スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ξ゚⊿゚)ξ所詮はプログラムのようです【+  】ゞ゚)

2 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:42:24 ID:l0arcFIw0
( ´∀`)「ツンー、入るモナ」

ξ゚⊿゚)ξ「なに?」

( ´∀`)「新製品のモニターをして欲しいモナ」

ξ゚⊿゚)ξ「ハァ・・・・また?」

( ´∀`)「モナモナ。今度は自信作モナ!」

ξ゚⊿゚)ξ「今度は何?」

( ´∀`)「自律型雑用ロボットモナ」


3 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:43:04 ID:l0arcFIw0






ξ゚⊿゚)ξ所詮はプログラムのようです【+  】ゞ゚)

4 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:43:56 ID:l0arcFIw0
~ day 1 ~

【+  】ゞ゚)



ξ゚⊿゚)ξ「え?なにこれ怖い・・・」

( ´∀`)「試作品のOKC-036モナ!」

( ´∀`)「まぁいわゆるお手伝いロボットで、家庭教師やらコックやら・・・」

ξ;゚⊿゚)ξ「ヤダヤダヤダヤダ!これ気持ち悪い!」

(;´∀`)「そこまで言わなくても・・・。自信作なのに・・・」

ξ#゚⊿゚)ξ「持って帰って!」

(;´∀`)「モ、モナ・・・」

5 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:44:37 ID:l0arcFIw0
ξ;゚⊿゚)ξ「まだいつものわけわかんないおもちゃのがマシよ!」

(;´∀`)「モナ・・・。でも遊び相手欲しいって・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「こんなのぜぇーったい嫌だからね!」


ミ(;´∀`)「と、とりあえず!設定だけするモナ!」

【+  】ゞ゚) シュイン

(;´∀`)「ホラ!起動したモナよ?」

ξ-⊿-)ξ「興味ないもん」

【+  】ゞ゚)「・・・・・・・」

6 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:45:44 ID:l0arcFIw0
ξ-⊿゚)ξチラッ(変な顔・・・)


(;´∀`)「年齢設定は20才くらいでいいモナね?」

( ´∀`)「それから誕生日は今日で、あとは・・・こんなもんか」

( ´∀`)「じゃ、僕は仕事に戻るからがんばるモナ」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと!いやだって言ってるじゃないパパ!」

( ´∀`)つ ガチャ「一週間だけだからお願いモナー」

7 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:46:32 ID:l0arcFIw0

【+  】ゞ゚) ナゥローディング・・・

ξ;゚⊿゚)ξ「ひッ・・・!しゃべった・・・」

【+  】ゞ-)

【+  】ゞ゚)カッ「」

ξ;゚⊿゚)ξ「ヒャァッ!」

【+  】ゞ゚)「私の名前はOKC-036。あなたのお名前は?」

ξ;゚⊿゚)ξ「つ、ツン」

8 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:47:12 ID:l0arcFIw0

【+  】ゞ゚)「ツツンですね?では、ツツン以後お見知りおきを」

ξ;゚⊿゚)ξ「ツン!ツツンじゃない!!」

【+  】ゞ゚)「ツツン、学校は行かないのですか?」

ξ#゚⊿゚)ξ「ツ・ン!!!今日は土曜で学校休みなの!それにもう夜だし・・・」

【+  】ゞ゚)「そうでしたか。では何を致しましょう?」

ξ#゚⊿゚)ξ「部屋から出てって!!」

9 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:48:07 ID:l0arcFIw0
【+  】ゞ゚)「それはまた何故でしょう」

ξ#゚⊿゚)ξ「あなたが嫌いだからよ」

【+  】ゞ-)「おぉ、おぉ、これは嘆かわしい」

【+  】ゞ゚)「ツツンはまだ出会って数分も立っていない私の本質を見抜きそれを嫌悪するにまで至ったというのですか」

ξ;゚⊿゚)ξ「だからツツンじゃ・・・!」

【+  】ゞ゚)「否、否そんなことはありますまい。ツツンは私の事を誤解しておられる」

【+  】ゞ-)「わが主よ今ひとたびの考えもがな」

ξ;゚⊿゚)ξ「も、もがな・・・?」

10 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:48:48

ID:l0arcFIw0

【+  】ゞ゚)「ところでツツン。私そろそろエネルギーが・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「もう、ツツンじゃないって言ってるでしょ!」

