スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(・∀ ・)たった一つのようです  4:背【せ】

3:野【ノ】はこちら


3 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:05:46.60 ID:qL4TPaYC0


4:背【せ】



その国はとても奇妙な国だった。
何せ話す人話す人全てが僕に背を向けている。
いや、僕だけじゃなく、住人全員がお互い背を向けている。
それは話す時だけに留まらず、道行く人全てが背を向けて、目を合わせずにいるんだ。

別に喋らないわけじゃないのに、話しているときも背を向ける。
まったく奇妙な国だった。

(・∀ ・)「あのー、すみません」

(   )「なんだモナ」

(・∀ ・)「ちょっとこっち向いてくれませんか?」

(   ;)「と、とんでもないことを言うなモナ!そんなことできるわけないモナ!?」

(・∀ ・)「あ……ちょ…」

止める暇もなく、すげなく断りその人はそそくさと走っていってしまった。
仕方なく僕は次の人へと話しかける。今度は、ちょっと話を聞くのが好きそうな青年だ。

(・∀ ・)「あのー、すみません」

(   )「なにかな」


6 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:09:36.18 ID:qL4TPaYC0


(・∀ ・)「どうして背を向けているんですか?」

(   )「これはね、油断させるためだよ」

(・∀ ・)「油断?」

(   )「背を見せていれば、敵は油断していると思って襲い掛かってくるだろう?
     しかし常に注意を配っていれば、その敵を一網打尽にできるのさ」

(・∀ ・)「はぁ……」

敵って誰だよ。
と僕は思ったけれど、それは突っ込まずにいた。
青年がさも得意げに言っていたから、なんだか言うのが憚られたのだ。

どこかのバーテンのような格好をした彼は、僕の話を聞いてくれたのでそれだけで良しとする。

(・∀ ・)「ちなみにご飯とかはどうやって食べるんですか?」

(   )「こうやってさ!」

彼はその人は首をごきり、と奇妙にまげて、いつの間に手に持っていたのか
フランクフルトを口に含み、はむはむと美味そうに味わった。
最後にしゃぶるように舐めると、そのまま笑顔を向ける。

( ´・ω)「こうすれば、背を向けたままで食べられるだろう?」


7 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:11:42.49 ID:qL4TPaYC0


首を不自然な状態のままで、フランクフルトを食べる青年はどうにも不思議な生き物だった。
まず第一に、フランクフルトは後ろを向いたままでも食べれるのに、どうしてわざわざ食べ辛い格好で食べ始めたのだろう
ということと。

第二に、僕が聞いたのはそういうことじゃなくて、食べるときは向かい合うのかそれともそっぽを向いたままなのか
口で聞きたかったのに、いきなり実践されたことだ。

まぁ、それは別にそれはいいんだけど、正直彼の首の方向がおかしいので元に戻って欲しい。
怖い。

(・∀ ・)「首、痛くないんですか?」

( ´・ω)「痛いよ。だから早く食べなくちゃいけない」

(・∀ ・)「体ごと前を向いたらいいじゃないですか」

(;´・ω)「とんでもない!そんなことして攻撃されたらどうするんだい!?」

(・∀ ・)「誰にですか?」

( ´・ω)「知らないよそんなの」

うーん
僕は首を傾げる。
わからなかったからだ。主に全体的な意味が。


8 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:14:29.88 ID:qL4TPaYC0


純粋にそれだけだったのに、何を勘違いしたのか、突然男が僕の首に手を伸ばし
そしてそのまま首をひねってきた。

(゚∀ ゚;)「いっ!?」

い、いたたたたた……!!
一体何をするんだ!

(・∀ ・;)「痛い!痛い!」

両手をばたつかせてもがくが、青年はやけに鼻息荒くして離してくれそうにない。
色んな意味で大ピンチだ。

( *´・ω)「嬉しいなあ、同志ができて。君もいずれ首が180度回転したらいいと思っているんだね?
      そうだよ、それが正しい僕達のあり方なんだ」

(・∀ ・;)「違いますよ!離して……はな……」

( *´・ω)「そうすれば敵に襲われても無事でいられるし、反撃もできるものね……ふふ」

(・∀ ・;)「だから違うっつーの!離せ……はなっ……離せっ!!」

あまりにも首が痛かったので、あまり得策ではなかったけれど僕はその男を思い切りぶん殴った。
鬼気迫るその表情が怖かったのもぶっちゃけある。

結構あっけなく男は倒れ、そのまま地面に蹲った。
しかし僕が肩で息をしている間にすぐさままた立ち上がる。



9 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:15:40.40 ID:qL4TPaYC0


(#´・ω・`)「痛いだろう!?何をするんだ!!」

(・∀ ・)「あ……」

(´・ω・`)「あれ?」

その時、彼は首がきちんと正面に戻っていた。
ので、僕と向かい合う形になる。

(´・ω・`)「あ……」

(´゚ω゚`)「あ……あぁ……」

(・∀ ・;)

