スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

('A`)は樹海行きの切符を買うようです 第七話

第六話はこちら
2 名前: ◆U9DzAk.Ppg :2007/10/14(日) 16:31:16.76 ID:39xJG/a+0

 人間は大きく二種類に分けられる。
学校のない日も平日と同じ時間に目を覚ます勤勉な人間と、
学校のない日は昼過ぎまで寝てやろうという怠惰な人間だ。
僕はもちろん後者であって、
休日の朝から活動していることは極めてまれである。

 しかし、最近は『樹海』の影響なのか、朝に目覚めることも少なくない。
今日はその少なくない日のうちの1日である。

 僕はブーンからかかってきた電話に叩き起こされていた。

( ^ω^)「いいから来るお」

 何があるのかと何度訊いても、ブーンはそうとしか答えなかった。
絶対来い、と念を押し、ブーンは一方的に電話を切った。

 わざわざ電話をかけなおすほどの気力は僕にはなく、
また一方的に取り付けられたものとはいえ約束のようなものを
すっぽかす度胸も僕にはなかったため、
僕は古びたスニーカーをつっかけると、
指定された場所に向かって出発することにした。

 土曜日の太陽は相変わらず僕を睨みつけてくるけれど、
季節の変化がそうさせるのか、以前ほどの凶暴さは持ち合わせていなかった。

 女の子たちがブーツを履くような季節になってきたにもかかわらず、
僕はいまだにツンを解放させられていない。


3 名前: ◆U9DzAk.Ppg :2007/10/14(日) 16:34:51.56 ID:39xJG/a+0

 緑豊かなVIP市立公園には
無料で入れるかわりに常に子供にあふれるレジャー区間と、
4面のテニスコートと2面のサッカーコート、
そして2面のフットサルコートを有料の予約式で利用できる
スポーツ区間がある。

 僕が指定された場所に着くと、
新聞に写真付き記事を載せられたことがある程度に
有名であるにもかかわらず、
ブーンが変装ひとつすることなく立っていた。

( ^ω^)「おいすー」

('A`)「おはよう。大胆だな」

 サインとかねだられないの、と訊いてみる。

( ^ω^)「僕くらいの知名度だと、
      土曜の午前中に子供を公園に連れてくるような
      お母さんたちには声をかけられたりしないお」

 ブーンはそう言って笑うと、僕をスポーツ区間へと導いた。


5 名前: ◆U9DzAk.Ppg :2007/10/14(日) 16:36:56.57 ID:39xJG/a+0

 スポーツ区間に入るのは僕にとってはじめてのことだった。
ブーンは慣れた様子でテニスコートの脇を通り、
フットサルコートの方へと足を進める。
テニスに興じる女の子たちの
ミニスカートから伸びる足に目を奪われながら、
僕はなんとかそれについていった。

 ブーンはジャージにその小太りの体を包んでいる。
ひとり普段着丸出しの僕の格好は、ひどく場違いな心地がした。

 ブーンが予約していたらしいフットサルコートでは、
ジャージ姿の女の子がひとり、2本に縛った金髪を振り回しながら
ボールを蹴っていた。

 ツンだった。

 ツンが大きくふりかぶってゴールに向かってボールを蹴ると、
ボールは惜しくもバーに当たり、
跳ね返されて彼女の足元に戻ってきた。
彼女はそれを受け止めると、こちらに気づき、振り返る。

ξ゚⊿゚)ξ「遅かったじゃない。おはようドクオ」

('A`)「おはよう、ツン」

 僕がブーンの方を見ると、彼は申し訳なさそうにこう言った。

( ^ω^)「今日はちょっぴり付き合って欲しいんだお」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:39:40.89 ID:39xJG/a+0

 僕と体型がまったく違うブーンのジャージは
僕のサイズではなかったが、
動きにくいほど違ってはいなかった。
彼の用意したスパイクは僕の足とほとんど同じ大きさである。
僕は全身着替えさせられ、彼らとボールを蹴ることになった。

( ^ω^)「本当は、こんな形にはしたくなかったお」

 僕に着替えを渡しながら、ブーンは僕にそう言った。

( ^ω^)「僕はこんな無理やりじゃなくて、
      ドクオが自分からボールを蹴るようになって欲しかったお」

 僕はそれに答えず着替えを済ませると、
靴紐を結びながらブーンに言った。

('A`)「この間、久しぶりにボールを蹴ったんだ」

 え、とブーンが訊き返す。

('A`)「意外と悪くなかったよ」

 お前は奥手なんだな、と冷やかすと、ブーンは頭を掻いて笑っていた。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:42:43.48 ID:39xJG/a+0

ξ゚⊿゚)ξ「ようやくドクオとわかったから、
     あたしが無理やり誘わせたの。
     あまり内藤を責めないでね」

 ま、あくまで実行犯はこいつだけどね、とツンは白い歯を見せる。

('A`)「かまわないよ。
   最近はあまりボールを蹴るのが嫌いじゃないんだ」

 ドリブルは嫌いだけど、と僕は心の中で条件付ける。
僕とツンが早速パス交換をはじめようとすると、
ブーンが手を叩いて注意を引いた。

( ^ω^)「その前に、ドクオもちゃんと準備運動するお」

 有無を言わせぬ響きだった。
僕はブーンの言うとおりの手順で筋肉をほぐしていく。

('A`)「意外とちゃんとしてんだな」

 プロだもんな、と僕は呟いた。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:45:24.25 ID:39xJG/a+0

 僕たちは一辺が20メートルほどの大きな正三角形の頂点に立っていた。
ブーンが蹴ったボールをツンが受ける。
ツンが蹴ったボールを僕が受け、僕が蹴ったボールをブーンが受ける。
ブーン、ツン、僕、とボールが回る。

 ブーンは僕に見せつけるように、足の様々な部分でボールを蹴る。
ブーンの蹴ったボールはツンの足元にスッポリと納まり、
ツンの蹴ったボールは
多くとも2・3歩動けば受けられる位置に飛んでくる。
僕は転がるボールと飛んでいくボールを織り交ぜながら、
ブーンの色々な部分を狙って蹴っていた。

 ブーンはとても器用に胸や太もも、足の内側外側を
使って僕のボールを受け止める。
僕はそのテクニックに驚嘆していた。

ξ゚⊿゚)ξ「強いの蹴るわよ!」

 そう言うと、ツンは大きく振りかぶってボールを蹴ってきた。

 ツンの右足に弾かれたボールはやや変化しながら僕の左足を襲ってきた。
僕の技術ではそのボールをピタリと止めることはできず、
僕の左足からこぼれたボールは転々と転がる。

 そのボールに追いつくと、僕も大きく振りかぶって蹴ることにした。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:48:32.22 ID:39xJG/a+0

 1ステップ分の距離、ボールから離れる。
僕は大きく1つ息を吐くと、ブーンの位置を確認し、
左足を大きく踏み込んだ。
両手でバランスを取りながら体全体を使って右足をしならせる。

「この蹴り方がインフロントキックだ」

 かつてそう教えられた通り、親指に力を込め足首を固定する。
ボールの芯を強く意識し、はするように蹴り上げる。
インパクト音が高く響いた。

 僕がインフロントで弾いたボールは大きく弧を描き、
ブーンの右足に寸分違わず吸い込まれていく。
ブーンが驚いたような顔をしてこっちを見ていた。

('A`)「僕は嘘をついていた。あれはマグレじゃないんだ」

 20メートルを隔てたブーンに僕の呟きは届かない。
プロのサッカー選手を驚かすボールが蹴られて、
僕はちょっぴり鼻が高かった。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:51:31.33 ID:39xJG/a+0

