一流の女装師を目指す、可憐な少年達の可愛く美しい物語である。


( ^ω^)男は可愛く美しくのようです





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:27:10.52 ID:39E9rPMxO
( ゚∀゚)「なんか俺達が出られそうなコンテストあるか?」

( ・∀・)「そうだね。学年制限なしで一番近いのは、コンビで出場のベストパートナーコンテストかな」

( ゚∀゚)「おっ、それいいじゃん。二人で出ようぜ」

( ・∀・)「でも全学年可だと、上級生とも競わないといけないんだよね」

( ゚∀゚)「そりゃあ少し厳しいか。だって上級生のコンビっていうと……」


ξ*゚⊿゚)ξ「キャッキャッ」

川*゚ -゚)「フフフ」


( ゚∀゚)「ああいうのに勝たないといけないんだよなあ」

( ・∀・)「優勝はできなくても、経験のために出場するのも有りだとは思うけどね」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:30:11.01 ID:39E9rPMxO
( ゚∀゚)「あのー、ちょっといいすか?」

川 ゚ -゚)「うん? どうした」

( ゚∀゚)「そんなに仲がいいんだし、やっぱ先輩方はベストパートナーコンテストに出るんですか?」

ξ゚⊿゚)ξ「ベストパートナー? ああ、そういえばそろそろだっけ」

( ・∀・)「随分と無関心なんですね」

川 ゚ -゚)「出たところで、ミセトソ先輩には勝てる気がせんからな」

ξ゚⊿゚)ξ「個人ならともかく、コンビでミセトソ先輩に勝つのはねえ」

( ゚∀゚)「お二人でも、ミセトソ先輩に勝つのは難しいんですね」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:32:11.63 ID:39E9rPMxO
( ・∀・)「あっ、コンテストの優勝商品は、件のパフェ専門店のギフトカードみたいですよ」

ξ゚⊿゚)ξ「クー、優勝目指して頑張るわよ!」

(;゚∀゚)「変わり身早っ!」

川 ゚ -゚)「しかし、私はあまり乗り気では」

( ・∀・)「更に優勝者のパートナーには、セレクトショップVIPのギフトカードも付くそうですね」

( ゚∀゚)「ああ、あのクーさんが春ブーツ欲しがってたとこの」

川 ゚ -゚)「どうやら、私達の本気を見せる日がきたようだな!」

( ・∀・)「見事なほど物欲にまみれてるなぁ……」





17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:34:01.04 ID:39E9rPMxO
(´・ω・`)「であるからして、今年度もベストパートナーコンテストがやってまいりました。これは私が若い頃の……」


( ゚∀゚)「相変わらず、誰も校長の話を聞いてないよな」

( ・∀・)「そろそろ仕上げないと、始まっちゃうよ」

( ゚∀゚)「わかってるって。あとはウィッグを着けるだけで……」

从 ゚∀从「出来上がりだ」

l从・∀・ノ!リ人「これで、僕もOKだよ」


('A`)「あいつらも腕を上げたな」

( ^ω^)「まあ、でも――」

ξ゚⊿゚)ξ「――優勝を頂くのは私達だけれどね」

('A`)「ああ――」

川 ゚ -゚)「――その通りだ」


从 ゚∀从「何度見ても鮮やか過ぎる。ドクオ先輩もブーン先輩も、一瞬であれだもんな」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:36:45.81 ID:39E9rPMxO
l从・∀・ノ!リ人「あれは、ミセトソ先輩? なにかトラブってるみたいだよ」


ミセ*゚ー゚)リ「でも、ベストパートナーは一年生の頃から、ずっと二人で取ってきた賞なんだよ!」

(゚、゚トソン「ボクはそんなもの、興味がないといっているだろう!」

ミセ*゚ー゚)リ「嘘だよ、そんなの! だって私達が親友になれたのも、ベストパートナーのおかげで……。今年取れれば学園創立以来、初の三年連続だって」

(゚、゚トソン「学園初? 反吐が出るね。これ以上キミに付き合う気はない、帰らせてもらうよ」


l从・∀・ノ!リ人「いつもあんなに仲がいいのに、どうしたんでしょう」

ξ゚⊿゚)ξ「わからないわ。ただ……」

川 ゚ -゚)「つまらないコンテストになるな。全力のあの二人に勝ってこその、ベストパートナーの称号だというのに」





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:38:57.11 ID:39E9rPMxO
o川*゚ー゚)o「全国のキュートファンのみんな、もしかしなくても待たせちゃったかな? ごめんね、キュートも会いたかったよー!」

