スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)負の感情を作るモノのようです

3 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 22:48:26 ID:kNYrM5HY0
―――――――朝、悪魔の城

( ФωФ)「我が息子、ドクオよ」

('A`)「如何なされましたか、父上」

( ФωФ)「この悪魔の城を作る重要な要素…『負の感情』が消えつつある」

('A`)「なんと」

( ФωФ)「人間界へ往き、この家の状態を保持するための『負の感情』を手に入れてくるのだ」

('A`)「魔王様」

( ФωФ)「なんだ」



4 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 22:49:14 ID:kNYrM5HY0
('A`)「貴方様の息子は、いい加減Gが空間の4割を占めている部屋すら出来ている始末のこの家など捨ててしまい、
     新しい家に引っ越すべきだと存ずる次第で御座います」

( ФωФ)「…」

('A`)「…」

( ФωФ)「…」

('A`)「…」


( ФωФ)「さあ往け、我が息子よ」

('A`)「あの」

(゚、゚トソン「我が息子よ、帰り道に豆腐とワインを買って来るのです」

('A`)「あの」

8 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:03:12 ID:kNYrM5HY0
―――――――昼、人間界の公園にて
(;・∀・)「やあ、みんな!遅れてすまなかった!」

(´・ω・`)「無事来たようだね。こんにちは、モララー」

ノパ⊿゚)「モララー、遅いぞ!」

( ・3・)「40分も待ったYO」

(;・∀・)「いやあ、ごめんごめん。さあ、クオリティ山まで行こうか」

ノパ⊿゚)「おう!」



('A`)(…最初のターゲットはこいつらにするとするか)

('A`)(気が向かないが…仕方ねー事だしなぁ。  …よし、行くか)

9 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:11:18 ID:kNYrM5HY0
ノパ⊿゚)     ( ・3・)          (・∀・ ) ( 'A` )≡   (´・ω・`)

※ドクオは人間達には見えません




         ペ タ ッ

ノパ⊿゚)     ( ・3・)   ( 'A` )≡ (・∀・ )           (´・ω・`)

※ドクオは人間達には見えません



( ・∀・)「ん?何かを背中にくっつけられた様な…」


(;・3・)「う、わ…!」

ノパ⊿゚)「どうした?ぼるじょあ」

(;・3・)「モララーの背中を見てみるYO…!」

(´・ω・`)「…これは…!」

ノハ;゚⊿゚)「!!!」

10 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:12:02 ID:kNYrM5HY0




(;・3・)(;´・ω・`)ノハ;゚⊿゚)「モララーの背中に…『198円』のシールが!」

11 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:16:08 ID:kNYrM5HY0
(  ∀ )「うわ、うわ…うわあああああああ!!!!!!!!!!」

(;・3・)「モララーが…今時のガキですら買える値段になってしまったYO!!!」


( ;∀;)「うわあああああ!!!!!うわあああああああああああああああん!!!!!!!」

ノハ;゚⊿゚)「何て…何て事なんだ!!早くモララーを買い占めなくては!!!」

(;・3・)「しまったYO!!サイフを持ってき忘れたYO!!!」

ノハ;゚⊿゚)「な、何だと!!私もサイフを持ってきていないぞ!!」

( ;∀;)「誰か!!誰かああああああ!!!!!!」

(´・ω・`)「…ジュルリ」



('A`)「…よし、『負の感情』が見える…このビンに負のエネルギーを吸収するぞ」

12 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:17:29 ID:kNYrM5HY0
その昔、人間界(地上界)と呼ばれる場所には様々な争いがあったが…


今現在、その争いはなくなり、人間界は平和で満ち溢れる者となったのだ!


しかし、平和はそう長くは続かない…!


今、平和なこの世界に再び混沌を齎(もたら)そうとする悪魔がこの地上界…人間界にやって来たのだ!