しばらくぽかんとしていたが、その事実に気が付くと、彼はまず愕然とした。
それから震えるように体を抱きしめ、雄たけびを上げながら走っていく。
その声に、人々は驚いたように声をあげるけれど、決して振り返るということはしなかった。


(´゚ω゚`)「あ……あぁあああああああああああ!!!終わりだ!殺される!
      僕は敵に殺される!!」

(・∀ ・;)「あ、ちょ……」

「わぁああああああああああああああああああ!!!」



11 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:17:37.98 ID:qL4TPaYC0


フェードアウトするような声だけを残して、男は走っていった。
周りに敵なんているわけもないのに、どうしてあの男は逃げ惑うのだろう?
僕はもう一度首を傾げようと思ったが、またねじられてはたまらないので、それはやめておいた。

変わりに、近くにいた女性に聞く。
その女性も、やっぱり僕に背を向ける。

(・∀ ・)「あのう」

从  从「なあに~?」

(・∀ ・)「どうして後ろを向いているんですか?」

从  从「敵を誘い込んで倒すためよ~」

(・∀ ・)「その考え、おかしいと思わないんですか?」

从  从「どうして~?」

(・∀ ・)「だってほら、そんなことしてたら油断してるとあっという間にやられちゃうし」

从  从「油断してないもの~」

(・∀ ・)「いやでも、首が180度曲がるなんておかしいし……」

そう言った瞬間、その女性の空気が変わった。
いや、女性だけじゃない、近くの住人全員の空気が冷たくなった。


12 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:21:09.55 ID:qL4TPaYC0


从  从「それはあなたがおかしいのよ?」

(・∀ ・)「え?」

その声は、酷く暗い。

从  从「この国では、皆それが正しいと信じてるの~、だから、それを否定する貴方がおかしい」

(・∀ ・)「…………」

从  从「何が正しいのかなんて、その人次第よ~?」

僕にとって、この国は正しくなんてなく、しかし彼らにとってこの習慣は紛れもなく正しい。
確かに、ここでおかしいのは僕の方なのかもしれない。
それ以上何もいえなくなって、僕はぺこりと頭を下げた。

(・∀ ・)「そうですね、失礼しました……」

从  从「うん、ばいばい~、旅人さん」

(・∀ ・)「ええ、さよなら」

振り向かず女性は手を振って、そのまま歩き出した、が
3歩歩いたところで首をごきり、と奇妙な方向に曲げた。

从 ー'从「さよならついでに教えてあげるね~、隣に国があるんだけど~」



13 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:23:55.46 ID:qL4TPaYC0


(・∀ ・)「はぁ」

从 'ー从「その国はとっても怖い国なの~。 私達はいつかこの国を油断して攻め込んでくると思うから~
     行かないほうがいいよ~」

間延びした口調はどうにも怖いとは思えなかったが、僕はとりあえず頷いておいた。


(・∀ ・)「……ありがとうございます」

一礼だけして、その国を去る。
帰るとき、僕は振り返ってみてみたが
相変わらず、住人は僕に背を向けたままだった。

それがひどく寂しく感じたのは、どうしてだろう。






隣の国へ行くと、そこは平和な街だった。
攻め込むことや、武力とは酷く無縁の、和やかな緑に包まれた優しげな街。



14 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:27:16.79 ID:qL4TPaYC0


僕は道行く人を捕まえて尋ねた。

(・∀ ・)「あのちょっといいですか?」

(`・ω・´)「はいはい、なんだい?」

(・∀ ・)「隣にある国のこと、知ってます?」

男はその質問に苦笑すると、知っているよ、とだけ答えてくれた。

(・∀ ・)「どう思います? なんか隙だらけだから攻め込んでやる!とか、そう思います?」

その問に、男はとんでもない!と首を振った。
豊かな顎髭がふわふわと揺れる。

(`・ω・´)「我々は平和主義者なんだ!それにあんな背中を見せるような国の隙をつくなんて!
       そんな非道なことするわけないだろう!?」

(・∀ ・)「……それは彼らが背中を向けている限り?」

(`・ω・´)「ああ!当然だ!」

僕はその言葉を聞くと、お礼だけ言ってその国を出た。
成る程。

確かに、その人にとって何が正しくて、何が間違っているのかなんて
その人にしかわからないことだ。



15 名前: ◆q/GlKnlG6s :2009/01/02(金) 23:27:29.16 ID:qL4TPaYC0


4:正【せ】


            了







5:回【かい】はこちら

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/120-952b0697





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。