o川*゚ー゚)o「ベストパートナーコンテストの進行役を務めさせて頂く、キュートだよぉ!」

ノパ⊿゚)「そしてヒートだぞおおおおおお!」

o川*゚ー゚)o「これから出場者には一組づつ舞台に上がってもらって、各々で考えた、コンビ愛に溢れる出し物してもらうからねー!」

ノパ⊿゚)「評価点は我が校の校風でもある、可愛く綺麗に美しく! そしてパートナーへの愛だっ! 審査は会場の皆に頼む! 一番だと思った組に、お手元のスイッチをオンッ!!」

o川*゚ー゚)o「えへへ、一番可愛いのはキュートに決まってるんだけどね」


从 ゚∀从「やべえ、ミセリ先輩の三倍はウザい」

川 ゚ -゚)「キュートか、あいつも普段はいいやつなのだが」

ξ゚⊿゚)ξ「女装すると、その、どうもね」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:41:09.31 ID:39E9rPMxO
ノパ⊿゚)「続いて、三組目はハイン&妹者チームだあああ! おっと、これはツイッターゲームの様相を呈しているぞおおおお!!」


从 ゚∀从「妹者、もうちょっ、そっちに」

l从・∀・ノ!リ人「ダメ、黄色、届かな……ひゃっ!?」

o川*゚ー゚)o「これはあざといよー! そしてここでキュートのプリチーポーズだー!」

从 ゚∀从「アンタは司会に専念しろよっ!」

l从////ノ!リ人「ひゃん、急に、動いちゃ……!」


ξ゚⊿゚)ξ「なんか、妹者はエロい方向にばかり進みつつあるわね」

川 ゚ -゚)「もはやただのエロ要員だな」




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:43:35.96 ID:39E9rPMxO
ノパ⊿゚)「続いて六組目は、クー&ツンチームだあああ! 二年生のゴールデンコンビと名高い二人だぞおおおお!!」

o川*゚ー゚)o「ドレスアップしたツンに、タキシード姿のクー。そして甘ロリのキュート!」


川 ゚ -゚)「Shall we dance? お嬢さん、私と一曲踊ってくださいませんか」

ξ////)ξ「ほ、他に踊る相手もいないし、仕方なくなんだからねっ!」

川 ゚ -゚)「ミュージックスタート!」


从 ゚∀从「最初の小芝居は必要あったか、わからないが」

l从・∀・ノ!リ人「上手い! クーさんがツンさんを見事にリードしている」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:46:12.14 ID:39E9rPMxO
o川*゚ー゚)o「そしてここで、キュートもプリチーダンス! あいたっ!」

ノパ⊿゚)「いつつっ! こんな狭いところで踊ったら危ないだろ、常識的に考えて」

o川;゚ー゚)o「はうっ、そう冷静に突っ込まれると」


ξ;゚⊿゚)ξ「キャッ!?」


l从・∀・ノ!リ人「危ない! ツンさんが、キュート先輩の手放したマイクを踏んで!」

从 ゚∀从「このままだと転ぶぞっ!」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:49:43.21 ID:39E9rPMxO
川 ゚ ー゚)「フッ!」

ξ////)ξ「わわっ、ちょっと。……恥かしいってば」


ノパ⊿゚)「これは、お姫様抱っこだああああ! しかも綺麗に音楽が鳴りやんでいるっ! なんという美しいフィニッシュッ!  更に抱っこしたまま、舞台袖まで掃けていったぞおおおお!!」


l从・∀・ノ!リ人「だ、大丈夫ですか?」

川 ゚ -゚)「これぐらいのアクシデント程度」

ξ゚⊿゚)ξ「よいしょと。対処できなきゃ一流とはいえないわよ」

从*゚∀从「くうう、クールだ! 俺もいってみたい!」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:53:16.78 ID:39E9rPMxO
ノパ⊿゚)「取を飾るのはミスベストパートナー、ミセリ&トソンチームだああああ!! 並びにキュートが退場させられたことを、付け加えさせて頂きます」


