スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新ジャンル ツンバカ  本編

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:10:13.33 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「今日はおかあさんとおとうさんが夜のデートだお。夕食どうするかお。」
「ど、どうしてもっていうんなら、うちで食べてもいいわよ」
( ^ω^)「ほんとかお!助かるお!」
「しょ、しょうがなくだからね!ついてらっしゃい!・・・あ」
( ^ω^)「ツン、どうしたお?」
「帰り道がわからないわ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:16:16.31 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「いただきます」
( ^ω^)「いただくお!ハフハフ!ハム!」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょ、なんかこれ食べにくいわね」
( ^ω^)「ツン、箸は二本つかえお」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:19:37.64 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「ふう、ごちそうさま」
( ^ω^)「ごちそうさまだお」
ξ゚⊿゚)ξ「あー、お茶もおいしい・・・飲みにくいわね」
( ^ω^)「ツン、湯のみ持てお」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:21:27.77 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「じゃあそろそろ帰るお」
ξ゚⊿゚)ξ「そこのコンビニまで行くから、あんたもついてきて」
( ^ω^)「わかったお」
ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、鍵かけて・・・イタっ、なにこれ、すごく痛い!」
( ^ω^)「ツン、靴はけお」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:23:55.81 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「いたっ!」
( ^ω^)「ツン、ドアは開けて入れお」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:25:13.78 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「これおいしいわね。」
( ^ω^)「ツン、レジ通す前に食うなお」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:27:22.22 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「ガリガリ君は季節を問わない定番よね・・・食べにくいわね」
( ^ω^)「ツン、袋とれお」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:27:45.34 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「こんなツンだから僕がついてないとダメなんだお」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:32:43.90 ID:0YjKoum20
通学途中

ξ゚⊿゚)ξ「あら、ひばりが鳴いてる・・・」

ピーヨロロロロ

ξ゚⊿゚)ξ「・・・」

ピーヨロロロ

ξ゚⊿゚)ξ「あ、学校行かなきゃ」


( ^ω^)「ツン、ものすごい遅刻だお。なにしてたんだお?」
ξ゚⊿゚)ξ「ひばり見てて・・・」
( ^ω^)「もう三時間目だお」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:37:29.76 ID:0YjKoum20
キーンコーン・・・

ξ゚⊿゚)ξ「さ、お弁当ね・・・あ」
( ^ω^)「どうしたんだお?」
ξ゚⊿゚)ξ「忘れたわ」
( ^ω^)「・・・ブーンも忘れたお。一緒に学食いくお」
ξ゚⊿゚)ξ「そ、そうね。一緒にいってあげてもいいわよ」
( ^ω^)「財布忘れるなお」
ξ゚⊿゚)ξ「わかってるわよ」

ξ゚⊿゚)ξ「財布忘れたわ」
( ^ω^)「やっぱりかお」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:38:59.96 ID:0YjKoum20
五時間目

('A`)「・・・お前、なんでいまごろ弁当たべてんの?」
( ^ω^)「いろいろあるんだお。さすがに量オオスwwww」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:45:47.29 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「じゃあブーンは図書委員会にいくお。ツン、ひとりで帰れるかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「バ!バカにしないでよね!フン!じゃあね!バイバイ!」
スタスタ・・・

( ^ω^)「疲れたお。でも新書の充実が認められて良かったお。」
ξ゚⊿゚)ξ「おそかったじゃない!」
( ^ω^)「何でまだ校門にいるんだお」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:48:30.43 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「・・・そういうわけで、今朝のおかあさんはやけにツヤツヤしてたんだお・・・ツン?」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・え?なに?」
( ^ω^)「聞いてなかったかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、ごめん何の話だった?」
( ^ω^)「おかあさんの話だお。ツヤツヤだったんだお。」
ξ゚⊿゚)ξ「あんたんとこは仲が良くていいわね・・・」
( ^ω^)「ブーンたちも仲良くするお」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・え?聞いてなかった。なに?」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 17:56:18.47 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「じゃあ確かに送り届けたお。ブーンは帰るお。」
ξ゚⊿゚)ξ「お、お茶でも飲んでけば?」
( ^ω^)「・・・じゃあちょっとあがらせてもらうお」

昨日、ブーンが片付けた居間も、もう散らかっていた。
ツンの父親が昼間に帰ってきて、いろいろ暴れたのだろう。
そんな環境で生活していたツンは、いつしか記憶を忘れることで精神的自衛をするようになった。

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」
( ^ω^)「・・・ツン!ブーンが部屋を片付けるから、ツンはお茶を頼むお!」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・うん」
( ^ω^)「ツンが入れるお茶は美味しくて大好きだお」
ξ゚⊿゚)ξ「ほ、誉めても何もでないんだからね!」
( ^ω^)「お茶はだせお」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:01:47.43 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「お茶美味しかったお。ブーンはそろそろ帰るお」
ξ゚⊿゚)ξ「も、もう帰るの?なにか用事でもあるの?」
( ^ω^)「そういうわけじゃないお。なにか話でもあるのかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「うん・・・」
( ^ω^)「何でも話してみるお。ブーンはツンの味方だお」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」
( ^ω^)「・・・何はなすか忘れたのかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・うん」
( ^ω^)「ゆっくり思い出すお」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:05:11.55 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「あ、そういえば今日の数学なんだけど」
( ^ω^)「わからないところがあったかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「い、一応聞きたいだけよ!あんた成績いいから・・・」
( ^ω^)「どこだお」
ξ゚⊿゚)ξ「教科書の・・・あら?」
( ^ω^)「ツンのカバンならブーンが持ってきたお」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:07:38.00 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「この問題の・・・」
( ^ω^)「これならこれを代入して・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、そうね。じゃあここを・・・なんかこのペン書きにくいわね」
( ^ω^)「ツン、利き腕で持てお」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:12:17.55 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「じゃあそろそろ帰るお。相談事はまた思い出したら聞くお」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、うん。気をつけて帰ってよね。あんたボーっとしてるから。」
( ^ω^)「わかったお。ツンもちゃんと戸締りするんだお」
ξ゚⊿゚)ξ「わかってるわよ」
( ^ω^)「じゃ・・・」
バタン