 僕たちはしばらくボールを蹴りつづけ、休憩をとることにした。
だいぶ涼しくなってきたとはいえ、運動すれば暑くなる。
ブーンたちが持ってきていたスポーツドリンクを1本もらい、
僕は緑の芝の上に座り込んだ。

ξ゚⊿゚)ξ「ドクオはそんなに上手なのに、
     なんでサッカーするのが嫌いなの?」

 遠慮する様子も見せずに訊いてきた。
ツンの話し方には憤りのようなものさえ感じられる。

('A`)「小さい頃は好きだったんだけどね。
   つまらないことがあったんだ」

 何があったの、と詮索するツンをブーンがたしなめる。

( ^ω^)「やめるお、ツン。
      誰にでも話したくないことはあるもんだお」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:54:22.67 ID:39xJG/a+0

ξ゚⊿゚)ξ「あたしはね、フットボールを愛してるの。
     でもあたしは女だし、
     第一あまり才能がないのが自分でわかってるから、
     こういう、才能があるくせに
     勝手にサッカー嫌ってるやつ見るとむかつくのよ」

('A`)「僕にサッカーの才能なんてないよ、残念ながら」

( ^ω^)「あるお。残念ながら。
      誰にでも話したくないことがあるとはいったけど、
      なんでそんなに自分を悪く言うかは不思議だお。
      普通、あんなボール蹴れたら自慢しだおすお」

('A`)「それなら僕は普通じゃないんだ」

 第一あのくらいのボール蹴る奴はごまんといるんだろ、と
僕は目を逸らす。

( ^ω^)「あの球質を出せる人はそうはいないお」

 ブーンが僕の目を見て言うのが感じられた。


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 16:57:50.72 ID:39xJG/a+0

( ^ω^)「ま、僕はドクオが自分に才能があると思ってても
      思ってなくてもどうでもいいお。
      僕はサッカーが好きだしドクオのボールが好きだから、
      ドクオがボール蹴るのが好きになってくれたら嬉しいお」

 もうちょっと遊ぼうか、と僕たちは腰を上げた。

 僕はブーンに頼んでボールの蹴り方を教えてもらうことにした。
ブーンは僕が2種類の蹴り方しか知らないことに驚いていたが、
喜んで引き受けてくれた。

 ただ、ブーンは人にものを教えるのが明らかに下手だった。

( ^ω^)「えーと、ドクオが知ってるのは
      インサイドとインフロントだお。
      ボールの蹴り方には5つあって、
      インサイド・インフロント・インステップ、
      それからアウトフロント・アウトサイド、
      ヒールとトゥだお」

('A`)「僕には7つあるように聞こえたけど」

( ^ω^)「あれれー?」

('A`)「だいたい、そんな名前羅列されても覚えらんねーよ」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:00:08.85 ID:39xJG/a+0

ξ゚⊿゚)ξ「あーもー面倒くさい。
     あたしが教えるから内藤はあっちでボール受けなさい」

 業を煮やしたツンが教育係を買って出、
僕たちは彼女に従うことにした。

 ツンは僕に蹴って見せながら足の使い方を説明した。
彼女は足の甲の中央で蹴ってインステップキックを説明し、
足の甲の外側付近で蹴ってアウトフロントキックを説明した。
足の外側で蹴ってアウトサイドキックを説明し、
つま先と踵で蹴ってトゥキックとヒールキックを説明する。

ξ゚⊿゚)ξ「一応全部見せたけどね、
     あの精度であんなボールが蹴られるなら、
     蹴り方なんて全部同じでも良いくらいよ」

 彼女はそう締めくくる。

('A`)「え。そうなの?」

ξ゚⊿゚)ξ「そうよ。蹴り方なんておまけみたいなもんでしょ。
     パスは通れば良いんだし、シュートは入れば良いんだから、
     ぶっちゃけテクニックなんて二の次よ」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:03:05.97 ID:39xJG/a+0

 トラップは上手い方が良いけどね、とツンは言う。
恥ずかしいことに、僕は彼女が日常会話上の単語のように使った
『トラップ』が何を意味するのかわからなかった。
まさか罠ではないだろう。

('A`)「馬鹿な質問をしても良いかな」

 トラップって何、と僕が訊くと、
トラパットーニというイタリア人のことよ、とツンは答えた。

('A`)「おそらく冗談を言ったんだと思うけど、
   何が面白いのかまったくわからない」

 僕がそう言うと、彼女はボールを僕の足元に蹴ってきた。
僕は右足でそれを受け止める。

ξ゚⊿゚)ξ「それがトラップ。何、って訊かれても困るわ」

 ボールを受ける技術のことか。僕はなんとなく納得した。

('A`)「ついでに訊くけど、ブーンは今日試合じゃないの?」

ξ゚⊿゚)ξ「UVは本日アウェイで遠征よ。
     あいつはベンチ入りできずにお留守番。
     明日リザーブリーグの試合に出るんじゃないかしら」

 そうなんだ、と僕は呟く。
僕たちはその後もしばらくボールを蹴って遊び続けた。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:06:35.43 ID:39xJG/a+0

ξ゚⊿゚)ξ「今ならまだ、間に合うかもしれないわよ」

 ツンは別れ際にそう言った。
何に、と僕は訊き返す。

ξ゚⊿゚)ξ「その才能を伸ばすのによ」

('A`)「伸ばしてどうなるほどの才能じゃないよ」

ξ゚⊿゚)ξ「ふーん。だと良いけど」

 神に愛された才能かもしれないのにね、と彼女は言う。

( ^ω^)「気が向いたら戦術の勉強をしてみるといいお」

 僕はブーンの口から『勉強』などという単語が発せられるのを
驚きの眼差しで見守った。
気が向いたらな、とようやく言うと、僕は彼らと別れ、駅に向かった。

 もちろん樹海行きの切符を買うためだ。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:09:25.02 ID:39xJG/a+0

 僕がツンの前に姿を見せると、
彼女は「懲りないのね」と微笑んだ。

('A`)「どうやら僕は、思ったよりもしつこいみたいだ」

ξ゚⊿゚)ξ「後悔するわよ」

('A`)「うん。ひょっとしたら、後悔したいのかもしれない」

 考えたんだ、と僕は言う。

('A`)「僕はどっちにしても後悔するんだと思う。
   それならこっちの方がマシかな、と思ったんだ」

 彼女はしばらく遠くを見つめ、
ウェーブがかった金髪を指の先でいじっていた。

ξ゚⊿゚)ξ「それならがんばって。
     知り合いを犠牲にするのは気が引けるもんだけど、
     それでもあたしは解放されたら幸せよ」

 記憶もなくなっちゃうしね、と彼女は笑う。
気がつくと僕は訊いていた。

('A`)「ツンは何を願ったんだ?」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:12:27.58 ID:39xJG/a+0

 少し迷うような素振りを見せた後、
ツンは僕の目を見て口を開いた。

ξ゚⊿゚)ξ「あんたはブーンの友達よね」

('A`)「そうだよ」

ξ゚⊿゚)ξ「とすると、あたしの友達にもなるわけだ」

('A`)「みたいだね」

ξ゚⊿゚)ξ「うん。それなら、
     あんたに知っていてもらうのも悪くないのかもしれない」

 ツンは自分を納得させるようにそう言った。

ξ゚⊿゚)ξ「まず知っておいて欲しいのは、
     あたしはサッカーが好きなのね。フットボールを愛しているの」

('A`)「知ってるよ」

ξ゚⊿゚)ξ「だから、それを汚すような真似っていうか、
     ズルいことをするのはすごく嫌なの」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:15:52.30 ID:39xJG/a+0