(゚、゚トソン「…………」

ミセ*゚ー゚)リ「そんなに出たくなかったの?」

(゚、゚トソン「出てやったんだ、文句はないだろう」

ミセ*゚ー゚)リ「ううん、出ただけじゃダメ。優勝しなくちゃダメなの!」

(゚、゚トソン「キミの都合なんて知るか、ボクに押しつけるなっ!」

ミセ*゚ー゚)リ「押しつけるよっ!! だってベストパートナーは私達の絆でっ! だからあれから二人でやってこれて!」


ノパ⊿゚)「これは、えっと、どうやら二人は喧嘩を始めてしまったようだああああ!」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:56:36.95 ID:39E9rPMxO
(゚、゚トソン「ボクはキミの、その押しつけがましいところが前々から嫌いだった!」

ミセ*゚ー゚)リ「私はトソンのことが好き!」

(゚、゚トソン「なっ!?」

ミセ*゚ー゚)リ「トソンが私のことを嫌いでも! 私はトソンのこと好きだもん!」

(゚、゚;トソン「な、なにを口走っているんだ、キミは!」

ミセ*-ー-)リ「だからっ! ……二人で、ベスト…………パートナー…………」

(゚、゚トソン「ミセリっ! ……ちっ、いわんことじゃない」


ノパ⊿゚)「み、ミセリ先輩が倒れた?」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:59:52.02 ID:39E9rPMxO
(゚、゚トソン「ヒート、ボク達は棄権する。後は任せた。ボクはミセリを、保健室へ連れていかなくてはならない」


ノパ⊿゚)「え、あ、はい。……なんとミセリ&トソンチームは棄権だあああ! だが、不調を押してまで参加したミセリ先輩の雄姿に、誰が文句などつけられようものかっ!」

ノパ⊿゚)「みんな、二人に惜しみない拍手を!」



从 ゚∀从「トソトソ先輩。俺、運ぶの手伝いますよ!」

(゚、゚トソン「気持ちだけ受け取っておくよ。これはボクの役目だ、誰かに譲る気はない」

l从・∀・ノ!リ人「トソトソ先輩……」

(゚、゚トソン「キミ達は舞台へ戻れ。そしてできれば、ボク達の分までベストパートナーの結果を見届けてほしい」

l从・∀・ノ!リ人「わかりました!」

从 ゚∀从「……格好いいな、かなわねえや」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:04:06.60 ID:39E9rPMxO
ノパ⊿゚)「投票の結果が出たぞおおおおおおおおおおお!!」

(´・ω・`)「もっともパートナー愛に溢れ、ベストパートナーと呼ばれるのにふさわしかったのは…………、クール&ツンチームです!」

ξ゚⊿゚)ξ「と、いわれても納得できないわね」

川 ゚ -゚)「皆に選んでもらった手前申し訳ないが、私達は辞退させて頂く」

(´・ω・`)「……そうですか、では繰り上がりで次のチーム! といいたいところですが、恐らく他のチームも受け取っては頂けないのでしょう?」

ξ゚⊿゚)ξ「だってここにいる誰もが、真にベストパートナーの称号が相応しいチームを、知っているはずですから」





34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:08:33.50 ID:39E9rPMxO
ミセ*-ー-)リ「うー、ん……」

(゚、゚トソン「やっと目を覚ましたか」

ミセ*゚ー゚)リ「あれ、トソトソ? ……あっ、ベストパートナーコンテストは!?」

(゚、゚トソン「落ち着きなよ。ようやく熱が下がってきたところなんだからね」

ミセ*゚ー゚)リ「そっか。私、舞台で倒れちゃったのか」

(゚、゚トソン「今朝の時点で、三十八度をこえる熱があったんだ。そんな状態でコンテストなんて、土台から無理に決まってるじゃないか」

ミセ*゚ー゚)リ「……もしかしてトソトソは、私のことを気遣って出場しないって」

(゚、゚トソン「さあ、どうだろうね。好きに解釈しなよ」

ミセ*゚ー゚)リ「ふふ、素直じゃないなあ」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:11:34.74 ID:39E9rPMxO
('A`)「あー、こほん!」

( ゚∀゚)「果たしてこれは百合なのか、薔薇なのか」

(゚、゚トソン「……覗き見とは、あまりいい趣味とはいえないね」

( ・∀・)「声をかけづらい雰囲気だったもので」

( ^ω^)「実はミセリ先輩のお見舞いに、持って来たものがありますお」

ミセ*゚ー゚)リ「なにかな、なにかな、フルーツならメロンがいいなーって、この記章はっ!」

(゚、゚トソン「ベストパートナーの証……?」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:17:27.83 ID:39E9rPMxO
('A`)「残念ですが、前回のベストパートナーだった先輩方に、中途棄権は認められないんですよ」

