スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

( ^ω^)とこたつのある部屋 三話

24 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:06:42 ID:avTkT/cc0 [1/20]

:『ドライブ』



ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ」

( ^ω^)「なんだお?」

ξ゚⊿゚)ξ「お茶とって」

( ^ω^)「はいお」

( ^ω^)つ[] スッ

ξ゚⊿゚)ξ「ありがと」

25 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:08:09 ID:avTkT/cc0 [2/20]

ξ゚⊿゚)ξ ズズッ

ξ-⊿-)ξ ホッ

ξ゚⊿゚)ξ ゴクッ

ξ-⊿-)ξ ホッ

( ^ω^)「あ、そういえば」

ξ゚⊿゚)ξ「?」

( ^ω^)「この前の夏に友達とドライブ行ったんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「あんた友達いたんだ」

( ^ω^)「おい」

26 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:09:45 ID:avTkT/cc0 [3/20]

ξ゚⊿゚)ξ「冗談よ」

ξ゚⊿゚)ξ「それで?どこにドライブ行ったの?」

( ^ω^)「海だお」

ξ゚⊿゚)ξ「へぇ、夏だからやっぱり泳いだの?」

( ^ω^)「そりゃ、まぁ」

( ^ω^)「で、その時サンオイル塗ってくれって頼まれたんだけど」

( ^ω^)「女の人はみんな、そんな気軽に男に塗らせるもんなのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「サンオイルかぁ……」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

( ^ω^)「え?」

27 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:11:22 ID:avTkT/cc0 [4/20]

ξ゚⊿゚)ξ「え、あの、そのドライブ一緒に行った友達って、女の人なの?」

( ^ω^)「最初からそう言ったお?」

ξ゚⊿゚)ξ「言っておらへんがな~」

( ;^ω^)「!?」

ξ゚⊿゚)ξ

( ;^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ

( ;^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ「まさかとは思いますが」

ξ゚⊿゚)ξ「この『女性』とはあなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか」

( ^ω^)「ねぇ、失礼にも程があるお?」

28 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:12:12 ID:avTkT/cc0 [5/20]

ξ゚⊿゚)ξ「えー、マジかぁ……マジかぁ」

ξ゚⊿゚)ξ「この顔でかぁ」

( ^ω^)「マジでお前ここアメリカだったら拳銃抜いてるからな」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁ冗談はおいておいて」

( ^ω^)「冗談じゃなかったおね?あの反応は冗談じゃないおね?」

ξ゚⊿゚)ξ「私だったら、そんな気軽に頼まないわよ」

( ^ω^)「ほあー、そうなのかお」

29 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:20:17 ID:avTkT/cc0 [6/20]

ξ゚⊿゚)ξ「ま、相当気を許せる関係じゃないと無理よ」

( ^ω^)「なるほどなー」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「で、アンタは塗ったの?」

( ^ω^)「え?」

ξ゚⊿゚)ξ「サンオイル」

( ^ω^)「いや、流石に塗らなかったお」

ξ゚⊿゚)ξ「へ、へぇ~」

31 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:22:18 ID:avTkT/cc0 [7/20]

( ^ω^)「だからそいつにも、『気安くそういうのは頼むもんじゃないお』って言ったんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「なるほど」

( ^ω^)「で、今にして女の人にとって塗ってもらうのは当たり前の事だったら」

( ^ω^)「僕、とても恥ずかしい奴だったなぁと思って」

ξ゚⊿゚)ξ「なるほどね」

( ^ω^)「そういう訳だお」

ξ゚⊿゚)ξ「ふーん」

32 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:23:59 ID:avTkT/cc0 [8/20]

ξ゚⊿゚)ξ「そうかそうか」

ξ゚⊿゚)ξ「なるほどな~」

ξ゚⊿゚)ξ 

ξ゚⊿゚)ξ ズズッ

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ ズズズッ

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ、海行こう」

( ;^ω^)「ファッ!?」

33 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2013/01/19(土) 00:24:56 ID:avTkT/cc0 [9/20]

ξ゚⊿゚)ξ「いや、いやね? さっきの話聞いたら海行きたくなっちゃったなーって」

ξ゚⊿゚)ξ「誰でも良いんだけどね? 別にね? うん、アンタが偶然目の前にいたから、ほら」

( ;^ω^)「え、今?」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

( ;^ω^)「いや、だって寒いお? とてもじゃないけど行きたくないお。寒すぎる」

( ^ω^)「こたつでぬくぬくしてたいお」ヌクヌク

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「そっか」

( ^ω^)「そうだお」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ山」

( ;^ω^)「ファッ!?」

三話 完

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/151-9c1bc67b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。