FC2ブログ





(・∀ ・)たった一つのようです  表エンディング

10:世【ヨ】



74 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:18:31.47 ID:exc/kZR30


( ;∀;)「わかった…………」

「神様?」

( ;∀;)「帰るよ、……このままじゃいけないことは、僕だってとっくにわかってたさ」

震える声で、神様は呟いた。
僕にはもう体が無いから、手を伸ばしたりすることは出来ないけれど、気持ちは神様の心に伸びていた。

( う∀・)「帰らなくちゃね、そして、謝らなくちゃいけない………」

誰に、とも言わず立ち上がる神様に、僕は言った。

「お供しますよ、どこまでも」



世界が、崩れる。
真っ黒い闇はどこまでも落ちていって、神様の意識は上へ上へと上がっていく。
聞こえてきたのは良く聞いていた子守唄のように暖かな声。
僕は神様がそれに包まれていくのを感じながら………


ゆっくりと、目を閉じた。



77 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:23:19.77 ID:exc/kZR30


::::::::::::::


( ,,゚Д゚)「なぁモララー、クラスの話なんだけどさ……っつっても、聞きたくネェか、ごめんな」

気が付けば、目の前にはギコがいる。
最後に見た時よりもちょっと痩せたみたいだ。
相変わらず悲しそうな目で、僕を見ていた。
ごめんね、傷つけてしまって
ごめんね、僕を思って言っただけなのに

( ,,゚Д゚)「内藤さ、落ちたの、あれ2階からだったろ?奇跡的に助かったんだ……今度退院するみてぇだよ
     って言っても、お前には届いてねぇのかな」

え………?
僕は、ギコの言葉に耳を疑った。
生きている?ブーンくんが?

( ,,゚Д゚)「この間さ、見舞いに行ったんだ、正直シカトされるかと思ったんだけど
     内藤、笑ってた」

( ,,゚Д゚)「あいつは、強いなぁ………」

ギコは悔しそうな、つらそうな声でぼそぼそと呟いているけど、僕には彼の言った言葉が信じられなかった。





80 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:28:38.86 ID:exc/kZR30


( ,,゚Д゚)「俺には、出来ねぇよ……あんな真似……そういったら、さぁ
     「ハニャーンに褒められるとはwww」とかって……わけわかんねぇよな?」

瞬間、涙がぼろりと溢れ出た。

( ,,゚Д゚)「モララー?」

ギコが、驚いたようにこっちを見てくる。
ごめん、ごめんねブーンくん
ごめんギコ
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

( ;∀;)「ごめん……ね……」

( ,,゚Д゚)「モララー……おまえっ……」

ギコの手が震えるように僕の方へと伸びてきた。
久々に感じる体温だ。
あの世界は酷く居心地がよかったけど、どこか無機質な空気が漂っていたから。
久々に喋るせいか、声が掠れているのが、自分でもわかった。

( ;∀;)「ずっと……ずっと謝りたかったんだ……ごめんね……本当にごめんなさい」

後から後から溢れてくる涙を両手で拭いながら、ギコに泣きつくと、ギコも涙を堪えたような顔で僕に言う。

( ,,うД゚)「ばっ……お前……バカヤロウ……!どんだけ心配したと……っ畜生っ……!」


81 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:31:08.27 ID:exc/kZR30


やがて我慢できなくなったのか、ギコも大きな声で泣き始めた。

( ,,;Д;)「謝るのは俺のほうだろゴルァ!」

( ;∀;)「うっ……うあぁああああん!!」

まるで幼い子供のように
その日、僕らはずっとそこで泣いていた。

やがて、声をかけつけた両親もやってくる。
心配かけてごめんなさい。
皆みんな、ごめんなさい

ふと、テーブルの方に置いてあるぬいぐるみが、僕を見て笑った気がした。




84 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:35:16.83 ID:exc/kZR30



それから、僕はブーンくんのお見舞いに行った。
もう会いたくないってつっぱねられるかと思ってたのに、意外にもブーンくんはすんなりと
病室に入れてくれた。

( ・∀・)「ブーンくん……」

( ^ω^)「この間美味い煎餅見つけたんだお、食うかお」

( ・∀・)「あ、ありがとう……じゃなくて、僕、その………」

顔を見ることが出来なくて、僕はそのまま底に座り込んだ。
ああ、くそ、どうしてこういうときにかぎって僕はこんなによわっちいんだ。
なんのために戻ってきたんだ!?