ガチャ
ξ゚⊿゚)ξ「あら?」
( ^ω^)「なんで戸締りしようとしてドア開けるんだお」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:14:49.84 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「ツンがああなのは環境のせいだお」
( ^ω^)「だから早く一人前になって、ツンと一緒に暮らすお」
( ^ω^)「そうすればツンもよくなるお」
( ^ω^)「来月は二次試験だお」
( ^ω^)「がんばるお・・・!」

ブーンは既に司法試験一次試験に合格し、二次試験の受験資格を得ていた。

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:24:02.23 ID:0YjKoum20
ピロリロリロ
( ^ω^)「電話だ。だれだお?あ、ツンだお   もしもし?」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、ブーン?ちょっと聞きたいんだけど、あんたあたしの携帯しらない?」
( ^ω^)「いま持ってるそれがツンの携帯だお」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:31:45.73 ID:0YjKoum20
オハヨー
       オハヨー

( ^ω^)「おはよーだお」
('A`)「おう、昨日は委員会おつかれ」
( ^ω^)「またいろんな本がはいるお。ドクオもたまには図書館にくるお」
('A`)「会長職もなかなかいそがしくてな。暇が出来たらいくさ。」
( ^ω^)「まってるお」
ξ゚⊿゚)ξ「おはよー。今日も寝ぼけた顔してるわね」
( ^ω^)「ツン、スカートの下からパジャマがでてるお」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:33:07.90 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「あーもう!はい、これでいいんでしょ!」
( ^ω^)「脱ぐのはパジャマだけでいいんだお」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:54:57.49 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「服みたいからつきあってくれお」
ξ゚⊿゚)ξ「しょうがないわね。つきあってあげるわよ」
( ^ω^)「助かるお」
ξ゚⊿゚)ξ「あたしも新しい服欲しいしね」

( ^ω^)「これなんかどうだお」
ξ゚⊿゚)ξ「あんたはだまってなさい。全部きめてあげるから。」
五分後
ξ゚⊿゚)ξ「どうこれ、似合う?」
( ^ω^)「似合うお。かわいいお」
ξ///)ξ「そ、そう?じゃあこれにしようかな・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「はー、新しい服も買ったし満足だわ」
( ^ω^)「ツン、ブーンの服買ってないお」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:57:07.11 ID:0YjKoum20
喫茶店

ξ゚⊿゚)ξ「フレンチブレンドください」
( ^ω^)「ブーンはアメリカンをもらうお」
ξ゚⊿゚)ξ「ここのアメリカンまずいわよ?」
( ^ω^)「いいんだお。薄いだけのシャビシャビコーヒーがスキなんだお」
ξ゚⊿゚)ξ「ふーん、あたしは濃いコーヒーじゃないと飲んだ気しない・・・飲みにくいわね」
( ^ω^)「ツン、スプーンをカップから出せお」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:58:41.06 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「ここのケーキはすごく美味しいんだから・・・食べにくいわね」
( ^ω^)「ツン、フィルムはがせお」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 18:59:28.15 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「ごちそうさま、さ、帰りましょ」
( ^ω^)「ツン、そっち厨房だお」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:02:17.49 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「このところツンのバカっぷりがすごいお」
( ^ω^)「でも必ず一緒に暮らして治すんだお」
( ^ω^)「でもバカなのもかわいいお」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:03:41.98 ID:0YjKoum20
五月第二日曜、司法試験二次試験単答式

翌日、ブーンの自己採点54点

試験通過間違い無しの高得点であった

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:05:43.58 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「おはよーだお」
('A`)「おう、自己採点どうだった?」
( ^ω^)「なんとかなりそうだお」
('A`)「まあおまえなら大丈夫だよな」
ξ゚⊿゚)ξ「おはよー」
( ^ω^)「ツン、箸は家においてこいお」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:13:55.70 ID:0YjKoum20
授業中

ξ゚⊿゚)ξ「あら、このペン書きにくいわね」
( ^ω^)「だから箸は置いてこいお」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:16:02.30 ID:0YjKoum20
六月

ξ゚⊿゚)ξ「はー・・・梅雨ねえ・・・」
( ^ω^)「ツン、傘はもってきたかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「ば、バカにしないでよね。ちゃんと持ってきてます!」
( ^ω^)「ツン、持ってんならさせお」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:19:25.01 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「あら、アジサイ」
( ^ω^)「きれいだお」
ξ///)ξ「な、なによ急に・・・」
( ^ω^)「ツン、アジサイの話だお」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・アジサイってどういう感じだっけ?」
( ^ω^)「紫陽花だお。しようかって書くんだお」
ξ゚⊿゚)ξ「しようか?」
( ^ω^)「そうだお」
ξ゚⊿゚)ξ「なにを・・・?」
( ^ω^)「ツン、アジサイの話だお」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:21:02.02 ID:0YjKoum20
七月

ξ゚⊿゚)ξ「あっついわねー・・・あら、あたしの下敷き知らない?」
( ^ω^)「ツンがうちわ代わりに使ってるのがそうだお」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:22:25.33 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「あれ・・・?水着もってきたのに・・・ブーン、あたしの水着しらない?」
( ^ω^)「しししししし、しらないお・・!!」
('A`)(俺は知ってるがな。見たぞブーン)

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:23:43.68 ID:0YjKoum20
七月下旬 司法試験二次試験論文式

( ^ω^)「間違ったことを想像で書いたりはしなかったお」
( ^ω^)「多分大丈夫だお」
( ^ω^)「ブーンは必ず受かるんだお!」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:28:42.01 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「地元の新聞が取材に来たお」
( ^ω^)「高校生受験者ってことで少し注目されたお」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン!あんた新聞に載ってるわよ!」
( ^ω^)「取材されたんだお。司法試験受ける高校生がめずらしいって」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・」
( ^ω^)「ツン・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・あんた、なにしたの?」
( ^ω^)「ツン、だから受験で取材されたんだお」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:36:11.72 ID:0YjKoum20
プール

ξ゚⊿゚)ξ「今日は泳ぐわよ!」
( ^ω^)「ひさしぶりに体をうごかすお!おっおっおっ!」
ξ゚⊿゚)ξ「水着も買ったしね!」
( ^ω^)「かわいいやつだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「そうよ!かわいいやつ買ったのよ!」
( ^ω^)「ブーンも新しいの買ったお!」
ξ゚⊿゚)ξ「そうよ!あたしが選んであげたのよ!」
( ^ω^)「ブーンも気に入ってるお!」
ξ゚⊿゚)ξ「ロッカーは覚えやすいようにあんたの隣をつかうわよ!」
( ^ω^)「ツン、女性用のロッカールーム使えお」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:42:31.79 ID:0YjKoum20
花火

ξ゚⊿゚)ξ「あんたピザだから浴衣似あうわね」
( ^ω^)「ピザは余計だお」

ヒュー・・・・ドン!