 だから、とツンは言いにくそうに話を続ける。
負い目のようなものを感じているのかもしれないな、と僕は思った。
それは何に対する負い目なのだろう。

ξ゚⊿゚)ξ「だから、あたしの願い事は、
     すごく回りくどいやりかたなのかもしれない。
     それでもあたしはなんとか自分が満足できる方法を考えて、
     これ以上のものは思いつかなかったの」

('A`)「わかるよ。納得は必要だ。
   納得はすべてに優先するってあの人も言っている」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね。あたしは納得を必要としていた。
     なんせ願い事は一つしかできないし、
     それは二度と取り消せないからね」

('A`)「おまけに途方もない待ち時間を課せられるし?」

ξ゚⊿゚)ξ「おまけに途方もない待ち時間を課せられるし」

 結論からいうと、と彼女は言った。

ξ゚⊿゚)ξ「あたしは過去に戻ってきたの」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:17:55.76 ID:39xJG/a+0

 ツンの答えは僕にとって割と意外な部類にはいるもので、
僕は咄嗟に何を言えば良いのかわからなくなった。

('A`)「未来から来たんだ?」

 ようやく僕の口をついた質問は、我ながら間抜けなものに感じられる。
そうよ、とツンは頷いた。

ξ゚⊿゚)ξ「あたしは未来から来たの。
     といっても、そんなに遠い未来じゃないけどね」

('A`)「何しに?」

ξ゚⊿゚)ξ「未来を変えに」

('A`)「かっこいい。ファンタジーだ」

 僕がそう茶化すと、ツンはその場に座り込んだ。
促され、僕もツンに対峙する形で座り込む。
ワンピースからこぼれた膝元が白かった。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:20:07.12 ID:39xJG/a+0

ξ゚⊿゚)ξ「あたしが元々いた時点を既にあんた達は追い越している。
     だから、未来から来たっていうのもなんだか違和感あるけどね。
     『来た』っていう過去形だから良いのかな」

('A`)「そうなんだ。未来は変えられた?」

ξ゚⊿゚)ξ「おかげさまでね」

('A`)「わかるんだ?」

 おかげさまでね、とツンは僕がかつて渡したスポーツ新聞を取り出した。
ブーンの得点の場面が大きく見出しになっている。

ξ゚⊿゚)ξ「あたしのいた未来では、便宜上未来っていうけど、
     そこでは、内藤がサッカー選手として
     ピッチに立つことはなかったわ」

 スポーツ新聞の上には『小型飛行機鮮烈デビュー!』と字が踊っている。
ブーンは両手を大きく広げて走るパフォーマンスと身長の低さから、
早くもメディアから『小型飛行機』と呼び名をもらっていた。

 交通事故に遭ったの、とツンは言う。

ξ゚⊿゚)ξ「内藤の運転する車でね。
     あたしはその車には乗ってなかったけど、
     ずいぶんひどい事故だったって聞いたわ」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:24:06.11 ID:39xJG/a+0

 ブーンは一命を取り留めたものの、
片方の足の膝から下を失うことになったらしい。
義足を付ければ日常生活に差し支えない程度の運動は
可能になるとのことだったが、
もちろんサッカー選手としてはほぼ再起不能である。

ξ゚⊿゚)ξ「当初は命があればもうけもんだって
     嬉しがりもしたんだけどね」

('A`)「もっと手っ取り早く、
   たとえばその足を治してもらうようにとかは考えなかったの?」

ξ゚⊿゚)ξ「考えたわ。でも、
     なんだかその後を考えるとどうなるかわからなくてね。
     たとえばあんたが内藤の立場になったとして、
     いきなり生えてきた足でボールを蹴ろうと思うと思う?」

('A`)「想像もつかないな。
   ショックで死んでしまうかもしれない」

ξ゚⊿゚)ξ「でしょ。
     他にも色々考えたんだけど、結局すべてやり直すのが一番かな
     って思ったのよ」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:27:17.21 ID:39xJG/a+0

 後悔してるんじゃないのか、と僕は訊いてみた。
しているかもしれない、とツンは答える。

ξ゚⊿゚)ξ「怪我で選手生命が絶たれるサッカー選手は
     ごまんといるからね。
     やっぱりズルいのかな、という気もする。
     でもこの記事を見ると、そんなものは吹っ飛んじゃうわ」

 ツンはスポーツ新聞を指さしながらそう言った。

('A`)「じゃあ、後はさっさとここから出るだけだ」

 そうね、と彼女は微笑んだ。

ξ゚ー゚)ξ「あんたが出してくれるんだっけ?」

('A`)「そうだよ。楽しみ?」

ξ゚ー゚)ξ「とてもね。
     この目で内藤がデビューするところを見ちゃったら、
     きっとあたしは泣いちゃうだろうな」

 大丈夫だよ、と僕は言った。

('A`)「点取るまでは耐えられるさ」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:29:29.67 ID:39xJG/a+0

 地下1階。僕の両手は空いている。

 降りた先ではちんぽっぽが大きく跳ねていた。
僕はしばらくその様子を眺め、
やがてそれに飽きると近寄り、殴ることにした。

『ドクオの攻撃! ちんぽっぽに5ポイントのダメージ!』
『ちんぽっぽの攻撃! ドクオに4ポイントのダメージ!』

『ドクオの攻撃! ちんぽっぽに5ポイントのダメージ!
 ちんぽっぽをやっつけた!』

 いつも通りの『樹海』である。
僕はその場で足踏みをしてちんぽっぽに与えられたダメージを癒すと、
早速地下1階の探索をはじめることにした。


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:31:16.66 ID:39xJG/a+0

 当然のことながら僕は地下1階を歩いた経験が最も豊富であり、
レベル1からレベル2へと少しムキムキになる経験が最も豊富である。
そのため、レベル1からレベル2になるタイミングや
レベル2からレベル3になるタイミングを大まかに把握できていて、
さらには「そろそろ敵が出てきそうだな」という予感のものさえ
感じられるようになっていた。

('A`)「こんな浅い階にばかり熟達しているのはちょっぴり情けないけどな」

 僕はほとんどダメージを受けることなく
ギコ猫やちんぽっぽを倒し、進んでいく。

 地下1階ではお手当て草・わかってますの巻物、
そして500チャンネルを拾った。
500チャンネルは巾着袋に入って落ちている。

('A`)「それでも拾った瞬間500チャンネルとわかるのはすごく不思議だな」

 僕はそう思ったが、わかるものはわかるのだ。
それを拾った右手を開けたり閉じたりしながら眺めてみたが、
何の変哲もない僕の右手だった。


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:34:18.57 ID:39xJG/a+0

 地下2階。僕の両手は空いている。

 地下1階と地下2階の間にはほとんど差といえるようなものがない。
地下3階も似たようなもので、
僕はこの3フロアを準備期間のようなものだと思っていた。

('A`)「やはり『樹海』は運の要素が大きく関わっている」

 そう思った。
たとえばバツグンソード+3を拾った場合と
ナマクラソード-1を拾った場合では
クリアできる確率に大きな隔たりが生まれるだろう。

('A`)「少し人生に似ているな」

 人間、ひとりで過ごす時間を与えられるとエセ哲学的になるものである。
僕は『樹海』での冒険をひとつの人生のようなものと考えていた。

('A`)「運の要素は歴然として存在する。
   ただ、それを活かせるかどうかは僕次第なんだ」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:36:38.19 ID:39xJG/a+0