【+  】ゞ゚)「ついては何か食べ物などはないでしょうか」

ξ゚⊿゚)ξ「えっ?えっと・・・ちょっと待ってて」ガチャ

ξ゚⊿゚)ξ「ママー!何か食べ物ないー!?」ドタドタ

【+  】ゞ゚)「打ち解けられたようでなにより・・・・」キュゥゥゥン

【+  】ゞ-)

11 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:49:29

ID:l0arcFIw0

ξ゚⊿゚)ξ「ただいま!お菓子もって来たよ」



【+  】ゞ-)



ξ゚⊿゚)ξ「あれ?エネルギー切れかな?」

ξ゚⊿゚)ξ「どうしたらいいんだろ・・・」

ξ゚⊿゚)ξつ¥「あ、コンセント出てる」

ξ゚⊿゚)ξつ¥「挿しとけばいっか」

12 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:50:16

ID:l0arcFIw0


ξ゚⊿゚)ξ¥【+  】ゞ-)キュィィィ



ξ゚⊿゚)ξ「変なの・・・・」



ξ*゚⊿゚)ξ「べ、別に興味が沸いてきたわけじゃないんだからっ!」

ξ*゚⊿゚)ξ「ふんっ!寝る!!!」

13 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:50:57

ID:l0arcFIw0
~ day2 ~
      。
ξ-⊿-))ξ゜⊂(゚、゚トソン「ツンー、朝ごはんよー」

(゚、゚トソン「ホラ、起きて」

ξっ~`)ξ「うぅ・・・眠い」

¥【+  】ゞ-)

(゚、゚;トソン「ひっ・・・!不審者だァァァァァァァァァァァ!!!」

ξ;つ⊿゚)ξビクッ「な、なにママ?」

14 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:51:48

ID:l0arcFIw0
¥【+  】ゞ゚)パチッ



ξ;つ⊿゚)ξ「不審者だァァァァァァァァァァァ!!」

【+  】ゞ゚)「朝から賑やかなことで」

ξ゚⊿゚)ξ「あ・・・」

(゚、゚;トソン「ツ、ツン!この人誰!?」

【+  】ゞ゚)「私はOKC-036。あなたのお名前は?」

(゚、゚;トソン「トソンですけど・・・。あっ、あなた何者ですか!?」

15 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:52:30

ID:l0arcFIw0

【+  】ゞ゚)「トソンですね。私はツツンに仕えるロボット。以後お見知りおきを」

(゚、゚;トソン「はぁ・・・?」


ξ゚⊿゚)ξ「パパが持ってきたの」

(゚、゚;トソン「あぁ・・・なるほどね・・・」

【+  】ゞ゚)「さて、ツツン。今日は日曜日、ということは学校はお休みですかな?」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、学校は明日から」

16 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:54:27

ID:l0arcFIw0

(゚、゚トソン「ツツン・・・?」

【+  】ゞ゚)「おや?トソンは自分の娘の名も知らないと言われるか?これは怪しい」

ξ#゚益゚)ξ「だから!私は!!ツン!!!」

⊂(゚、゚;トソン「あのー・・・」


≡【+  】ゞ゚)つ「ツツン!私の背後に隠れられよ!不審者です」


ξ;゚⊿゚)ξ「ふえっ?」   「ハァ?」(゚、゚;トソン

【+  】ゞ゚) =|二二フ「覚悟!!」シュイン

17 :名も名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:56:35

ID:l0arcFIw0

(゚、゚;トソン「えっ!ちょっ!?」


【+  】ゞ゚)「ツツンに仇なすものは成敗してしんぜよう」


ξ;゚⊿゚)ξ「わあああぁぁぁ!!!馬鹿!!それママだよ!!」

【+  】ゞ゚)「きえええぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

(゚、゚;トソン「えっ!えっ!?い、イヤァァァァァァァァ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ三⊃】+ #】ゞ゚).・。 ’ブホッ