( ^ω^)「たーまやー!」
ξ゚⊿゚)ξ「え?た、たーまやー・・・!」

ヒュー・・・・ドン!

( ^ω^)「かーぎやー!」
ξ゚⊿゚)ξ「か、かーぎやー!」

ヒュー・・・・ドン!

( ^ω^)「カイヤ!」
ξ゚⊿゚)ξ「えっ!?カ、カイヤ!」
( ^ω^)「カイヤ!」
ξ゚⊿゚)ξ「カイヤ!」
('A`)「カイヤ!」
( ^ω^)「カイヤ!」
('A`)「カイヤ!」

( ^ω^)「盛り上がりすぎてツンとはぐれたお」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:46:15.27 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「ツーン!ツーン!どこいったおー!」
('A`)「俺はあっちを探してくる」
( ^ω^)「頼むお!ツーン!」

DQN「お、かわいい子がいるじゃん」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:48:35.11 ID:0YjKoum20
ヒュー・・・・ドン!

( ^ω^)「ツーン!ツーン!」

ヒュー・・・・ドン!

DQN「いいからこっちこいよオラァ!」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょ!あんたなにすんの!ふざけ・・・ブーン!ブー・・・・ン!」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:49:38.41 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「!!いまツンの声がしたお!あっちだお!」

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:52:00.03 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「離しなさいよ!ブーン!助けてブーン!」
DQN「助けなんかこねえんだよ!黙って犯されろや!」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン!!たすけて・・・あんたはあたしと仲良くするんでしょう・・・ブーン」





⊂二二二( ^ω^)二⊃ そのとおりだお!仲良くするんだお!
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン!」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:53:20.91 ID:0YjKoum20
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

ドカン

DQN「うおっ!なんだこいつ!ちくしょう!仲間のみなさん!手を貸してくれ!」
DQNズ「まかせろ!」
DQNズがあらわれた!

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:55:12.16 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「ツン!大丈夫だったかお!なにもされてないかお!」
ξ゚⊿゚)ξ「あ・・・あ・・・」
( ^ω^)「ツン!しっかりするお!」
ξ゚⊿゚)ξ「だ、だいじょうぶ、死ぬ気で抵抗してたから・・・」
( ^ω^)「・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「な、なにも・・・はぁっ、はあっ!」
( ^ω^)「おちつくお・・・抱きしめてあげるからおちつくお・・・」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:56:22.75 ID:0YjKoum20
DQN「あのピザ、いちゃつきやがって・・・!」
DQNズ「やっちまおう!」
     「やっちまおう!」
     「やっちまおう!」
     「やっちまおう!」
     「やっちまおう!」

('A`)「無理だ」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 19:59:02.45 ID:0YjKoum20
DQNズ「な、なんだお前」
('A`)「知らないのか?俺を?本当に?」
DQNズ「知るか!」
DQN「あ!ま、待て!こいつ確か・・・!」
('A`)「知ってるやつがいるのか。じゃあ、お前、それ以上、喋るな」

DQNズ「やっちまえ!イーッ!」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:00:29.95 ID:0YjKoum20
ヒュー・・・・ドン

           ゴッ   バチッ

         ヒュー・・・・ドン

    ド、ド、ド、  グァガッ

                     ヒュー・・・・ドン

              ゴリッ  プリリーン メシャ

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:02:39.87 ID:0YjKoum20
DQN「あ、あいつは・・・VIP高の戦う生徒会長・・・」


         ゴンゴンゴン

                   プチッ

            バキューン


DQN「に、逃げ・・・」
(#^ω^)「・・・待つお」

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:04:25.22 ID:0YjKoum20
DQN「ひっ!」
(#^ω^)「ちんちん見せろお」
DQN「ひぃっ!え・・?」
(#^ω^)「いいから見せろお!えいっ!」

クンクンクン

( ^ω^)「確かにツンの匂いはしないお。なにもされてないのは本当だお」

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:08:20.86 ID:0YjKoum20
('A`)「ふう、終わったぞ。おい、ブーン、そいつどうする?」
( ^ω^)「助かったおドクオ。ちょwwwおまwwwwその腕捨ててこいおwwwwwww」
('A`)「え?ああ・・・ポイス」

ドサッ
DQN「ヒィッ!」
('A`)「よしお前、どのでっぱりをへし折られたいんだ?」
DQN「い、い、い、いやだぁ・・・・・たすっ・・・たすっ・・・」
('A`)「・・・答えないならチンコだな」

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:09:14.42 ID:0YjKoum20
ブチ

伝説のニューハーフ、どんぐり貴子が誕生した夜だった。

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:12:23.36 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「ツン、もう全部すんだお。もう大丈夫だお」
ξ゚⊿゚)ξ「ハッ・・・ハッ・・・あ、ありがとう・・・だいぶ落ち着いてきたわ」

('A`)「・・・・」
('A`)「なんかむかつくな。帰ろう。」

( ^ω^)「ツン、ごめんだお。うっかり目を離したお・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「ううん、あたしこそごめん・・・」
( ^ω^)「・・・そんな・・・ツンらしくないお・・・もっと元気出すお」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・そ、そうよ、アンタがあたしを守らなくてどうするのよ」
( ^ω^)「そうだお、ブーンはツンを守るんだお」
ξ゚⊿゚)ξ「わかってるなら、もう、一人にしないでよね・・・」
( ^ω^)「しない、一人にしないお」

