スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)は機械仕掛けのようです 5/8

95 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:27:50 ID:FMEDZlIo0

 規則的に顔を出す太陽は、また規則的に顔を隠す。
 新緑の木々はとっくに明るさを失い、月が反射させた薄明かりのみがあたりを照らしていた。


(´・ω・`)「……いないね」

( A )「……」

ξ ⊿ )ξ「……」



( ^ω^)は機械仕掛けのようです

    5/8「追憶の記憶と泣いてる少女」


96 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:28:04 ID:FMEDZlIo0

(´・ω・`)「……ドクオさんの言うとおり
     もしこの山を転がっていったとしたら、見つけるのは厳しいと思う」


ξ ⊿ )ξ「……そう、ですね」


( A )「……」


(´・ω・`)「……今日はもう暗いし危ない
     ブーン君を探して、他の誰かが犠牲になっても仕方ない」


川 ゚ -゚)「ドクオ様」


( A )「……クーか」

97 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:28:19 ID:FMEDZlIo0


川 ゚ -゚)「やはり、山の下にはいませんでした」


( A )「……そうか」


川 ゚ -゚)「ドクオ様」

(´・ω・`)「……ドクオさん
     今日は私の宿に泊まりなさい」


( A )「……はい、ありがとうございます」


川 ゚ -゚)「……」



(´・ω・`)「……ツンちゃん
     早く寝るんだよ」


ξ ⊿ )ξ「……はい」

98 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:28:41 ID:FMEDZlIo0

 なぜ、機能は眠ってしまったんだろう。
 そもそも、ドアに鍵をかければ良かったんだ。

 お父さん達が死んでから、鍵はずっと壊れたままだ。


ξ ⊿ )ξ「……私のせいだ」


 ブーンがおかしくなったのも、思えばあの日からだった気がする。
 なんでその後、鍵をつけることを考えなかったのだろう。

 不審者なんて来たことないから?
 そもそも来訪者がほとんどいないから?


 そんなことは理由にならない。

99 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:29:05 ID:FMEDZlIo0
 私が悲しんでると知ったら、ブーンは悲しむだろう。
 私は悲しむよ、悔やんでるよ、
 だからブーン、戻ってきて……


ξ ⊿ )ξ「……」


 物心ついた時から、ブーンはずっと傍にいた。
 お父さんとお母さんは畑仕事で忙しかったから、私の遊び相手はブーンだった。



ξ*゚⊿゚)ξ「ブーンブーン」


( ^ω^)「おっおー」


ξ*゚⊿゚)ξ「だっこしてぇー」


( ^ω^)「いいお」


( ^ω^)「たかいたかーい」


 そう言ってブーンは私を持ち上げた。
 普段とぜんぜん違う視界。

100 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:29:20 ID:FMEDZlIo0
( ^ω^)「ひくいひくーい」


ξ*゚⊿゚)ξ「ぶー、いつもと変わんないよー」


 ブーンがふざけて地面スレスレの高さにする。
 ちょうどその時、カチャッという音がしてドアが開いた。


ζ(゚ー゚*ζ「ただいまー」


 また玄関に振り替えり、鍵をかける。


ξ*゚⊿゚)ξ「あ、あかーさん、おかえりー」

101 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:29:43 ID:FMEDZlIo0

ζ(゚ー゚*ζ「今お昼作るわ、ツン」


 そう言って野菜を切るお母さんが私は大好きだった。
 ブーンは私をお母さんの太ももの近くに持って行き、言った。


( ^ω^)「ふといふとーい」


ζ(゚ー゚#ζ「おい」


( ^ω^)「おっおー」


ζ(゚ー゚*ζ「ふふ、もうすぐお父さんが帰ってくるから
      懲らしめてもらおうかしら」


(; ^ω^)「おっおー」


 困ったように唸るブーンを見て、私もお母さんも爆笑したものだ。

102 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:29:59 ID:FMEDZlIo0


 カチャッ


( ・∀・)「ただいまー」


( ・∀・)「あ~、腹減った~」


ζ(゚ー゚*ζ「お帰りなさい、すぐご飯できるわ」


( ・∀・)「今日は何かな?」


 お父さんが台所を覗きこみ、白い湯気の匂いをかいだ。


( ・∀・)「シチューか、おいしそうな香りだ」

103 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:30:37 ID:FMEDZlIo0
ζ(゚ー゚*ζ「さて、出来ましたよ~」