―――――――――――――――

('A`)負の感情を作るモノのようです

―――――――――――――――

14 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:29:20 ID:kNYrM5HY0
('A`)(…どうして俺がこんな事を)

『もしもし、ドクオか?』

(;'A`)「お、うわ、魔王様!この声はどこから…!?」

( ФωФ)『テレパシーを通じてお前に話しかけている。採取は順調に出来ているか?」

(;'A`)「ええと、今…4人の負の感情を採取致しました」

( ФωФ)『今回は80人程の負の感情を採取してくればいい。では往くのだ』

('A`)「了解致しました、魔王様」

(゚、゚トソン『そうそう、我が息子よ。帰り道に牛乳も買って来るのです』

('A`)「…」

15 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:37:59 ID:kNYrM5HY0
―――――――森の中

                           ブレイズ・フィーリングス
('A`)(今、俺は鞄を持っている。この中には『嫌がらせの13ツ道具』が入っている)

('A`)(これらをうまく使うことによって、様々な効果をなすことが出来るらしい。 …ん?)


         _
..(,,゚Д゚)  ...( ゚∀゚)スタスタ

('A`)(…ちょうどいい所に人がやってきたな)


('A`)(ん?あれ?あの猫っぽいの本当に人間か?)

('A`)(まあ、きっとどうでもいいだろう…。確か、二人組みにはこの道具を置いておけばいいんだったな)


(,,゚Д゚)「…ん?」
  _
( ゚∀゚)「あそこにあるのは…ハリセンが2つ?」

16 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:46:11 ID:kNYrM5HY0
(,,゚Д゚)「…どうしてハリセンがこんな所に…」
  _
( ゚∀゚)「…」


スパァン

(;゚Д゚)「うおっ!?痛ッ!?いきなり何をするんだ、ジョルジュ」
  _
( ゚∀゚)「フフ、フ、フフ…人は、ハリセンを持つと思わず誰かを叩きたくなる」

(#゚Д゚)「クソ、この野郎…!」


パショォン
  _
(;゚∀゚)「うぐっ!」

(#゚Д゚)「さっきのお返しだゴルァ」
  _  
(;゚∀゚)「ぐ…ならば」

スパァン

(#゚Д゚)「…!」

ボスゥン
  _  
(#゚∀゚)「…!」

18 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/04(月) 23:50:41 ID:kNYrM5HY0
スパァン!スパァン!
スパァン!スパァン!スパァン!スパァン!

(#゚Д゚)「バーカ!バーカバーカ!お前のかあちゃんでーべーそー!」
  _  
(#゚∀゚)「でべそじゃない!お前のかあちゃんこそ貧乳ゥゥー!」

バーカ!スパァン!スパァン!
オマエコソバーカ!スパァン!スパァン!スパァン!



('A`)(…採取するか。しかし俺は何でこんな事を)

23 :ゆっくり投下 ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 12:09:00 ID:2QS/8Yx.0
――――――寿司屋

ξ゚ー゚)ξ (^ω^ )ガヤガヤ

('A`)「…」

( ФωФ)『さあ、次はその二人を恐怖のどん底に陥れるのだ』

('A`)「…ハァ」



ペタッ

( ∥呪∥)「!? キョンシーのお札を貼られてしまったお!」

ξ;⊿;)ξ「う、あぅ…このお寿司わしゃびがきつい…もうだめだこの世界に希望を見出せないわ」

('A`)「…」


( ФωФ)『我が息子よ、よくやった。これで8人の負のエネルギーを得たぞ』

(゚、゚トソン「お寿司…… 我が息子よ、帰りにマグロも買って来るのです」

('A`)(なにこれ)

24 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 12:25:38 ID:2QS/8Yx.0
――――――

<;`∀´> 「ニ、ニダ!?トイレが詰まったニダッ!?」



('、`*川 「お父さんのパンツと一緒に…私の服が洗濯されてるッ!!」



(;><)「録画するチャンネルを間違えたんです!!別に歌舞伎なんて見たくないんです!!」



( ´д`) 「メロンソーダを満タンまで入れたコップにハエが浮いてる…」



(*;ー;)「楽しみにしてたハリー・ポッターの最初のページに…ネタバレが書かれてる…」



( ´_ゝ`)「OK、ブラクラゲット」

(´<_` )「久々に蓮画像 こういう(ry」


('A`)「…………」

25 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 14:07:43 ID:2QS/8Yx.0
( ФωФ)「我が息子よ、順調に負のエネルギーを手に入れているようだな」