( ^ω^)「それで、今年度のベストパートナーは、ミセトソ先輩に決まったわけですお。最後には満場一致で」

ミセ*゚ー゚)リ「…………っ」

(゚、゚トソン「もっと喜んだらどうだい? ボクにしてみればただのバッジだが、キミはこれが欲しかったのだろう」

ミセ*;ー;)リ「うん……!」

(゚、゚トソン「まったく、涙腺の弱いやつだな」

(-、-トソン(ボクまで目頭が熱くなるじゃないか)




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:19:44.33 ID:39E9rPMxO
( ・∀・)「でも本当によかったんですか、辞退しちゃって」

( ^ω^)「今日のミセトソ先輩に勝るコンビなんかいないお」

('A`)「それに目当てのもんは手に入れたしな」

( ゚∀゚)「それは、ギフトカード?」

('A`)「せっかくだから、校長が俺達にはこれをってよ」

( ^ω^)「ミセトソ先輩も幸せ、僕達も幸せ。みんなが幸せなら問題なしで」

(;・∀・)「ちゃっかりしてるなあ……」






42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:23:25.13 ID:39E9rPMxO
例のごとくオチが弱いですが
以上で少しだけ真面目な本編は終わりです

次からは軽い短編です
あのキャラの素顔が明らかに




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:26:33.42 ID:39E9rPMxO
( ><)「ワカッテマス君が、何度起こしても起きないから悪いんです!」

( <●><●>)「そんなことは、蒸し返さなくてもわかってます」

( ><)「だったらもっと急いでほしいんです! このままだと」

( ゚∀゚)「やべえ、遅刻だっ!」

(;><)「あうっ」

( ・∀・)「ちゃんと周りを見て走らないと! 大丈夫ですか?」

( ><)「ありがとう、大丈夫なんです」

( ゚∀゚)「ほんとにわりい、急いでたもんでよ」

( ><)「こういうのはお互い様なんです。ジョルジュ君だけが悪いわけじゃないんです」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:28:48.98 ID:39E9rPMxO
( <●><●>)「もう遅刻確定なのはわかってます」

( ><)「あっ、のんびりしてる場合じゃないんです! ワカッテマス君も、気付いてるならもっと早くいってほしいんです!」

( <●><●>)「ビロードの困った顔が、面白いのはわかってます」

( ><)「……ワカッテマス君なんか嫌いなんです」

( <●><●>)「この間、好きだといわれたのは覚えてます」

(;><)「なんであんなときのことを混ぜっ返すんですか! それよりも急ぐんです!」


( ・∀・)「ジョルジュ、僕達も急がないと」

( ゚∀゚)「ああ。でも、なんであいつは俺の名前を知ってたんだろう?」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:31:42.82 ID:39E9rPMxO
('A`)「それで寮まで戻って、朝から爆走するはめになったわけか」

( ゚∀゚)「ぶー、だって女装禁止日なんて忘れますよ」

( ^ω^)「そうか、一年は初めての女装禁止日かお」

( ・∀・)「校内に男子しかいないって、ある意味新鮮ですね」

('A`)「一応普段も男子しかいないんだけどな」

( ゚∀゚)「でもこれだと、知り合いの先輩とかに会っても気がつかないっすよね」

( ^ω^)「確かに、女装姿しか知らないとそうかもしれないお」

( ゚∀゚)「もしかして、朝のあの二人も知り合いだったのか?」





48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:35:00.32 ID:39E9rPMxO
( ФωФ)「おや二人とも、いつぞや振りであるな」

( ・∀・)「えっと、申し訳ないのですがどちら様でしょうか」

( ФωФ)「我輩は杉浦であるが……おお、そうだ! ヒートと名乗ればどうであるか?」

( ゚∀゚)「ああっ! この前、司会をやってた先輩か!」

( ・∀・)「確かドクオ先輩と同じクラスなんですよね」

( ФωФ)「通じてよかったのである。我輩は生徒会の副会長を務めているので、もし学園生活で困ったことがあったら相談するのである」

( ・∀・)「はい、なにかあったらよろしくお願いします」

( ゚∀゚)(司会のとき、テンション高いながらも常識人だった理由が、なんかわかるな)