 それなら活かしてしまえば良い、と僕は考えた。
どのような運を与えられようとも、活かしてクリアしたもの勝ちだ。
何もバツグンソードがなければクリアできないわけではないし、
ドリブルができなければボールを蹴られないわけではないだろう。

('A`)「きっと、これは当たり前のことなんだ」

 そう思った。

 オワタナイフを拾った僕は、
地下2階の探索が終わった後装備することにした。

『ドクオはオワタナイフを装備した!』

 バツグンソードでもナマクラソードでもなくオワタナイフ。
そしてプラスマイナスゼロ。
これが今回の僕の運であり、
それに文句をつけたところで何も変わりはしないのだ。


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:38:20.00 ID:39xJG/a+0

('A`)「そういえば森林で人生オワタという敵がでてきたな」

 僕は以前の冒険を思い出していた。
人生オワタとオワタナイフ。
そこには何か関連性があるのだろうか。

『-オワタナイフ-

 人生オワタを確実に殺せるよ! キルモア!』

('A`)「確実に殺せるよ?」

 それじゃあオワタナイフでなければ
確実に殺せないといっているようなものだ。
僕は以前の冒険で人生オワタを一撃で倒している。
これはどういうことなのだろう。

('A`)「ま、考えてわかることでもないけどな」

 人生オワタと対峙するときはオワタナイフを装備した方が良いのだろう。
僕はその程度に受け止めていた。

 僕は地下2階で700チャンネル・火ー吹き草・歪んだ壷、
そして爆発の巻物を拾った。
早速壷にわかってますの巻物を読むと、タッパー(4)だった。


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:41:20.04 ID:39xJG/a+0

 地下3階。僕の右手にはオワタナイフが握られている。

 僕が地下3階でまずやったことは何かというと、
タッパーの中に大きなうまい棒(めんたい味)を入れることだった。
名前を判明させたことに満足してすっかり忘れていたのだ。

('A`)「危なかったな」

 僕はその直後に噴水の罠を踏んだ。
入れ忘れたままだったら僕はいったいどうなってしまっただろうかと
背筋が凍る。

('A`)「やはり不注意は何より恐ろしい」

 身の回りを確認し、おそらく大丈夫だろうと検討づけると
僕は地下3階の探索を開始した。


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:44:09.81 ID:39xJG/a+0

 僕はタングステンシールドを拾っていた。
まだ装備するのはためらっている。
装備していたらお腹が減るというデメリットがあることを知っているので
呪われていたらどうしようとふんぎりがつかないのだ。

('A`)「おまけに今回僕はうまい棒類を拾えていない」

 それが問題なのだった。

 もっとデメリットのないまっとうな盾が手に入らないだろうかと
地下3階を入念に探索したが、
それはまったくの徒労に終わった。
タングステンシールド、あるいは素手。

('A`)「一縷の望みを抱いて地下4階に突っ込むのは
   悪くない考えだと思うけれど、
   いきなりフサギコ2匹とかに対峙したら即死だな」

 僕は迷っていた。
そして迷っていてもしかたないと、いずれは気づくものである。

『ドクオはタングステンシールド+1を装備した!』

 僕は地下3階で10本の木の矢とルビーの指輪、
目ー潰し草を拾った。


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:46:56.34 ID:39xJG/a+0

 地下4階。僕の右手にはオワタナイフ、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 僕はショボンヌ2匹に囲まれていた。

('A`)「まずいな」

 相当まずかった。

 便宜上、上下左右という表現で状況を説明すると、
僕の下に1匹、そして僕の右に1匹ショボンヌがいるのである。
僕は頭の中で簡単なシミュレーションを行った。

 僕が動けるのは6方向だ。
そのうち5方向は彼らにションボリ草を投げられ得る位置関係にある。
つまり、ションボリ草を投げられないことを第一に考えるならば、
僕は左上に向かって進まざるをえない。

('A`)「しかし、それでは何の解決にもならない」

 僕たちのいる小部屋の広さは当然制限されている。
左上に左上にと逃げたとしても、壁まで追い立てられたところで
詰みとなるのだ。


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:48:27.11 ID:39xJG/a+0

('A`)「つまり、僕にできることは大きく2つに分けられる」

 アイテムを使って状況を打破するか、
それともションボリ草を投げられないことを祈りながら
1匹1匹と対応するかだ。

('A`)「僕の持ち物の中で対複に効果が現れるのは
   爆発の巻物くらいだな」

 火ー吹き草は確かに強力だし目ー潰し草は有能なのだろうが、
どちらも1匹のショボンヌにしか効果は現れない。
それなら殴れば良いのである。

 僕は1コしかもっていない爆発の巻物を
こんなところで読んでしまって良いものかと悩んでいた。

 ショボンヌたちの顔色を伺うと、
どちらもしょんぼりとした表情で僕の行動を見守っていた。

「好きにすれば? 俺は俺のやることやるだけだからさ。
 別に死んでも恨みはしねーよ」

 そんな覚悟やスゴ味さえ感じられるような気がする。
僕は大きくひとつ息を吐いた。


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:51:30.00 ID:39xJG/a+0

『ドクオは爆発の巻物を読んだ!
 ショボンヌに20ポイントのダメージ! ショボンヌをやっつけた!
 ショボンヌに20ポイントのダメージ! ショボンヌをやっつけた!』

 どこかでファンファーレが鳴るのが聞こえ、
それに伴って僕は少しムキムキになる。

('A`)「これで良いんだ」

 そう思った。
万一ここで死ぬようなことがあっては僕に次の展開はない。
もちろん先のことは考えなければならないが、
その場その場をないがしろにしてはいけないのである。

 それに、と僕は呟いた。

('A`)「これでこれからは悩まずに済むじゃないか」

 なんせ僕にはもう選択肢がない。
開き直った僕を祝福してくれているのだろうか、
僕の進んだ先には見たことのない武器が落ちていた。


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:53:39.45 ID:39xJG/a+0

 僕は地面に横たわる黒い鉄の棒を眺めている。

('A`)「何なんだこれは?」

 バールのようなものだ、と僕は認識している。

『ドクオはバールのようなものを拾った!』

 そのままだった。

('A`)「どうやら本当に武器らしいな」

 ナイフ、ソード、それにスピアと
それっぽい武器にあふれる『樹海』において、
バールのようなものの存在感は圧倒的だった。

 僕は吸い込まれるようにバールのようなものを右手に握る。

『ドクオはバールのようなものを装備した!』

 そんな気がした。


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:55:15.63 ID:39xJG/a+0

 バールのようなものはその存在感と共に、
武器としても圧倒的な攻撃力をもっていた。

『-バールのようなもの-

 やっぱ凶器といえばこれよね。
 いけいけ! おせおせ! SATSUGAIせよ!』

 バツグンソードより強いのだ。
僕は喜んで良いのか複雑な心境だった。

('A`)「なんだか不謹慎な感じだな」

 戦う対象が人じゃないから良いのかな。
僕はそんなことを呟きながら地下4階を探索する。

 僕は地下4階でわかってますの巻物、500チャンネル、
そしてうまい棒(キャラメル味)を拾った。
うまい棒(キャラメル味)はその場で頬張り、
巻物はルビーの指輪に読んだ。
夢が広がリングであることが判明した。


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:57:28.20 ID:39xJG/a+0

 地下5階。僕の右手にはバールのようなもの、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 偶然ではなかったらしい。
僕の前には大きく出口が待っていた。

('A`)「樹海村か。それならうまい棒を食わずに
   飢えかけて到着した後宿屋に泊まれば良かったかな」

 一応出口の他に何かないか簡単に探索し、
僕は出口をくぐることにした。

 前回ここに来たときの装備はバツグンソードとミミタブシールドだった。
今回の僕はバールのようなものとタングステンシールドだ。
攻撃力を考えても守備力を考えても今回の方がめぐまれている。