ヒュー・・・・ドン

ξ゚⊿゚)ξ「あ・・・カイヤ!」
( ^ω^)「ツン、カイヤは外人だお」

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:16:07.18 ID:0YjKoum20
新学期

( ^ω^)「おはよーだお」
('A`)「おう」
( ^ω^)「あれからどうしたお?いつのまにか帰っちゃって」
('A`)「いや、とりあえず全員あつめて、うちの地下でサイボーグ化してる」
( ^ω^)「マジかお!」
('A`)「いずれサイボーグ雑疑団『上海ヌーン娘。』として売り出す」
( ^ω^)「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「おはよー」
( ^ω^)「ツン、制服きてこいお」

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 20:23:18.45 ID:0YjKoum20
体育祭

( ^ω^)「ブーンは借り物競争だお」

スタート!バン!
( ^ω^)「はあっ、はあっ、ガサゴソ・・・えーと?メガネ?誰かメガネかしてくれお!」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、あたしの持ってって!」
( ^ω^)「ツン、お前メガネしてないお。誰かメガネー!」

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 21:16:06.04 ID:0YjKoum20
( ^ω^)「次のプログラムは・・・生徒会長組体操・・・?ひとりでなにやるんだお」

('A`)「俺は地味に組み体操」
('A`)「全員集合!カチ!」

ウィーン ウィーン ウィーン
  ガシャ  ガシャ  ガシャ

( ^ω^)「・・・すごいお」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン!メガネ買ってきた」
( ^ω^)「ツン、何もかも間違ってるお」

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 21:22:46.62 ID:0YjKoum20
ξ゚⊿゚)ξ「あたしは・・・なんだっけ?」
( ^ω^)「ツン、さっき終わった障害物競走だお」

ξ゚⊿゚)ξ「あ・・・すっぽかしちゃったね・・・」
( ^ω^)「ツン、ぶっちぎりで一位だったお」

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 22:41:31.16 ID:3HgrfVwf0
衣替え

( ^ω^)「うちは詰襟だお。正直クビが苦しいお」
ξ゚⊿゚)ξ「ピザに詰襟はきついでしょうね」
( ^ω^)「ピザは余計・・・ツン、ツンは詰襟じゃないお」

( ^ω^)「・・・正直、死ぬほど萌えたお」

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 22:41:49.59 ID:3HgrfVwf0
文化祭準備

( ^ω^)「うちのクラスは科学部と共同でアスレチックルームをやることになったお」
( ^ω^)「科学部の部室を使って、うんていとか、平均台とか置いて、タイムを競うんだお」
( ^ω^)「こんな大掛かりなこと、よく通ったお・・・誰が提案したんだお」

('A`)

( ^ω^)「毎日少しづつ科学部室がアスレチックに変わっていくお」
ξ゚⊿゚)ξ「あー、重い。はい、ダンベル持ってきたわよ」
( ^ω^)「ツン、そのアスレチックじゃないお」

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 22:42:06.28 ID:3HgrfVwf0

十月 司法試験二次試験口述式

( ^ω^)「とんでもなく緊張したお。間違ったことは言わなかったと思うけど、録音したわけじゃないから確認はできないお・・・。」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ブーンおかえり」
( ^ω^)「ただいまだお。つかれたお」
ξ゚⊿゚)ξ「小麦粉は?」
( ^ω^)「ツン、そんなおつかい頼まれてないお」

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 22:42:22.83 ID:3HgrfVwf0
土曜日

( ^ω^)「土曜の午後は文化祭の準備でいそがしいお」
ξ゚⊿゚)ξ「みんな休憩ー。おやつ用意したわよー」
( ^ω^)「ツンは気がきくお」
ξ///)ξ「ほ、誉めてもなにも出ないんだからねっ!」
( ^ω^)「ツン、おやつはだせお」

283 :書き溜めおわり:2006/04/22(土) 22:42:41.34 ID:3HgrfVwf0
月曜日

( ^ω^)「いてて・・・二日たっても筋肉痛が抜けないお。文化祭準備も大変だお」
('A`)「おう」
( ^ω^)「あ、おはよーだお」
('A`)「準備着々だな」
( ^ω^)「みんながんばってるお。・・・そういえば科学部のへんなでかい箱はなんだお?」
('A`)「いまは言えん」
( ^ω^)「・・・・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「おはよー」
( ^ω^)「ツン、カーラーは家においてこいお」

( ^ω^)「あの巻き毛はあんなレトロなスキルでやってたのかお・・・」

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 22:46:04.15 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「学食のメニューが変わったお」
ξ゚⊿゚)ξ「温かい汁物が増えたわね。冷え性だし助かるわ」

( ^ω^)「ツン、なんでざる蕎麦だお」

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 22:49:00.40 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「とうとう文化祭ウィークだお」
( ^ω^)「月・火・水・木の四日間文化祭やるお」
( ^ω^)「変な日程だお」

( ^ω^)「そういえば偶然にも司法試験の合格発表が文化祭の最終日だお」

290 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 22:52:30.01 ID:3HgrfVwf0
登校

わんわん!

( ^ω^)「野良犬だお!危険だお!」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン、あんたの弁当の匂いにつられてるみたいよ」
( ^ω^)「うう、もったいないけど弁当をおとりにして逃げるお」

わんわん!

( ^ω^)「それっ!」ポイッ
ξ゚⊿゚)ξ「食べ物を粗末にしちゃダメ!」
( ^ω^)「ツン、いま言うことじゃないお!にげるお!」

293 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 22:56:11.13 ID:3HgrfVwf0
下校

わんわん!

( ^ω^)「またかお!もう弁当はないお!」
ξ゚⊿゚)ξ「お弁当くれる人ってことで覚えちゃったみたいね」
( ^ω^)「砂をぶつけてにげるお!」

わんわん!