【+  】ゞ-)キュゥゥゥゥゥン


(゚、゚;トソン「・・・・・・」

(゚、゚#トソン「オイコラモナー!!!」

20 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:13:44

ID:z6EmAyxc0

~ day3 ~



(゚、゚トソン「気をつけていってらっしゃいね」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、いってきまーす!」

( #)´∀””)「ロボットの事は誰にも言っちゃだめモナよー」

ξ゚⊿゚)ξ「はーい!きぎょーひみつでしょ?」

( #)´∀””)「モナモナ。いってらっしゃいだモナ」

21 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:14:26

ID:z6EmAyxc0

ξ゚⊿゚)ξスタスタ

【+  】ゞ゚)スタスタ

ξ゚⊿゚)ξスタスタ


ワーワーオハヨーオハヨーゴザイマース



( ^ω^)「ツンちゃんおはようだお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「お、おはようブーン君」

【+  】ゞ゚)「おや?ツツン、顔が赤い。どうなされた?」

22 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:15:20

ID:z6EmAyxc0



ξ゚⊿゚)ξ  (^ω^ )

ξ;゚⊿゚)ξ (^ω^;)



【+  】ゞ゚)「体調が優れないのですか?」

ξ#゚⊿゚)ξ「何でついて来てるのーっ!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ三⊃】+ #】ゞ゚).・。 ’ブホッ

【+  】ゞ゚)「これは手厳しい・・・」

23 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:16:02

ID:z6EmAyxc0

ξ゚⊿゚)ξ「ダメじゃない付いてきたら・・・」ヒソヒソ

【+  】ゞ゚)「しかし、最優先事項はツツンの安全です故」ヒソヒソ

ξ゚⊿゚)ξ「きぎょーひみつなんだよ?」ヒソヒソ

ξ゚⊿゚)ξ「だから私の言うことに合わせてね?」ヒソヒソ

【+  】ゞ゚)「ツツンのご命令とあらば」


(;^ω^)「あのー、こんにちはだお。ツンちゃんのお兄s・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「ッ!!」

ξ//⊿/)ξ「ちっ違うの!これは別に私の恋人とかそんなんじゃなくって・・・えっと・・そう!ただのお手伝いさんだからっ!!!」

(;^ω^)「お、お手伝いさんかお」

24 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:17:14

ID:z6EmAyxc0


【+  】ゞ゚)「私の名前はOKC ξ;゚⊿゚)ξ「わぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「こっ、この人はえーと・・・おーけーし・・・、オサム!そう、オサムだよ!」

【+  】ゞ゚)「そう、私の名前は棺桶死オサム。あなたのお名前は?」

( ^ω^)「ブーンだお!よろしくだお!」

【+  】ゞ゚)「ではブーンダオ、以後お見知りおきを」

( ^ω^)「おっお。ブーンダオじゃなくてブーンって名前なんだお」

25 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:18:06

ID:z6EmAyxc0


【+  】ゞ゚)「む、これは失礼ブーン。これでよろしいか?」

(*^ω^)「おっけいだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと!私のときと違うじゃない!」

【+  】ゞ゚)「ツツン、では教室へ行きましょう」


ξ゚益゚)ξガルルルル


(;^ω^)「え?見送りじゃなかったのかお・・・」

26 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:18:48

ID:z6EmAyxc0


ξ#゚⊿゚)ξ「オサムは!お家へ帰るの!!!」

【+  】ゞ゚)「あぁツツンはどうしてそこまで私を毛嫌いするのか」

【+  】ゞ゚)「嘆かわしい。まったくもって嘆かわしい」

(;^ω^)「変わった人だおね」

ξ*゚⊿゚)ξ「いこ、ブーン君」

(;^ω^)「そうだおね」

27 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:19:33

ID:z6EmAyxc0

~ day4 ~

ξ*゚⊿゚)ξフンフフンフフーン

―――――――
【下校中】

( ^ω^)「これからツンちゃん家いっていいかお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「えっ?」