('A`)「これはなかなか良い感じなんじゃないのかな」

 そう思った。
何より、僕はレイプの恐怖を熟知している。
新記録達成できるかな、と僕は呟いた。


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 17:59:16.02 ID:39xJG/a+0

 樹海村。僕の右手にはバールのようなもの、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 ちょっぴり期待して探したのだが、
渡辺さんは樹海村のどこにもいなかった。

('A`)「何か会うための条件のようなものでもあるのかな」

 だとするとやっぱり活目草かな、と僕は呟いた。

 驚いたことに、バールのようなものは鍛冶屋で頼むと
強化することができた。

 僕は強化されて戻ってきたバールのようなものを右手に握る。
いくら眺めても強化前との違いがわからなかったが、
確かにそれは『バールのようなもの+1』へと変貌を遂げていた。

('A`)「もう何でもありだな」

 僕は呟きアイテム屋へ入る。
アイテム屋には僕のトラウマとなっている男がいた。

<ヽ`∀´>「いらっしゃいニダ」

 彼は僕にそう声をかけた。


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:00:45.31 ID:39xJG/a+0

 これからニダーに殴られ僕はこの場で死ぬんじゃないだろうか。
そんなことを考えていた時期が僕にもあったけれど、
彼はいつまで経っても僕に襲いかかる気配を見せなかった。

<ヽ`∀´>「いらっしゃいニダ」

 僕と目が合うと、再びニダーはそう言った。

 どうやら敵ではないらしい。僕はそう結論づけた。

('A`)「まだ、だけどな」

 アイテムについて質問をしてみると、
1つにつき500チャンネル払えば答えてくれるとのことだった。

('A`)「高くね?」

<ヽ`∀´>「じゃあ帰れニダ」

 僕は500チャンネル払い、夢が広がリングの説明を要求した。
効果がまったく検討つかないにもかかわらず
5000チャンネルという高値で売れることがわかったからだ。


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:03:34.48 ID:39xJG/a+0

<ヽ`∀´>「効果は特に無いニダ」

 ニダーは僕にそう言った。
僕は何度も彼の発言の内容を吟味する。

('A`)「本当に?」

<ヽ`∀´>「本当ニダ」

('A`)「じゃあなんでこんなに高いんだよ。おかしいだろ」

 そこがミソニダ、とニダーは言った。
僕は一瞬遅れて『ミソニダ』が1単語でないことを認識すると、
彼に説明の続行を求めた。

<ヽ`∀´>「だから、この値段の高さ。
      そしてロマン溢れるネーミング。
      それらによって、お前らは勝手に期待するわけニダ」

 実際は何も無いのにニダ、と彼は愉快そうに笑った。
ぶん殴ってやりたくなった。

<ヽ`∀´>「装備するだけでレベルが上がるんじゃなかろうか。
      ひょっとしたら与えるダメージが増えてるんじゃ。
      いやいや、階が変わるごとに何かあるに違いない。
      夢が広がるリングニダ」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:06:50.96 ID:39xJG/a+0

('A`)「それは詐欺じゃないのか?」

<ヽ`∀´>「ウリたちが何かあると言って何もなかったら、
      それは詐欺かもしれないニダ。
      しかしウリたちは何も言ってないニダ。
      説明読んでもそうニダ。
      お前たちが勝手に期待して、勝手に裏切られて
      勝手に腹立てるだけニダ」

 なんでそんなに上から目線なんだ。
僕に不満が溜まっていく。
ニダーは嬉しそうに笑っていた。

 僕がなおも文句を言おうとすると、ニダーは手でそれを制す。

<ヽ`∀´>「これ以上何か言うなら追加料金、
      あるいはウリたちを詐欺師呼ばわりしたことに対する
      謝罪と賠償を要求するニダ」

 僕は黙らざるを得なかった。


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:09:06.36 ID:39xJG/a+0

 僕は夢が広がリングを売却すると、
続けてオワタナイフについて質問した。

<ヽ`∀´>「説明にある通り、人生オワタを一撃必殺するナイフニダ」

('A`)「しかしな、前回森林まで進んだとき、
   僕は人生オワタを普通に倒せたぞ。
   わざわざこんな武器がある理由はあるのか?」

 あるニダ、とニダーは頷いた。
一瞬中国人と韓国人の混血になったのかと思ったが、
どうやらそうではないらしい。

<ヽ`∀´>「人生オワタは1ポイントダメージを与えれば死ぬニダ。
      ただ、あらゆる攻撃が2分の1の確率でしか当たらないニダ」

 お前は幸運だったニダ。
そう言い、ニダーはホルホルと笑った。

 僕は木の矢を10本もっている。
それにより遠隔攻撃ができるので、
人生オワタは脅威にならないんじゃなかろうか。
僕はそう訊いてみた。

<ヽ`∀´>「そんなことは知らんニダ。自分で考えるニダ」

 ニダーは僕にそう言った。


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:12:22.67 ID:39xJG/a+0

 僕は2000チャンネルでオワタナイフも売ることにした。
木の矢があるからというのと、
前回僕を撲殺したクックルーと戦うにあたって
オワタナイフの攻撃力では心もとないこともあり、
わざわざ装備することはないと思ったからである。

 僕はすっかり潤沢になった資金で
ガチムチ草を2枚買ってその場で胸板を厚くすると、
大きなうまい棒(めんたい味)とわかってますの巻物を荷物に詰め込んだ。

 1000チャンネル払って宿屋に泊まる。

('A`)「感覚としては『樹海』の冒険は夢のようなものなんだけど、
   夢の中で足を伸ばして風呂に入り、
   ぐっすり眠るってのはどうなのかね」

 ふかふかの枕に頭をうずめ、僕はそんなことを考えた。
夢に水系がでてくると寝小便をかくというけれど、
前回宿屋に泊まったときは大丈夫だった。

('A`)「ま、夢精までした今、僕に敵はないけどな」

 でも寝小便は嫌だな、と僕は呟いた。


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:15:51.03 ID:39xJG/a+0

 森林。僕の右手にはバールのようなもの+1、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 森林は洞窟内と違って視野が開けているので歩きやすい。
僕は木の矢を持って通路を歩くときは
時々進行方向に向かって矢を放ち、
ソナーのように活用しながら進んでいくのだけれど、
ここでは通路のある程度先まで様子がわかるので
そんな必要はないのである。

('A`)「しかし、レイプされた記憶を呼び起こす地形でもある」

 僕が警戒しながら進んでいくと、
鳥の化け物が歩いてくるのが見て取れた。
クックルーだ。

 僕は先制攻撃の態勢を取ると、クックルーと対峙した。

『ドクオの攻撃! クックルーに26ポイントのダメージ!』
『クックルーの攻撃! ドクオに11ポイントのダメージ!』

『ドクオの攻撃! クックルーに26ポイントのダメージ!
 クックルーをやっつけた!』


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:18:18.25 ID:39xJG/a+0

 2枚のガチムチ草で胸板を厚くした上
バールのようなものを右手に握っているにもかかわらず、
クックルーを倒すには2度の攻撃を必要とした。

('A`)「やっぱりオワタナイフじゃ埒があかないな」

 僕がそう呟くと、
それに呼応したのか進んだ先の部屋には人生オワタがいた。

('A`)「2分の1の確率なら、
   矢が切れないうちはこの視野の広い森林において
   僕がやつに殴られることはそうそうないな」

 僕は『行動』2回分ほど離れた位置から矢を放つ。

 1発目は外れた。2分の1の確率なら不思議ではない。

 2発目も外れた。4分の1の確率ならそれほど不思議ではない。

 僕は人生オワタと対峙した。
バールのようなものを握る右手に力をこめる。
僕の攻撃は空振った。8分の1。勘弁してくれよ。

 殴られる、と僕は身構える。

『人生オワタはオワタダンスを踊った!
 ドクオのレベルが1下がった!』

('A`)「なにー!」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:20:23.07 ID:39xJG/a+0