( ^ω^)「それっ!」バッ
ξ゚⊿゚)ξ「あんた動物になんてことするのよ!」
( ^ω^)「ツン、いま言うことじゃないお!」

296 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 23:10:10.51 ID:3HgrfVwf0
文化祭二日目

( ^ω^)「アスレチックは好評だお」
('A`)「苦心した甲斐があったな」
( ^ω^)「それにしても子供が多いお。平日によくこんなに来るもんだお」
('A`)「俺が近所の小学校に呼びかけてVIP高校学園祭に呼んだんだ」
( ^ω^)「よくそんな・・・よくそんな・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「あー、人が多くてさばききれないわ」
( ^ω^)「ツン、子供を阻止するなお」

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 23:12:42.81 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「ちょっと休憩してほかの展示もみてくるお」
ξ゚⊿゚)ξ「い、一緒にいってあげようか?」
( ^ω^)「うん。ツンと一緒にまわるお」
ξ゚⊿゚)ξ「よし、じゃあついてらっしゃい!」

ξ゚⊿゚)ξ「なんか展示が地味ねえ」
( ^ω^)「ツン、職員室に何を期待したんだお」

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 23:18:13.97 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「体育館で軽音がバンドやってるお!見に行くお!」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、まちなさ・・・」
( ^ω^)「別にブーンだけ走っていったりはしないお」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・」
( ^ω^)「ひとりにはしないんだお」

( ^ω^)「なんかよく見えないけど、歌の人がやたらうまいお」
ξ゚⊿゚)ξ「なんか『おまつり』って感じね!」
( ^ω^)「誰がうたって・・・あ」

('A`)「ア、アン、ア、アン、アーアアッア♪」

( ^ω^)「超人だお・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「ん~!カイヤ!」
( ^ω^)「ツン、やめ・・カイヤ!」

304 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 23:21:41.17 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「昼は屋台のたこ焼きだお」
ξ゚⊿゚)ξ「なかなか上手にできて・・・食べにくいわね」
( ^ω^)「ツン、楊枝はたべるときに抜けお」

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 23:25:01.57 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「歴史研究会の展示だお」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・」
( ^ω^)「・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・」
( ^ω^)「ふう、なかなか読み応えのある展示だったお」
ξ゚⊿゚)ξ「すごく濃い内容だったわね」
( ^ω^)「そろそろ科学部室にもどるお」
ξ゚⊿゚)ξ「そうね」

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ、ここの年号なんだけど、間違ってない?」
( ^ω^)「ツン、展示は置いて来いお」

307 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 23:30:39.53 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「さあ、今日壊れた部分を補修してしまうお」
ξ゚⊿゚)ξ「やるわよ!」

トンテントンテン

ξ゚⊿゚)ξ「・・・ねえブーン・・・」
( ^ω^)「なんだおー。手が離せないからそこから話せおー」
ξ゚⊿゚)ξ「確認するけど、どっちだっけ」
( ^ω^)「どっちってなにがだおー?ああ、なんか次から次へと故障箇所がみつかるお」
ξ゚⊿゚)ξ「直すんだっけ?」
( ^ω^)「ツン、そうだお、直すほうであってるお」
ξ゚⊿゚)ξ「あ、そう、じゃあ、えーと、ごめんなさい」

315 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 23:36:18.82 ID:3HgrfVwf0
ツンは帰されてしまいました。
クラスの女の子が送っていきました。

( ^ω^)「やっとおわったお」
('A`)「おう、おつかれ」
( ^ω^)「あれ?どこ行ってたお」
('A`)「バンドのあと、生徒会の演劇やってきた」
( ^ω^)「超人・・・」

('A`)「ところでさ、お前」
( ^ω^)「なんだお」
('A`)「試験に受かってたとして、修習はどうするんだ?」

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 23:38:55.56 ID:3HgrfVwf0
('A`)「修習期間はツンと離れることになるんじゃないか?」
( ^ω^)「ちゃんと考えてあるお」
('A`)「・・そうか、それならいいんだけどな」
( ^ω^)「それより言っておくことがあるお」
('A`)「なんだよ」
( ^ω^)「あのでかいはこ、さっき泣いてたお」
('A`)「・・・まあ・・・な」

318 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 23:44:21.22 ID:3HgrfVwf0
三日目

( ^ω^)「・・夕べとでかい箱の位置がちがうお・・・なんか湿ってるし・・」
ξ゚⊿゚)ξ「さあ子供たち!かかってらっしゃい!」
( ^ω^)「ツ・・あれはあれでいいお。なんか人気者になってるお」

ワーワー

            ワーワー

      ツエーゾコノオネーチャン

322 :1 ◆JOu.0K.e0A :2006/04/22(土) 23:51:32.82 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「今日の昼は料理部の本格料理を食べるお。予約しておいたお」
ξ゚⊿゚)ξ「うちの料理部有名だからね・・期待できるわ」

ξ゚⊿゚)ξ「おいし・・・けどスープと伊勢海老とデザートが食べにくいわね・・」
( ^ω^)「ツン、スプーン使えお、殻ははずせお、それはろうそくだお」

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 23:53:22.52 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「おいしかったお」
ξ゚⊿゚)ξ「デザート以外はね」
( ^ω^)「食後のコーヒーいくお」
ξ゚⊿゚)ξ「そうね」

ξ゚⊿゚)ξ「あれ?スプーンが多いわね」
( ^ω^)「ツン、料理部に返してこいお」

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/22(土) 23:59:41.18 ID:3HgrfVwf0
( ^ω^)「ただいまだおー」
クラスメイト「おっ、おかえり」
( ^ω^)「あれ?ドクオはどこいったお」
クラスメイト「なんか箱ひきずってどこか行ったよ」
( ^ω^)「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン!手伝って!子供の侵入を防がなきゃ!」
( ^ω^)「ブーンは司令部に一旦もどるお。しばらく持ちこたえろツン軍曹!」
ξ゚⊿゚)ξ「え?ハッ!死守します!」

ワーワー

                       ワーワー
     
            オネーチャンブキハヤメテー

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:07:41.13 ID:1ql1vJ/i0
( ^ω^)「ドクオはどこいったんだお・・・あの箱がいっしょならそんなに遠くじゃないはずだお」