( ^ω^)「ツンちゃんとオサムさんと三人で遊ぼうお」

ξ//⊿//)ξ「どっ、どうしてもって言うなら来てもいいけどっ///」

【+  】ゞ゚)「ぜひともおいでください」

( ^ω^)「おー。じゃあランドセル置いたらすぐ行くお!!」

―――――――

28 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:20:15

ID:z6EmAyxc0

ξ*゚⊿゚)ξ「ただいまー!」

( ´∀`)「ツン、今日はやけにご機嫌モナね」

(゚、゚トソン「どうしたの?」

【+  】ゞ゚)「ご友人のブーン殿が遊びに来られるのですよ」

Σ(゚、゚;トソン ビクッ

ξ*゚⊿゚)ξ「オサムは黙ってて!!」

29 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:21:07

ID:z6EmAyxc0


( ´∀`)「オサム?」

【+  】ゞ゚)「ツツンが私に名づけてくださったのですよ」

( ´∀`)「モナ。なんだかんだで仲良くやってるみたいだモナね」

ξ#゚⊿゚)ξ「そんなんじゃないもん!」

ξ#゚⊿゚)ξ「しかたなく!仕方なくなんだから///」

(゚、゚;トソン(このロボットホントに大丈夫なのかしら・・・?)

30 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:22:01

ID:z6EmAyxc0

ピンポーン


(゚、゚トソン「あらいらっしゃい」

( ^ω^)「こんにちはだお!」

ξ*゚⊿゚)ξ「いらっしゃい、ブーン君!」ドタドタ

【+  】ゞ゚)「ごきげんよう、ブーン殿」

( ^ω^)「おっ、オサムさんもごきげんようだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「部屋いこ、ブーン君」

( ^ω^)「おじゃましますおー」

31 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:22:44

ID:z6EmAyxc0

【帰宅】


( ^ω^)「お邪魔しましたおー」

(゚、゚トソン「ほら、ツン。送ってあげなさいな」

ξ*゚⊿゚)ξ「う、うん」

( ^ω^)「ありがとだお」

【+  】ゞ゚)「お二方、家まで送って差し上げましょう」

32 :名も名も無きAAのようです:2012/03/26(月) 22:23:24

ID:z6EmAyxc0

爪【+  】ゞ゚)爪 バサッ




( ^ω^)「すっげぇお!バンパイアみたいな羽が生えたお!」

ξ;゚⊿゚)ξ「バカ!バカチン!バカオサム!!」

爪【+  】ゞ゚)爪「ではちょっとわき腹を拝借」


バサッバサッバサッバサッ


(*^ω^)「すごいおおおおおぉぉ!!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「いやあああぁぁぁぁ飛んでるうぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

(*^ω^)「オサムさんすっごいお!!!」

35 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:50:34

ID:Tg5vOGac0
~ day5 ~


【+  】ゞ゚)「ではツツン。家へ帰りましょう」

ξ゚⊿゚)ξ「うん!」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、今日は飛んできたりしなかったよね?」

【+  】ゞ゚)「なにかまずかったでしょうか?」

ξ;゚⊿゚)ξ「もーう!!きぎょーひみつって言ったじゃない!」

【+  】ゞ゚)「それに関しては問題ありませんツツン。しっかと人の目は避けて飛んできた故」

ξ゚⊿゚)ξ「もうっ・・・。帰りは歩きだからね!」

【+  】ゞ゚)「ツツンのご命令とあらば」

36 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:51:41

ID:Tg5vOGac0
ア、イタゾーシュザイダシュザイ!ツカマエロー!!