 相当ムキムキだった僕の体が1回り小さくなったような心地がする。
確かに僕のレベルは1下がっていた。

('A`)「反則だ!」

 だからそれに対応する武器が存在するんだ。
僕はすぐにそう思い至ったが、
そんな理屈で僕の憤りを解消することは不可能だった。

('A`)「だめだドクオ、落ち着け。
   熱くなってはポーカーには勝てない。ポーカーじゃないけど。
   冷静に状況を判断するんだ」

 僕の状況はというと、
人生オワタに近づかれた状態でオワタナイフを持っていない。
つまり2分の1の確率でレベルが下げられる。
次の攻撃まで外れるとなると16分の1の確率となるけれど、
それは計算上そうなるだけであって、
今の僕にとっては2分の1と同じだった。

('A`)「条件つき確率ってやつだ。数学なんて大嫌いだ!」

 僕は立ち並ぶ木々に向かって叫んだ。


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:22:59.52 ID:39xJG/a+0

 僕は人生オワタに向かってバールのようなものを振り下ろす。

('A`)「悩んだって確率は変わらねぇんだ!
   世の中! 狂ってんだよ! 狂ってんだよ!」

『ドクオの攻撃! 人生オワタに24ポイントのダメージ!
 人生オワタをやっつけた!』

 僕の形相は、もうフツウではなかった。

 人生オワタを倒して得られた経験値的なもので
僕のレベルが1あがり、僕の体はムキムキさを取り戻す。
どこかでファンファーレのようなものが鳴るのが聞こえるが、
そんなものは慰めになりはしない。

 荒く息を吐いていると、背後から声をかけられた。

「やあ、また会ったな」

 この声は、と僕は振り返る。

川 ゚ -゚)「これからわたしといいことしないか?」

 クーだった。


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:25:13.52 ID:39xJG/a+0

(#'A`)「するわけねぇだろうが!
   僕はお前にレイプされたんだぞ!」

 僕がクーを睨みつけると、クーは不思議そうな表情を浮かべた。

川 ゚ -゚)「おかしいな。同意は取った筈だけどな」

 あれは和姦じゃないのか、とクーは言う。

(#'A`)「違ぇーよ!」

川 ゚ -゚)「どう違うのかな」

(#'A`)「どうもこうもねぇ!
   僕はもうお前とは関わりたくないんだから、
   とっととその便器に向かったケツの穴のような口をつぐんで
   消えやがれ!」

川 ゚ -゚)「わたしは消えないよ」

 それに考えてみろ、とクーは言う。

川 ゚ -゚)「ここまで来られたということは
     君には『樹海』をクリアする素質があるのだろう。
     クリア後の待機時間、君は性生活をどうするつもりなのかな」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:28:34.99 ID:39xJG/a+0

 クリア後の性生活。そんなもの、僕はこれまで考えもしなかった。

川 ゚ -゚)「君が知っているかどうかは知らないが、
     願い事を叶えてもらった後
     君はしばらく門番のような役割を果たさなければならない」

('A`)「知ってるさ」

川 ゚ -゚)「じゃあこれも知ってるのかな。
     その間、君は神に次ぐ存在のようなものになるわけだから、
     君が望んだ世界で望んだように生活をして待つことになる」

 やばい、こいつの話は聞いてはならない。
僕の本能は僕にそう訴えているが、
僕は自分の体の動かし方を忘れてしまったように
クーの話に聞き入ってしまう。

 つまり、とクーは微笑んだ。

川 ゚ -゚)「つまり、君が望めないものは存在しない世界で生活するわけだ。
     望むというのはイメージできると言い換えても良い。
     君は、君のイメージできないものは存在しない世界で
     生活することになる」

('A`)「それも知っている」

川 ゚ -゚)「なら良いんだ。君は童貞だと言っていたな。
     セックスを知らないのなら、セックスなしの生活を強いられる。
     自分の望み通りになる世界において、
     それはとても寂しいことだと思わないか?」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:31:03.74 ID:39xJG/a+0

('A`)「何故だ。女体をイメージして作り出し、
   そいつとセックスすれば良いじゃないか」

川 ゚ -゚)「ほう。君は経験したことのない女性器の感触を
     イメージできるというのかな」

 あるいは女性器そのものをだ、とクーは言う。
僕は言葉に詰まってしまった。

 クーはその様子を把握すると、僕の耳に言葉を並べる。

川 ゚ -゚)「しかし君は待機時間にフェラチオを楽しむことはできる。
     わたしが先日その快感を君に教えてあげたからだ。
     君はわたしに感謝するべきだ。違うかな」

('A`)「…そうかもしれない」

川 ゚ -゚)「良い子だ。わたしは良い子は好きだよ。
     ただし、君は1通りのフェラチオしか経験していない。
     それではフェラチオをイメージしようにも、
     君は1通りの快感しか得られない」

 そういうのはすぐに飽きてしまうものだよ、とクーは言った。
そうかもしれない、と僕は呟く。

 クーはとても満足そうに微笑んだ。

川 ゚ -゚)「もう一度だけ訊こう。
     これからわたしといいことしないか?」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:33:50.35 ID:39xJG/a+0

( A )「確認させてくれ。
   それにイエスと答えれば、お前は
   僕にさらなる快感を教えてくれるのか?」

川 ゚ -゚)「もちろんだ。
     今回はわたしに挿入してもらおうと思っている。
     そうすれば、君は待機時間中に
     女の子たちとも楽しめることだろう」

 ただしアナルセックスだけどな、とクーは言う。

川 ゚ -゚)「フェラチオもたっぷりするよ。
     君はあらゆる方法のフェラチオと共に性生活を送れば良い」

( A )「お前はそれで満足なのか?」

川 ゚ -゚)「わたしの心配をしているのか?
     もしそうなら、そんなものは無用だ。
     気が向いたときにわたしを考えて射精してくれるなら、
     わたしにとってそれ以上の幸せはないよ」

 そうか、と僕は呟いた。

川 ゚ -゚)「それでは意思表明をしてもらおうか」

 僕は頷いた。


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:37:36.62 ID:39xJG/a+0

('A`)「だが断る。
   このドクオが最も好きなことのひとつは、
   正確にいうと、このドクオが最も好きな漫画のひとつにでてきた
   思想で特に気に入っているのは、
   自分で強いと思ってるやつに『NO』と断ってやることだ…」

 クーはしばらく驚いたような表情をしていたが、
やがてにっこり微笑んだ。

川 ゚ -゚)「なるほど。それなら仕方がないな」

 行くが良い、とクーが指さした先には上り階段があった。

川 ゚ -゚)「地上まで上がればクリアだ」

 僕は大きくひとつ息を吐くと、階段に向かって歩きだす。

川 ゚ -゚)「君の幸せを願っている」

 クーは僕にそう言った。
僕は階段を上る前に一度だけクーに振り向いた。そして訊く。

('A`)「お前は一体何なんだ?」

川 ゚ -゚)「わたしはクーだ。めつぶしのクーと皆は呼ぶ」

 彼女はそう答えた。


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:40:17.14 ID:39xJG/a+0

 地下4階。僕の右手にはバールのようなもの+1、
僕の左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 上った先には盾が落ちていた。
ミミタブシールドだ。
僕はそれを拾い、地下4階の探索を開始した。