グチャ・・・ペチャ・・・

( ^ω^)「・・・いやな音がしたお」
|ω^)コソリ

('A`)「おちついて食え」

|ω^)・・・

|

334 :12時過ぎたか ◆JOu.0K.e0A :2006/04/23(日) 00:13:20.43 ID:1ql1vJ/i0
帰り道

( ^ω^)「今日もたいへんだったお」
ξ゚⊿゚)ξ「子供もしつこくってねー ガチャガチャ」
( ^ω^)「いやいや、子供は鬼軍曹相手によく戦ったお」
ξ゚⊿゚)ξ「失礼ね!・・ふふ ガチャ」
( ^ω^)「・・・あはは」
ξ゚ー゚)ξ「ふふ!ふふふ!ガチャ」
( ^ω^)「おっおっおっ」
ξ゚⊿゚)ξ「その笑い方なんとかしなさい」
( ^ω^)「いいから食器は料理部に返せお」

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:15:15.56 ID:1ql1vJ/i0
ツンを送り届けて、ブーンは自宅まで歩く

( ^ω^)「とうとう明日が合格発表だお」
( ^ω^)「自信は・・・あるようなないような・・・」
( ^ω^)「なんとか受かりたいお・・・!受かって、ツンに・・・!」

わんわん!

( ^ω^)「またかお!」

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:26:48.36 ID:1ql1vJ/i0
最終日

( ^ω^)「今日で文化祭もおわりだお」
ξ゚⊿゚)ξ「やっとおわりねー」
( ^ω^)「ツンもよくがんばったお」
ξ///)ξ「な、なによ。誉めてもなにもでないんだからね!」
( ^ω^)「ツン、スカートからトイレットペーパーが出てるお」

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:32:35.50 ID:1ql1vJ/i0
('A`)「今日は最終日だ!全校、気合は入ってるか!?」

オー オー

      オー

ξ゚⊿゚)ξ「箸も用意したわよ!」
( ^ω^)「置いてこいお」

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:35:32.92 ID:1ql1vJ/i0
( ^ω^)「合格発表は、法務省のHPで午後四時半だお」
( ^ω^)「うー・・・落ち着かないお」
ξ゚⊿゚)ξ「ねー、あたしは今日も軍曹でいいの?」
( ^ω^)「ツン、その役目はもともとないお」

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:41:56.08 ID:1ql1vJ/i0
( ^ω^)「今日はドクオが何かやるつもりだお」
( ^ω^)「ああああ、合格発表おちつかないお」
( ^ω^)「ツンはやっぱり軍曹やってるお」

四時になりました

( ^ω^)「携帯で司法試験板のぞいてるお」

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:48:49.31 ID:1ql1vJ/i0
( ^ω^)「はぁはぁ・・・どきどき・・・」
( ^ω^)「はぁはぁ・・・どきどき・・・」
( ^ω^)「も、もうすぐ四時半だお・・・」

ドカーン

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:51:16.14 ID:1ql1vJ/i0
( ^ω^)「な!なんだお!」

科学部室のドアを破壊したのはあやしいサイボーグの一団であった

( ^ω^)「ドクオかお!やりすぎだお!」

('A`)「よし!かかれ!カチ」
サイボズ「イーッ!」

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:53:53.75 ID:1ql1vJ/i0
ガン!ガン!ガン!
サイボーグたちがアスレチック施設に飛びつく。そしてそれを食べ始めた!

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっとあんたたち!」
( ^ω^)「ツン!とにかく逃げるお!」
ξ゚⊿゚)ξ「そんなもの食べるとお腹壊すわよ!」
( ^ω^)「ツン!いま言うことかお!逃げるお!子供たちもこっちへ!」

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 00:55:44.53 ID:1ql1vJ/i0
ブーンたちは子供たちをつれて校庭へ出た。
科学部室の方からはまだ怪しい音がしている。

( ^ω^)「よりによって一番子供が多い日に、なんてことをするんだお・・・!」

グアバッ!
科学部室の壁を突き抜けあらわれたそれは!

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:08:48.18 ID:1ql1vJ/i0
アスレチックの用具を吸収し、しかも数体が合体して巨大になった上海ヌーン娘。であった。

( ^ω^)「アホー!ドクオはあれに乗ってるのかお!?」
('A`)「ふん、わかってないな。」
( ^ω^)「あれ?じゃああれはどうやって動いてるんだお?」
('A`)「自律稼動」
( ^ω^)「じゃああいつは好きに動くのかお?」
('A`)「もちろん」

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:10:20.13 ID:1ql1vJ/i0
('A`)「生徒会長の人気は文化祭後一週間!」
('A`)「その任期を伝説とともに終えるため!」
('A`)「俺はこれをつくったんだ!」
( ^ω^)「どういうことだお!」
('A`)「あれを!俺が倒す!」

370 :1 JOu.0K.e0A :2006/04/23(日) 01:44:09.31 ID:vVQXg9k80

( ^ω^)「あほ!それに子供の多い日にしなくてもいいお!」
('A`)「バカだな・・・子供を守って戦うというオプションがどれほど俺の評価を高めるか・・・」
( ^ω^)「子供を危険に晒したのもドクオだお!」
('A`)「いまさら言ってもしょうがないだろう!」
( ^ω^)「バカだ!おまえはバカだお!バカー!」
('A`)「ああ、バカでいい。だが見ておけ、俺の雄姿を!!」

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:47:10.77 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「ちょ・・・しょうがないお、みんなを避難させるお」
( ^ω^)「子供たち!校舎づたいに校門まで逃げるんだお!一緒に来たお友達はみんないるかお?」
子供「いるよー」
( ^ω^)「じゃあいくお!」
子供「あ、おねーちゃんがいないー」
( ^ω^)「・・・え?」

子供「軍曹のおねーちゃんがいないよー」

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:51:33.50 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「ツン・・・ツンは・・・」