ξ;゚⊿゚)ξ「えっ?えっ?なに?」

【+  】ゞ゚)「ふむ、囲まれてしまいましたな」

ξ;゚⊿゚)ξ「や、やだ・・・怖いよ・・・」

(-@∀@)「ごめんね、怖がらせちゃって。僕たちはそこのお兄さんに用があるんだ」

|゚ノ ^∀^)「ダメじゃないアサピー」

【+  】ゞ゚)「私、でしょうか?」

37 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:53:49

ID:Tg5vOGac0

|゚ノ ^∀^)「昨晩、羽の生えた人が飛んでいると情報がありまして・・・」

ξ;;⊿;)ξビクッ

【+  】ゞ゚)「おやおやそれは奇怪な。人とは翼を持たぬもの、違いますかな?」

|゚ノ ^∀^)「えぇ普通ならそうですわね」

(-@∀@)「出てきたのがモナーカンパニーから出なければ我々もそう考えるんですよ」

ξ;⊿;)ξグスッ

|゚ノ;^∀^)「ごめんなさいね。すぐ終わるから」オロオロ

38 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:54:45

ID:Tg5vOGac0
【+  】ゞ゚)「して、何用ですかな?」

(-@∀@)「ちょっと取材をね」

【+  】ゞ゚)「ほう・・・。いたいけな少女を問答無用で囲むのが取材と?随分なご趣味だ」

|゚ノ ^∀^)「・・・もうしわけありませんわ」

【+  】ゞ゚)「ツツンを泣かせる事は重要禁則事項に値します。ですがあくまで最重要事項はツツンの命」

【+  】ゞ゚)「命拾いしましたな」カッ

(-@∀@)「こっちも仕事なんでね」

39 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:55:27

ID:Tg5vOGac0

ξ;⊿;)ξ「オサム・・・帰りたい・・・」

|゚ノ;^∀^)「どうしましょ・・・」

【+  】ゞ゚)「ツツン、わき腹を拝借」

ξ;⊿;)ξ「あ、ダメぇ飛んじゃ」

【+  】ゞ゚)「走ります」ダッ



アッニゲタゾーオエー

40 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:57:41

ID:Tg5vOGac0
―――――
―――

【+  】ゞ゚)「ツツン、もうすぐ家です」

ξ;⊿;)ξ「こわかった・・・」

【+  】ゞ゚)「・・・・・」

【+  】ゞ゚)「まさか、玄関まで来ているとは」

ξ;⊿;)ξグスッ

【+  】ゞ゚)「ツツン、塀から入りますね」ガシッ

【+  】ゞ゚)「華麗に着地」

41 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:59:12

ID:Tg5vOGac0

(゚、゚;トソン「あっ、大変オサムs・・・」

【+  】ゞ゚)「これはいいところにトソン。ツツンをお任せします」

(゚、゚;トソン「へっ?」

【+  】ゞ゚)「だんな様はいずこに?」

(゚、゚;トソン「玄関で・・・」

【+  】ゞ゚)「承知いたした」

42 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:02:51

ID:Tg5vOGac0

【玄関】

ミセ*゚―゚)リ「新しい製品ですかぁ?」

(´・_ゝ・`)「空を飛ぶ機械とお見受けしましたが?」

(;´∀`)「ちょ、だから企業秘密d・・・」

ミ【+  】ゞ゚)「ロボットですよ」ズイッ

モナ━━━━━━(;´∀`)━━━━━━!!