('A`)「地上に上がればクリアということは、
   4度階段を上れば良いわけか」

 探索はした方が良いのだろうか、と僕は考えた。
クリア条件が明確である以上、
それさえ満たせば後はどうでも良いわけである。

 下手に探索をして死んでしまっては元も子もないが、
かといって探索を一切やらずに行くのも考えものだ。

('A`)「レベルが足りずに問答無用で撲殺される、
   とか嫌だしな」

 たとえば初対面時のフサギコのような強烈さをもった強さの敵が
僕の前に立ちはだかるかもしれない。

('A`)「ちょうどあのように」

 僕の視線の先にはフサギコがフサフサと立っていた。


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:42:05.31 ID:39xJG/a+0

 何度目を擦って見ても、そこにいるのはフサギコだった。
近づき、殴ってみる。

『ドクオの攻撃! フサギコに25ポイントのダメージ!』
『フサギコの攻撃! ドクオに6ポイントのダメージ!』

『ドクオの攻撃! フサギコに25ポイントのダメージ!
 フサギコをやっつけた!』

('A`)「フサギコだ」

 確かにフサギコだ、と僕は何度も呟いた。
信じられないような気持ちだったが、
僕はしばらく自分が何を信じられないのかがわからなかった。

 やがて気づく。

('A`)「敵、強くならないんだ」

 帰りは楽勝じゃないか。
僕はそう思ったが、すぐに自分を戒める。

('A`)「油断するなドクオ。
   むやみに警戒を解いてはならない」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:44:07.14 ID:39xJG/a+0

 アイテムはあるに越したことはないし、
ムキムキになっておくに越したことはない。
僕はそう考えると、地下4階の探索を開始した。

('A`)「フサギコ、フサギコ、ショボンヌ、フサギコ」

 僕は次々と敵をやっつけながら進んでいく。

('A`)「どうやら本当に強い敵はでてこないらしいな」

 そう呟き、僕は脳内マップを完成させていく。

 おそらく小部屋を1つ残すばかりというところまで
探索を終えたにもかかわらず、
地下4階ではミミタブシールドの他に何も拾えなかった。
既に上り階段は発見している。

('A`)「アイテムはでにくくなっているのかな。
   それにしても、それだけだとやはり楽勝なんじゃないのか?」

 ゲームバランスというものがあるんじゃないか、と
僕は畑違いな感想をもつ。
しかし、実際そうなのだからしょうがない。
そのままを受け入れるしかない。

 そんなことを考えながら最後の小部屋に入ると、
僕は前言を撤回することになった。

 そこには巨大な竜がいた。


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:46:57.72 ID:39xJG/a+0

('A`)「なんだこれ!」

 僕が思わず後ずさると、竜は口を大きく開け、
そこから火を吐いてきた。

『ラスボスーンは火を吐いた! ドクオに20ポイントのダメージ!』

('A`)「熱い! 痛い! なんだこれ!」

 僕がうめいたところで答えは返ってこない。
とりあえず通路の奥へと逃亡を図ると、
ラスボスーンは火を吐いては来なかった。

 僕はそのまま逃亡し、階段を上ることにした。

('A`)「三十六計逃げるに如かず。
   昔の人は良いことを言うね」

 逃げられるなら逃げてしまえば良い。

('A`)「本当に逃げられるのか?」

 そんな不安には気づかなかったことにして、僕は階段を駆け上がった。


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:49:44.25 ID:39xJG/a+0

 地下3階。僕の右手にはバールのようなもの+1、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 上った先には火ー吹き草が落ちていた。

('A`)「これは、そうデザインされているのかもわからんね」

 僕はそう呟いた。
つまり、1フロアには上がった先にアイテムが落ちていて、
僕はそれ以外に帰りは何も手に入れられないのだ。

 だとすると、と考えた。

('A`)「このミミタブシールドはものすごい僥倖かもしれない」

 ミミタブシールドは火のダメージを半減する。
ラスボスーンの吐く火に対して有効なことは間違いない。

('A`)「ちょっと待て、僕はあいつと戦うつもりなのか?」

 逃げられるものなら逃げたいものである。
それでもあの名前も考えると、
何か強制力のようなものを感じずにはいられなかった。


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:53:00.10 ID:39xJG/a+0

 地下3階にでてくる敵はギコ猫・ちんぽっぽ・ビコーズである。
どれも恐れるには足らない。
僕は彼らをやっつけながら進んでいった。

('A`)「やはり、他にアイテムは落ちていないな」

 僕はそれを確信すると、階段の部屋を探すことに専念した。

 意外なことに、上り階段はすぐに見つかった。

('A`)「え。良いんだ」

 思わずそう呟いた。
上り階段は存在する。
先ほどそうであったように、これを上れば良いのだろう。
しかもラスボスーンからは逃げられないわけではない。

('A`)「ここは確認作業が必要だな」

 僕は脳内マップを完成させることにしたが、
未知の部屋に一歩足を踏み入れるやラスボスーンが居たので
尻尾を巻いて逃げだした。


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:56:09.58 ID:39xJG/a+0

 地下2階。僕の右手にはバールのようなもの+1、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 上った先には救急草が落ちていた。
僕はラスボスーンの火にあぶられたダメージをその場で癒すと
階段探しの旅に出る。

 地下2階となるとビコーズさえも出てこなくなり、
愛くるしいギコ猫と卑猥なちんぽっぽを相手にするのみである。
僕は右手に黒光るバールのようなもので彼らの脳天を
1匹1匹かち割っていくと、やがて階段を発見した。

('A`)「階段だ」

 僕はそう呟いた。
これで上がれば地下1階。さらに上がればクリアである。

('A`)「こんなことで良いのか?」

 何か騙されていやしないか?
僕は自問自答したが、
目の前に連なる階段以上の説得力をもつ仮説を
思いつくことはできなかった。


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 18:59:22.67 ID:39xJG/a+0

 地下1階。僕の右手にはバールのようなもの+1、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

('A`)「やっぱりな」

 僕はそう呟いている。

 僕は上った先でわかってますの巻物を拾い、
2枚ある上おそらくもう二度とアイテムを手に入れることはなかろうと
いうことで、まだ装備していなかったミミタブシールドに読んでみた。

 ミミタブシールドはプラマイゼロで、呪われてもいなかった。

 僕は階段を求めて地下1階を探索したが、
明らかにラスボスーンの居る小部屋を1つ残して
階段はどこにも見つからなかったわけである。

 腹が減ってきた僕はタッパーから大きなうまい棒(めんたい味)を
食べると防具をミミタブシールドに持ち替え、
最後の小部屋に向かうことにした。


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:02:41.56 ID:39xJG/a+0

 小部屋にはラスボスーンがいた。
もう逃げられないんだな、と僕は呟く。
それならそれ相応の対処をするのみである。

('A`)「これまでに得た情報を元にして、
   セコセコと勝利第一主義で戦うぜ!」

 僕は何も勇者ではない。
勇者の右手にバールのようなものが握られている筈がない。

('A`)「つまり、僕は勇敢に戦う必要はないのだ」

 僕はラスボスーンが通路から放った矢に当たるような位置にくるように
行動すると、通路に逃げ出した。

('A`)「僕はやつが通路まで追ってこないことを知っている」

 できるだけ奥まで距離をとると、
僕はそこから小部屋に向かって矢を放った。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