('A`)「大分たまりました、魔王様」
                   オキノドクデスガ
( ФωФ)「我が息子よ、『嫌がらせの13ツ道具』は後いくつ残っている」

('A`)「5つで御座います、魔王様」

( ФωФ)「そうか、ではそのガラク…秘宝を全て使い切り、帰ってくるが良い」

('A`)「恐れ入りますが、魔王様」

( ФωФ)「なんだ」

('A`)「先ほど魔王様は、この道具をガラクタと仰り掛けていた気がするのですが」

( ФωФ)「…」

('A`)「…」


( ФωФ)「さあ往け、我が息子よ。その道具を全て使い果たすのだ」

('A`)「ねえ」

(゚、゚トソン「我が息子よ、帰ってきたら水遣りをするのです」

('A`)「ねえ」

27 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 18:43:56 ID:2QS/8Yx.0
('A`)「道具は後どんなものが残っているのか、確認しておくかな…」

ガサガサ

('A`)「ガムがある…これの用途は何だ?」

('A`)「…」

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく


('~`)クチャクチャ


('~`)クチャクチャ


('~`)「……」

28 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 18:55:09 ID:2QS/8Yx.0
――――――地上界_とある男の家

( `ハ´)「しぃちゃん、ただいまアル」

(*゚ー゚) ニャー

( `ハ´)「今日から休みアル。いつも家で待たせてばかりのしぃちゃんを遊ばせることが出来るアル」

(*゚ー゚) ニャー!


('~`)(…)


('A`)、ペッ


(;`ハ´)「うっ…こ、これはどうしたことアルか…」

(*゚ー゚) ニャ?

(;`ハ´)「ワタシの頭に…ガムが張り付いてるアル!!」

(*゚ー゚) ニャー?

(;`ハ´)「クッ…もしもガムがしぃちゃんについたら大変な事になるアル…。
       頭にガムが張り付いている間、ワタシはしぃちゃんと遊ぶことは出来ないアルか……!」


(#`ハ´)「おのれ……おのれェェェェーーーーッ!!!!!」

29 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 19:03:27 ID:2QS/8Yx.0
地上に舞い降りた悪魔、ドクオは非情の限りを尽くした!


しかし…ドクオは決して好き好んで悪事を働いたわけではない!


ドクオは自らが生きるため、生き残るために必死だったのだ…!



そして、今……!


('A`)「魔王様、聞こえますか」

( ФωФ)『聞こえるぞ、我が息子よ。どうしたのだ』

('A`)「80人分の負のエネルギーを採取致しました」

( ФωФ)『おお!でかしたぞ、我が息子よ!』



この冷酷・醜悪な時代も…終わりを告げる時が来たのだ!

30 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 19:08:04 ID:2QS/8Yx.0
一つの混沌は終わりを終え、今新たに平和が生まれた―


(゚、゚トソン「我が息子よ、帰る前に10kgの米を買うのです」

(;'A`)「…」


生きるために必死だったドクオは、この後に待ち受ける試練をも乗り越え…


('A`)「ドクオ、ただいま戻りました」

( ФωФ)「我が息子ドクオよ、大儀であった」


無事に自分の家へ帰ることが出来たのだ!

31 : ◆r81Ve7Hzas:2010/10/05(火) 19:12:46 ID:2QS/8Yx.0
―この後も、ドクオにはまだまだ試練が待ち受ける。だが…

('A`)「母上、今日の晩餐は何なのでしょうか」

(゚、゚トソン「我が息子よ、あなたが買ってきた材料でお寿司を作ります」



('A`)



('∀`)パァァ



その時まで休め、ドクオよ!頑張れ、ドクオよ!



―――――――――――――――――――

('A`)負の感情を作るモノのようです     完

―――――――――――――――――――
[ 2013/10/16 20:18 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/203-5cae5c2a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。