いた。巨大サイボーグの頭部に。

(#^ω^)「ドクオぶっ殺すお・・・」

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:55:16.24 ID:vVQXg9k80
('A`)「はっ!えりゃっ!おおおお!」
(#^ω^)「ドクオー!」
('A`)「おうらっ!バカ!ブーンは下がってろ!危ないぞ」
(#^ω^)「バカは正真正銘お前だお!頭見るおアタマ!」
('A`)「あン?・・・あ。」
(#^ω^)「ぶっ殺すお!」
('A`)「わかった!一緒にサイボーグをぶったおすぞ!」
(#^ω^)「都合よくスリかえるなお!でもそれしかないお!うわー!」

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:57:56.05 ID:vVQXg9k80
('A`)「俺が隙を作る!お前がスピードでツンを奪い取れ!」
( ^ω^)「わかったお!」
('A`)「だが正直、こいつは強い!実は俺より強い!」
(#^ω^)「・・・なんでまた・・・!」
('A`)「弱いものいじめなんかできるかよ!」
( ^ω^)「わけわからんお!とにかく隙をつくってくれお!」

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 01:59:10.27 ID:vVQXg9k80
ブーンは分析した。
サイボーグの背は高い。
ドクオが隙を作ったとして、はたして頭部までたどりつけるか?

( ^ω^)「どうしたら・・・はっ。」

ブーンは屋上へ向かった

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:02:53.90 ID:vVQXg9k80
屋上から、ブーンは理論家の目で眼下を見た。
自分のトップスピード、重力加速度、屋上の高さ、角度とか。
( ^ω^)「・・・いけるお」

('A`)「おおおおお!限ッ!界ッ!を!超えてこそ!生徒会長なんだよおおおおおお!!!!!」
( ^ω^)「そんな定義は聞いたことはないが、」

ドガン!グラリ・・・

( ^ω^)「隙が・・・!いまだお!」
( ^ω^)「空もとべるはず・・・!」

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:03:57.12 ID:vVQXg9k80

          /⌒ヽ
   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        |    /       ブーン
         (   ノ
         ノ>ノ 
     三  レレ

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:04:42.04 ID:vVQXg9k80
小学生たちは見た。


「・・・飛んでる・・・」

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:06:51.23 ID:vVQXg9k80
自由落下に伴う浮遊感を感じながら、ブーンは重力どおりに、計算どおりにサイボーグの頭部へ

とりついた。

( ^ω^)「ツン!いま助けるお!」
ξ-⊿-)ξ「・・・・・・」

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:09:57.55 ID:vVQXg9k80
ブーンはツンをむしりとると、ドクオへ合図し、サイボーグの背中を勢いよく駆け下りた。

('A`)「いよおおおおおし!生徒会長の姿を、お前ら見ておけ!次期生徒会!学園を守るとはこういうことだ!」
('A`)「必!殺!無トンファーキック!」

ドガー

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:12:39.56 ID:vVQXg9k80
一定以上のダメージを受け、巨大サイボーグは連結を解き、もとのサイズのサイボーグたちにもどった。

('A`)「おおおおお!見たか!おおおおお!」
(#^ω^)「見たかじゃないお!お前ぶん殴るお!」
('A`)「そいつはごめんだ。さらば!カチ」

サイボーグたちがドクオを担いで逃げてゆく

(#^ω^)「・・・超人め・・・」

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:14:43.64 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「ツン!ツン!大丈夫かお!」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・あ、あれ?」
( ^ω^)「大丈夫かお?大丈夫かお?」
ξ゚⊿゚)ξ「え・・・と、わからない。なんで校庭にいるの?」
( ^ω^)「ずっと気を失っていたのかお。ツン、体に痛いところとかないかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「痛いところ?うーん?とくに無いみたいだけど・・・ガチャ」
( ^ω^)「それは料理部に返しておけっていったお」

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:16:58.22 ID:vVQXg9k80
科学部室の壁はいつのまにか修復されていた。サイボーグたちの一部が直したのだろう。
そういえば、アスレチックの解体も結果的に済んでしまった。
ドクオならこれも計算していたのかもしれない。

('A`)「上海ヌーン娘。の経験値もあがったし、万々歳だな」

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:20:14.84 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「・・・帰るお。ツン、うちに帰るお」
ξ゚⊿゚)ξ「そ、そうね。あの、ブーン?」
( ^ω^)「なんだお?」
ξ゚⊿゚)ξ「その、そろそろ下ろしてくれていいから・・・」
( ^ω^)「だっこはイヤかお?」
ξ///)ξ「イヤ・・・じゃない」
( ^ω^)「じゃあこのまま帰るお・・・それにツン」
ξ///)ξ「・・・なに?」
( ^ω^)「下駄とハイヒールじゃ歩きにくいお」

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:23:52.14 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「ツンを送ったお」



( ^ω^)「あ、試験結果・・・」

携帯で司法試験板を見る。

112 名前:氏名黙秘[s] 投稿日:2005/11/xx(木)16:29:05 ID:???
  結果発表されたぞ!
  http://xxxxx.xxxxxxxxxxxxxxx/index.html


( ^ω^)「・・・落ちてるお・・・」

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:24:31.06 ID:vVQXg9k80
ブーンはその夜、泣いた。

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:30:02.15 ID:vVQXg9k80
翌日

(ヽ^ω^)「さすがにがっくりキタお・・・」
('A`)「おう」
(ヽ^ω^)「・・・おはよーだお。ぶっころ・・・まあもういいお・・・」
('A`)「・・・?どうしたんだ?」
(ヽ^ω^)「・・落ちたんだお・・・」
('A`)「は?お前受かってたぞ?」

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:30:52.77 ID:vVQXg9k80
(ヽ^ω^)「・・・・・」
( ^ω^)「え?」

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:36:05.88 ID:vVQXg9k80
('A`)「ほら、法務省のHPだ。お前受かってるだろ?」
ドクオは携帯を見せていった
( ^ω^)「ほほほほほ」
('A`)「あん?」
( ^ω^)「ほほーほんとだお!!」
('A`)「な?」

( ^ω^)「え、でも昨日は・・・」
('A`)「どれ、ちょっと見せてみろ・・・ああ、これ違うな。よく見ろ」

  112 名前:氏名黙秘[s] 投稿日:2005/11/xx(木)16:29:05 ID:???
                                ↑
('A`)「発表は四時半だろ?これ偽ページだな」