('A`)「よしよし、軸はずれてないな」

 僕は続いて火ー吹き草を飲み込んだ。


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:05:41.67 ID:39xJG/a+0

『ドクオは火ー吹き草を飲み込んだ! ラスボスーンには効かない!』

('A`)「効かないのか。
   ま、やつも火を吐けるくらいだし、
   それほど不思議なわけじゃないな」

 僕には火ー吹き草の他にも木の矢があと7本残っているし、
目ー潰し草ももっている。

 ダメージをできるだけ負わせた状態で
殴り合いに持ち込むことくらいしか僕にはできないし、
それでだめならしょうがないじゃないかと僕は開き直っていた。

 僕が矢を放つと、矢は通路沿いに飛んでいき、
しばらく経ってラスボスーンへ当たったことが感じられる。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

 僕は再び矢を放つ。矢は通路沿いに飛んでいき、
しばらく経ってラスボスーンへ当たったことが感じられる。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

 さっきより少しだけ、待つ時間が短くなってる気がした。


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:08:54.60 ID:39xJG/a+0

('A`)「ひょっとして、僕の思い違いなのか?」

 僕の背中を冷たい汗が流れる。
僕が矢を放つと、またしばらく経って、
ラスボスーンへ当たったことが感じられた。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

('A`)「間違いない。
   少しずつだが、やつは僕に近寄って来ている!」

 できるだけの距離を置いたことは正解だった。
だからといって、僕のやるべきことは変わらない。
僕は次々に矢を放つ。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに12ポイントのダメージ!』

 木の矢が残り1本となったところで、
ついにラスボスーンが僕の前に姿を現した。


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:13:36.22 ID:39xJG/a+0

('A`)「火ー吹き草を飲まなければちょうど消化できたわけか」

 だがそんなことは関係ない。
僕はバールのようなものをしかと握り締めた。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに23ポイントのダメージ!』
『ラスボスーンの攻撃! ドクオに22ポイントのダメージ!』

('A`)「痛ぇ! ミミタブシールドは守備力が弱すぎる!」

 タングステンシールドに持ち替えるか?
そんな考えが僕に浮かぶ。

 しかし、と僕は考えた。

 この状況でタングステンシールドに持ち替えた場合、
その間に僕は1度ラスボスーンの攻撃を受けるわけである。
それが今のように僕を殴るものなら良いが、
仮に火を吐かれた場合、
むざむざと20ポイントのダメージを負うことになる。

 今の僕のHPは51ポイント。救急草があるとはいえ、
なかなか勇気の要る決断だ。


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:16:15.58 ID:39xJG/a+0

 結論からいうと、僕は装備変更を行った。
メリットの方がデメリットより大きいと判断したのだ。

『ドクオはタングステンシールド+1を装備した!』
『ラスボスーンの攻撃! ドクオに14ポイントのダメージ!』

 僕の行動は裏目にでた。
ミミタブシールドの特殊性で火のダメージは10ポイント削減されるが、
タングステンシールドの守備力でも殴られたダメージは
8ポイントしか減らないのである。
仮に火を吐く確率が半々であるならば、
僕の受けるダメージは期待値上増えている。

('A`)「その上僕は1発タダで殴られたわけだ。くそ!」

 実験が足りてない、と僕は自分を罵った。
盾の守備力によってどれだけ受けるダメージが変わるのかを
ちゃんとこれまでに調べていれば、
僕はこんなところで判断ミスはしていない筈なのだ。

('A`)「だが、だからといってまだ負けたわけじゃあない!」

 僕は叫び、自分にそう言い聞かせた。
そうしないとこれからする賭けに踏み切れそうにないからだ。


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:19:15.55 ID:39xJG/a+0

 僕は荷物から目ー潰し草を取り出した。

『ドクオは目ー潰し草を投げた! ラスボスーンは目が見えなくなった!』
『ラスボスーンは火を吐いた!』

 ラスボスーンの吐いた火は見当違いの方向へ飛んでいく。

('A`)「やれやれだぜ。
   こっちの賭けには勝ったようだな」

 僕はバールのようなものを握りしめる。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに23ポイントのダメージ!』

 ラスボスーンは見当違いの方向に爪を突き立てた。

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに23ポイントのダメージ!』
『ラスボスーンの攻撃! ドクオに14ポイントのダメージ!』

('A`)「いたた! 当たることもあるわけね」

 僕の残りHPは23ポイント。
余裕のあるうちの回復しておいた方が良いだろう、と僕は判断した。

『ドクオは救急草を飲んだ! 50ポイント回復した!』
『ラスボスーンは火を吐いた!』


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:21:15.97 ID:39xJG/a+0

 僕はラスボスーンにどれほどのダメージを与えればやっつけられるのか
知らないが、『樹海』の終わりのようなものを確信していた。

('A`)「この状態で殴り勝てないようなデザインなら、
   それはデザインした側に問題があるに違いない」

 僕はそんなことさえ考えていた。

 ラスボスーンの繰り出す爪や吐き出す火は
ときどき僕に当たりはするけれど、
そのほとんどが見当違いな方向へ向かっている。

 僕はこの竜が哀れな存在にさえ見えていた。

('A`)「おそらくこいつらは、
   目を潰されたら8方向にランダムに攻撃するよう
   デザインされているのだろう」

 僕ならそうはしない、と呟いた。
僕なら一度攻撃が当たったらその方向に重点的に攻撃する。
攻撃が空振り移動を知ったら、そのときランダムに殴れば良い。

('A`)「こいつはデザインされたまま動いているだけなんだ」

『ドクオの攻撃! ラスボスーンに23ポイントのダメージ!
 ラスボスーンをやっつけた!』

 ファンファーレは鳴らない。
僕は小部屋に進み、階段を上って地上に出た。


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:22:46.40 ID:39xJG/a+0

 見渡す限り一面の草原の中、僕はひとり立っていた。
穏やかな風が吹いている。

 360度、草原以外に何もない。
僕が今上ってきた筈の階段さえどこにも見当たらない。

('A`)「はじめてここに来たときも、こうして僕は驚いた。
   僕が乗ってきた筈の電車や線路さえどこにも見当たらなかった」

 そして、と僕は回想する。

 やがて僕の前に女の子が現れた。

 彼女は赤いワンピースに身を包み、
ウェーブのかかった金髪をツインテールにまとめている。

ξ゚⊿゚)ξ「お疲れさま。
     ここまで来たのはあんたで5人目よ」

 ツンは僕にそう言った。

('A`)「5人目?」

ξ゚⊿゚)ξ「そう、5人目。
     あんたはあたしを解放してくれるのかしら」

('A`)「何だって?」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:23:09.02 ID:39xJG/a+0

 気づくとツンは、僕からずいぶん離れたところに移動していた。

('A`)「この距離は…」

 『行動』6回分程度だ、と僕は思った。


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/14(日) 19:25:53.32 ID:39xJG/a+0

 草原。僕の右手にはバールのようなもの+1が、
左手にはタングステンシールド+1が握られている。

 そしてツンの右手にはバールのようなもの+1が、
左手にはタングステンシールド+1が握られていた。

('A`)「ちょっと待て。どういうことなんだ」

 僕の疑問は『行動』6回分の距離を隔てたツンには届かない。
僕はそう思っていたのだが、ツンから答えが返ってきた。

 わかってるくせに、とツンは言う。

ξ゚ー゚)ξ「死ぬより他に『樹海』から出る方法はないのよ」

 あんたはあたしを解放してくれるのかしら。
聞こえる筈のないツンの呟きが、穏やかな風の中僕の耳に伝えられた。

          『生還』第八話へつづく。



第八話はこちら

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/17-c4ded4d5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。