ビク*゚―゚)リ

43 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:03:37

ID:Tg5vOGac0
(#´∀`)「企業秘密だって言ったモナ・・・」

【+  】ゞ゚)「申し訳ありません」

(´;・_ゝ・`)「ロボット!?」

ミセ*゚ー゚)リ「本当ですかぁ?」

(;´∀`)「もう好きにしてくれモナ・・・」

【+  】ゞ゚)「えぇ本当ですとも」

シンジ*゚ー゚)ラレナイ「何か証拠とかってありますぅ?」

(´・_ゝ・`)「確かに・・・にわかには信じられない話ですよね」

44 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:04:18

ID:Tg5vOGac0

【+  】ゞ゚)「証拠・・・ですか。そちらにデータを送信してもよいのですが、私入力装置はあれども出力装置は持たぬ故」

アヤ*゚―゚)シィ「やっぱり企業秘密ですかぁ?」

(#´∀`)「もう分かったモナ。明日記者会見するから帰れモナ!」

ワー*゚―゚)イ「ありがとうございますぅ」

(´・_ゝ・`)「では・・・失礼いたしました」

45 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:14:03

ID:Tg5vOGac0

~ day6 ~

ξ゚⊿゚)ξトボトボ

ξ゚⊿゚)ξ「学校行きたくない」イジイジ

【+  】ゞ゚)「これはまた珍しい。どうなされたツツン」

ξ゚⊿゚)ξ「だって明日で終わりなんでしょ・・・///」ボソボソ

【+  】ゞ゚)「ブーン殿に会わなくてよろしいのですか?」

ξ#゚益゚)ξ「ブーン君は関係ないでしょ!!!」ガルルル

【+  】ゞ゚)「ふむ、では何ゆえ?」

ξ゚⊿゚)ξ「なんでもないっ!じゃあね!」

【+  】ゞ゚)「いってらっしゃいませ」

46 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:18:54

ID:Tg5vOGac0
【自室】

ξ゚⊿゚)ξショボーン

【+  】ゞ゚)「ツツンどうなされた?今日はまことに元気がない」

ξ゚⊿゚)ξ「そんなことないもん」プイ

【+  】ゞ゚)「明日でお別れなのですよ」

ξ゚⊿゚)ξ「ッ!」

【+  】ゞ゚)「一週間とはいえしっかりしていただかなければだんな様に示しがつきません」

47 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:24:27

ID:Tg5vOGac0
ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ・・・私がパパに頼んであげようか?」

【+  】ゞ゚)「というと?」

ξ゚⊿゚)ξ「せっかく生まれたばかりなのにもうバイバイなんて悲しいでしょ?ね?」

ξ*゚⊿゚)ξ「だからオサムがもしどうしてもって言うならまだここにいられるように頼んであげる!」

【+  】ゞ゚)「それには及びませんよ」

ξ*゚⊿゚)ξ「でしょ?別に私はどっちでもいいけど仕方な・・・えっ?」

【+  】ゞ゚)「気持ちはありがたいのですがね」

ξ゚⊿゚)ξ「ふ、ふーん。あっそ、ならいいですーぅ」

ξ゚⊿゚)ξ「もういいもん。寝る!」

48 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:29:05

ID:Tg5vOGac0

~ day7 ~

ξ;⊿;)ξ「やああああだあああ!!!」

(;´∀`)「モナ・・・そういうわけにもいかないんだモナ」

ξ;⊿;)ξ「オサムと暮らすの!!!」

(゚、゚;トソン「困りましたね・・・」

【+  】ゞ゚)「ツツン、申し訳ありません」

ξ;⊿;)ξ「オサムのばかああああああ!私の命令がさいゆーせんじこうって言ったじゃんばかああああ!!」

49 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:29:47

ID:Tg5vOGac0
(゚、゚;トソン「ホラ、ツン。お父さん困ってるじゃない」

ξ;⊿;)ξ「知らないもん!!」

(;´∀`)「また別のつれてくるから離すモナ・・・」

ξ;⊿;)ξ「オサムじゃなきゃやだあ!!!」ポカポカ

(゚、゚;トソン「ツンは私が抑えておきますから今のうちにいってくださいな」

ξ;⊿;)ξ「離して!離してよお!私も行くの!!!」

50 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:30:53

ID:Tg5vOGac0
【+  】ゞ゚)つ□「ツツン。これを」

ξ;⊿;)ξ「グスッ、なにこれ?」

【+  】ゞ゚)「私の記憶のコピーです。次私が来たら差し込んでください」

ξ;⊿;)ξ「そしたらどうなるの?」

【+  】ゞ゚)「必ずやあなたを思い出しましょう」

【+  】ゞ゚)「いえ、あなただけではない。ブーン殿もトソンも出会った人起こったこと全て」

ξ;⊿;)ξ「ほんとに?」

【+  】ゞ゚)「えぇ、えぇほんとですとも」

51 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:39:59

ID:Tg5vOGac0
~ another day ~

【+  】ゞ-)


ξ゚⊿゚)ξ「おかえり」

ξ゚⊿゚)ξっ□「ロボットの癖に嘘なんかついて」


【+  】ゞ゚)シュイン


ξ゚⊿゚)ξっ□「どうせ意味ないんでしょこれ」


【+  】ゞ゚)ナゥローディング


【+  】ゞ゚)「私の名前はOKC-036。あなたのお名前は?」

ξ-⊿-)ξ(やっぱりね・・・)

ξ゚⊿゚)ξ「ツン」

52 :名も名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:40:41

ID:Tg5vOGac0







【+  】ゞ゚)「ではツツン以後お見知りおきを」








終わり

[ 2013/08/19 17:38 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/172-de253d08





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。