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:40:26.40 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「偽・・・そんなもんにひっかかったのかお・・・」
('A`)「落ち着いて見れば一目瞭然じゃねえか。なんだかなあ」
(#^ω^)「昨日落ち着いてなかったのは誰のせいだと思ってるお」
('A`)「よし、お前の言いたいことはわかった。許せ。」
(#^ω^)「ゆる・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「おはよー」
( ^ω^)「ツン、布団は置いてこいお」

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:42:53.31 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「それよりツン!受かったんだお!試験に受かったんだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「え?何の話?」
( ^ω^)「司法試験に受かったんだお!」
ξ゚⊿゚)ξ「しほう・・・しけん・・?」

いたぞー!
高校生合格者の内藤くんだー!
取材フォーメーションをとれ!

( ^ω^)「う、うわ、ちょwwwツンと話がwwwwwうわー」

ξ゚⊿゚)ξ「受かったの・・・おめ・・・でとう・・・」


ツンは理由のわからない寂しさを味わっていた

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:44:30.68 ID:vVQXg9k80
ξ゚⊿゚)ξ「ねえドクオ・・・ちょっと聞きたいんだけど」
('A`)「ん?どうした?」
ξ゚⊿゚)ξ「えーと、何を聞いたらいいのか・・いいわ、『いまのブーンの状況』を教えて」
('A`)「(こいつもこういうところ賢いんだよなあ・・・)わかった」

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:46:44.59 ID:vVQXg9k80
('A`)「・・・というわけで、ブーンは司法試験に合格したんだ。」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・それじゃまだ私の気持ちの理由がわからないわ。ブーンは今後どうなるの?」
('A`)「・・・春になったら、司法修習生として、別の土地で勉強をするんだ・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・!別の・・・!?」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーンは・・・いなくなるの・・・?」

ξ゚⊿゚)ξ

ξT⊿T)ξ

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:48:12.08 ID:vVQXg9k80
だから!だから寂しかったんだ!

ブーンがいなくなるから!

ブーンがいなくなるから!

・・・

こんなに好きなのに!!

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:51:03.20 ID:vVQXg9k80
('A`)「・・・今日は帰ったほうがいいんじゃねえか?サイボーグに送らせるよ」
ξT⊿T)ξ「ブーンが・・・!ブーンが・・・!」
('A`)「布団も一緒に送ってやるよ・・おまえ、敷布団も持ってきたのか」
ξT⊿T)ξ「布団は!布団は!かけ敷きそろって布団でしょう!そろってないとダメなの!ダメなの!」
('A`)「・・・そうだな・・・」
432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:53:42.86 ID:vVQXg9k80
('A`)「・・・あ、ブーンが解放されたな」
( ^ω^)「ひ、ひどいめにあったお・・・あれ?ツンは?」
('A`)「帰ったよ。お前が春から修習だってこと言ったらショックを受けててな」
( ^ω^)「え、ブーンは修習いかないお?」

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:54:59.36 ID:vVQXg9k80
ドンドン!

 ドアが鳴っている

ツン!話をきけお!

 ブーンが叫んでる

ドンドン!

 でも、いなくなっちゃうの・・・?

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 02:57:10.63 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「開けてくれお!ツン!話をきいてくれお!」


ドアの向こうでかすかな音がした
ツンの細い声が聞こえる
「・・・いま・・・開けるから」

カチャ

カチャ

「あれ?」
( ^ω^)「ツン、閉めてどうするお」

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 03:02:37.91 ID:vVQXg9k80
ξT-T)ξ「・・・ブーン、アンタが好きよ」
ξT-T)ξ「言葉にならないくらい好き」
ξT-T)ξ「感謝だってすごくしてる」
ξT-T)ξ「でも・・・いなくなるブーンは・・・!イヤ!」
ξT-T)ξ「ひとりに・・・しないで・・・!」

( ^ω^)「しないお!ひとりにしない!しないお!」

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 03:05:51.12 ID:vVQXg9k80
( ^ω^)「ブーンは、いまから本を書くお」
ξT-T)ξ
( ^ω^)「出版は二月の予定だお」
ξT-T)ξ
( ^ω^)「内容は、高校生が司法試験にうかる体験記だお」
ξT-T)ξ
( ^ω^)「しばらくはその収入で生活するんだお」
ξT-T)ξ
( ^ω^)「修習にいくのは、ツン、君が安心して暮らせるようになってからだお」
ξT-T)ξ

( ^ω^)「ツン、結婚しよう。一緒に暮らそう。」

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 03:06:58.41 ID:vVQXg9k80
ξT-T)ξ「・・・・・・はい」

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 03:09:36.31 ID:vVQXg9k80
桜三月 別れの季節
さりとて二人に 別れはあらず
ともに暮らすと 心に決めた
ともに白髪の 抜け落ちるまで

思えばはじめは 恋心
いつしかそれは 愛しさへ
貴女の不幸を 見捨てずに
選びし道は 「守り抜く」

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 03:11:47.89 ID:vVQXg9k80
守りぬくには 力を要す
白羽は法の 上に立つ
法の力を わが右手に
貴女の髪を わが左手に

戦い抜いた 数年は
愛しぬいた 数年は
この世の不条理 解き放ち
見事咲かせた 桜花

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/04/23(日) 03:17:07.56 ID:vVQXg9k80
四月桜は 散ろうとも
ともに歩むは 愛の道
九月緑葉 落ちるとも
ともに歩むは 愛の道

よき友たちに 見送られ
初夏の六月 宣言す
この世の愛を 宣言す
二人の愛を 宣言す

いつかこの世が 終わるとも
愛の証を ここに残す
二人の愛の 物語
桜散りぬるこの四月

我 VIPにて 記しけり

                    新ジャンル ツンバカ
                      スレ中小説
            「( ^ω^)ブーンが司法試験を目指すようです」

                          完
[ 2013/09/10 01:06 ] 新ジャンル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/178-248ccc2c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。