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:39:09.56 ID:39E9rPMxO
( ´∀`)「ここの自販は無駄に種類が多いモナね」


(-_-)(あっ、先客だ。もう時間がないけど、焦らせたら悪いよね。少し離れて待とう)


( ´∀`)「創世のアクエリアスオンに決定するモナ」

( ゚∀゚)「モナーは創世派か。俺は神曲奏界ポカリフォニカ派だけどな」

( ´∀`)「あっ、ジョルジュ。神曲は少し甘すぎるモナ」

( ゚∀゚)「そこがいいんじゃねえか。さて、俺はなににしようかね」


(;-_-)(はうっ!? 割り込まれちゃった、少し遠かったかな。でも前の人と知り合いみたいだし、仕方ないよね)




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:42:08.17 ID:39E9rPMxO
( ゚∀゚)「にしても、サンバルカンの焼肉のタレジュースだけは、意味不明だよな」

( ´∀`)「最近はI・S(インフィニット・ソーダ)が売れてるらしいモナ」

( ゚∀゚)「ミニッツメイド爆熱時空も捨てがたいが、ここは無責任艦長サイダーにしとくかな」


(-_-)「やっと僕の番だ。はうっ! 予鈴が……」





52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:45:22.91 ID:39E9rPMxO
( ゚∀゚)「あんまり知り合いには会わなかったな」

( ・∀・)「そうだね、ヒート先輩ぐらいかな」

('A`)「案外、気がつかないだけで会ってるかもしれないぞ」

( ^ω^)「ミセトソ先輩とか、キュートにも会ってたりして」

( ゚∀゚)「うわー、いわれるとミセトソ先輩の素顔とか超気になる!」

('A`)「次の女装禁止日にでも、会いに行けばいいじゃないか」

( ゚∀゚)「是非そうします!」







53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:50:07.45 ID:39E9rPMxO
続いて短編2へ
2レスの超短編です





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:54:25.66 ID:39E9rPMxO
空気を読むということはとても大切だ。
なぜならこの国では、周りからはみ出した行動を取る者を、排除しようとするから。

(-_-)「…………」

僕は子供の頃から、周囲の和を乱さないことばかりを考えて生きてきた。
愛想笑いをして、興味のないTV番組の話で盛りあがってる振りをして。

それこそ、自分を殺してでも。

(-_-)「ふう……」

僕はそんな自分が嫌いだった、そんな自分から変わりたかった。
だから――

o川*゚ー゚)o「うん、今日もバッチリ! 愛くるしいキュートの誕ー生ー!」

女装術を学んだんだ。
この姿のときの僕は、自分を殺すなんてことはしない。


o川*゚ー゚)o「キュートは、逆に空気殺す」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:58:09.37 ID:39E9rPMxO
ξ゚⊿゚)ξ「キュート、そろそろスタンバらないといけないわよ」

o川*゚ー゚)o「はうっ? ああ、ツン。じゃあみんなにキュートのプリチーさを、見せつけにいこっかー!」

ξ;゚⊿゚)ξ「私達は司会だから、見せつけなくていいの!」



o川*゚ー゚)o「みんな、キュートに会えなくて寂しかったよねー! キュートも寂しかったよー!」

ξ゚⊿゚)ξ「キュート! まだ早いってば、出ちゃダメだって!」

o川*゚ー゚)o「まだコンテスト開始まで時間あるの? ならその間、キュートが」

ξ゚⊿゚)ξ「いいから、引っ込むわよっ!」

o川;゚ー゚)o「はうぅぅぅ! みんなー、またあとでねー!」


キュートは、空気なんて絶対に読んであげない☆






59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:04:54.13 ID:a4H8GNGqO
以上で終わりになります
規制などなければ次はもっと早く御目にかかれるかと
次は寮生活の話でコメディーをメインにやりたいと思っています

では次回まで諸兄も可愛く綺麗に美しくあらせられますように


>>57
本来は仮面サイダーだったのですが、実在する商品だったので急遽無責任艦長に


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:56:55.45 ID:ykTpqRLEO
無責任艦長サイダーがしゅわしゅわきた





元スレ:(リンク先( ^ω^)ブーン系小説とか読み物とかの倉庫様)( ^ω^)男は可愛く美しくのようです

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/250-60ab9ddc





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。