 温かいシチューがお皿に注がれ、テーブルに並べられた。
 テーブルの真ん中にはパンが置かれている。


( ・∀・)「では、いただきます」


ξ*゚⊿゚)ξ「いただきます」


ζ(゚ー゚*ζ「いただきます」


( ^ω^)「いただきます」


 お母さんは必ずブーンの分もご飯を用意する。
 結局ブーンは全部残すんだけど、お母さんは幸せそうだ。

 私が残すと鬼のように怒るのにね

104 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:31:04 ID:FMEDZlIo0
( ・∀・)「ツン、聞きなさい」


ξ*゚⊿゚)ξ「ほぇ?」


( ・∀・)「大事な話だ」


ζ(゚ー゚;ζ「あなた」


( ・∀・)「デレ、もう話さなくてはならない」


( ・∀・)「私たちに何かあっても、ツンが生きていけるように」


ξ*゚⊿゚)ξ「なぁに?お父さん」


( ・∀・)「明日から、ツンにはお父さん達の仕事を覚えてもらう」


 それから私はあの畑に連れていかれ、絶対に口に含んではいけない。
 畑に火が出たら何も考えず街まで逃げ、一週間は近づかないことなどを聞いた。

105 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:31:37 ID:FMEDZlIo0

( ・∀・)「ブーンも手伝ってくれるだろうが、それだけじゃだめだ」


( ・∀・)「いいか、ブーンは家族なんだ。召使ではない」


( ・∀・)「わかるね?」


ξ*゚⊿゚)ξ「はい、お父さん」


 私がお父さんと話している間
 ブーンはお母さんと何か話していたらしいけど、何を話していたかは私にはわからなかった。


(`・ω・´)「モララーさん」


( ・∀・)「いつもすまないね、シャキンさん」


(`・ω・´)「いやいや、ん?ツンちゃんかな?」


ξ*゚⊿゚)ξ「こんにちわ」

106 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:31:53 ID:FMEDZlIo0

( ・∀・)「今の内に仕事を覚えさせておこうと思ってね」


(`・ω・´)「……うん。立派だねぇ
      うちの弟にも見習わせたいよ」


( ・∀・)「ショボンくんにはショボンくんのいいところがあるさ
       はい、今週の分」


(`・ω・´)「……うん。できればあの話、前向きに考えてくれないかな?」


(;・∀・)「いや~、やっぱり今の量でも手一杯でして」


(`・ω・´)「人の手なら私が貸しますよ?
      お互い損にはならないでしょう」

107 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:32:08 ID:FMEDZlIo0

( ・∀・)「すみません、その話は」


 そう言って、お父さんは私に視線をやった。


(;`・ω・´)「そうですね、ではまた」


 集めた実の変わりに、いくばくかのお金を渡し、シャキンさんは帰っていった。


( ・∀・)「ツンがいて良かったよ」


 お父さんはツンに微笑み、ツンもお父さんに微笑んだ。


ξ*゚⊿゚)ξ「役に立てたー?」


( ・∀・)「もちろんさ」

108 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:32:21 ID:FMEDZlIo0
 そしてその日が、お父さんと仕事をした最後の日だった。















ξ;⊿;)ξ「……ブーン」

109 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:32:36 ID:FMEDZlIo0
 薄暗い月明かりはバーボンハウスをも照らし、月影に二人のシルエットを浮かばせた。


('A`)「今、なんて言った?」


川 ゚ -゚)「申し訳ありません」


('A`)「……」


川 ゚ -゚)「ブーンを見つけました」


('A`)「それで、ブーンはどこにいる?」


川 ゚ -゚)「わかりません」

110 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:33:08 ID:FMEDZlIo0
('A`)「なぜだ?」


川 ゚ -゚)「ブーンに頼まれ、拠点情報をリセットし、逃がしました」


( A )「アハハハッハハハハおかしいと思ったよ
   そういうことか」

( A )「登録情報は保護回路の次の優先順位だったはずだ
   設定情報等の関連情報をいじれる場所は自分では触れられない」

川 - )「……」


(゚A゚)「クー、ブーンを探して連れて来い」


(゚A゚)「行け、今すぐだ!」

111 : ◆Ymtt.Y6YOc:2011/02/21(月) 19:33:24 ID:FMEDZlIo0


川 - )「……申し訳ありません、ドクオ様」

(゚A゚)「俺は一週間は、隣町の宿にいる
   見つけるまで帰ってくるな」




( ^ω^)は機械仕掛けのようです

    5/8「追憶の記憶と泣いてる少女」終


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/218-2d8a6de4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。