早く、早く、言うんだ!
早く、たった一つの、あの言葉を!!!

( ・∀・)「あのっ……ごm」

( ^ω^)「ごめんお」

( ・∀・)「………え?」

しかし、言おうとしたそれはブーンくん自身の言葉によって遮られた。
顔を見ると、酷くつらそうな、あの時のような笑みを作っている。



88 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:41:02.34 ID:exc/kZR30


( ^ω^)「こんなに追い込んでしまってごめんなさいだお」

( ・∀・)「あ、謝るのは……僕のほうで………」

( ^ω^)「違うお、僕は確かに君に救われたお、なのに僕が君を追い込んでしまったんだお」

( う∀・)「違う…違うよ…僕が……君を傷つけて……」

僕がそういうと、ブーンくんは静かに立ち上がり、にっこりと笑った。

( ^ω^)「話しかけてもらえて、嬉しかったお。いじめられるってわかってたのに
     話してくれて嬉しかったお。ありがとお」

( ;∀;)「うっ………」

( ^ω^)「君が友達って思ってなくても、いいんだお。僕は、嬉しかったから」

その言葉に、僕は涙が止まらなかった。
ごめんなさい
ごめんなさい
ありがとう

許してくれて、本当に本当にありがとう。


89 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:42:27.84 ID:exc/kZR30


( ;∀;)「ごめんなさい……僕も……友達だと……思ってるんだ……」

( ^ω^)「おっおっww最近はハニャーンも来るし、友達が増えたおーw」

( ;∀;)「うっ……あ、ありが……」

( ^ω^)「泣いてないで顔あげるお、煎餅食おうお!」

( ;∀;)「うんっ………」

ブーン君が差し出した煎餅は、昔どこかで見たような鳥の絵が描かれていた。
それは以前彼が旅した僕の記憶

彼が大好きだった、ピギナーの絵。

( ^ω^)「おいしいお!」

( ;∀;)「う゛んっ………」

涙で、味は良くわからなかったけれど。






97 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:46:55.59 ID:exc/kZR30


それから、ブーン君は退院して、僕やギコと一緒に学校に通うようになった。
ニダー達はあの一件以来、やっていたことが公になったらしく、学校を退学にさせられ
どこか遠くに引っ越したと聞いた。
クラスにも、以前よりもっと平和な空気が戻ってきた気がする。

僕は階下で待ってるギコとブーン君に急かされながらも、制服を着ている最中だった。
天気は雲ひとつ無い快晴で、いつかの世界を思わせる。

ふと、目覚めたとき、テーブルの上においてあったぬいぐるみが目に映った。
それは子供の頃、買ってもらった猫のぬいぐるみだ。
僕はそれを手に取って、そっと微笑んだ。

( ・∀・)「本当に、ずっと一緒にいてくれたんだね」

部屋の片隅にある、片目の取れかかったぬいぐるみを手にとって、僕は呟いた。

∧  ∧
(・∀ ・)

ねぇ君、君は僕の代わりにいつでも悲しんでくれたけど、僕は君のために何もできなかった。
だからね、僕はいつか、胸を張って君にこういえるようになりたいんだ。
君が、僕を戻してくれたから
僕を幸せにしてくれたから




99 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:48:29.27 ID:exc/kZR30




僕は、この世界が好きだよ




てね。


103 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:50:17.98 ID:exc/kZR30


まだ困難は少し多いけど、大丈夫だよ、君がずっと一緒にいてくれるからね。

「おーい、モララー、行くぞー!」

ギコの声が聞こえた。
僕は持っていたぬいぐるみを元の位置に戻し、一言だけ呟いた。

( ・∀・)「いってきます」




  いってらっしゃいませ、神様


どこかで、そんな声が聞こえた気がした。
僕はその言葉に微笑んで、走り出す。


大丈夫、僕は、きっとうまくやっていくよ。
僕と君は二人で一つだものね。君がいてくれたなら大丈夫


今までありがとう、もう一人の僕。



105 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/24(土) 23:51:09.92 ID:exc/kZR30


10:余【ヨ】


           了












裏エンディング               あとがき・Q&A

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/127-003b1788