スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

l从・∀・ノ!リ人 星探しのようです ▼・ェ・▼

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:18:46.24 ID:KYVJEYZZ0

みんな泣きました
何回も何十回も何百回も……

大粒の涙を散らしながら、わんわんと泣きました
でも、どうすることも出来ません

そして雨はいつか止むように、みんなの涙もそのうち止みました


それを見て誰かが言います

やっと、涙が出なくなったんだから笑おうよ って


だから試しに笑いました

おっきな口を開けてみんなで、わはははは!!!って


そしたら、悲しさが吹っ飛んで心から笑えるようになりました

でも、いつの間にか目元にまた雲が出来ていました
泣いたら悲しくなっちゃうので、今度は雨を降らさないようにとみんな我慢しました



l从・∀・ノ!リ人 星探しのようです ▼・ェ・▼






4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:21:24.59 ID:KYVJEYZZ0

突然だけど季節が移り行くのは、本当にあっという間だと思いませんか?
つい最近までは、お日様と睨めっこしたら絶対に勝てないような暑い暑い夏だったのに
いつの間にか葉っぱが派手な緑色の服から渋い茶色の服に衣替えしている

だから、「もう秋なのじゃー……」なんてしみじみと思っていたの
そしたら今度は家も外も寒々としてきて気の早い冬がもうすぐそこまでやって来ていたの!


l从・∀・ノ!リ人「準備万端なのじゃー!」

そんなおじいちゃんみたいなことを染み染みと感じていた私は、
独り言を呟きながら鏡の前でポーズを決めていた
厚手のセーターにニット帽、可愛らしい兎の絵が描いてある手袋をはめて
外へ出かける準備はもう万端なのじゃ!

後は、一緒に出かける兄者達を待つだけなんだけど……




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:24:23.78 ID:KYVJEYZZ0

( ;_ゝ;)「あ~、シューたんがあ…… 今日でお別れなんて嫌だああああ!!」

(´<_` )「テレビにがっつくなよ…… もう、何の放送もしてないだろ……」


こんな調子で二人は出かける準備を全くしていないのじゃ……
はりきっている私がばかばかしいくらい

砂嵐のテレビに抱きつきながら泣いているのは、私の一番上の兄者。
名前は流石兄者って言うんだけど、私は「おっきい兄者」って呼んでいる
おっきい兄者はおたくっぽくてひきこもりがちだけど、いつもみんなを笑わせてくれて
すっごく楽しい人なの!

彼女募集中らしいから是非もらってやって下さい


8 名前:>>7 うん、ながらなんだ すまない:2008/08/20(水) 00:27:17.98 ID:KYVJEYZZ0

( ;_ゝ;)「俺は、死んでもずっと一緒だからね。例えこの星が滅んだとしても二人だけの世界を作ろう」

(´<_`;)「時に落ち着け兄者。……だんだん危ない人になってきてるぞ」


あ、私がなんで兄者の事を「おっきい兄者」って呼んでるかって?
それはね、私にはもう一人の兄がいるからなの

名前は流石弟者
私は「ちっちゃい兄者」って呼んでるんだけど、その名前で呼ぶとすっごく恥ずかしがるんだ
とっても照れ屋さんなのじゃよ
でも、とっても優しくていつも頭を撫で撫でしてくれる……

その度に私の胸はチクチクして痛くなるんだけど……
とっても幸せな気持ちになれるの


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:29:17.95 ID:KYVJEYZZ0

(´<_` )「妹者ー!兄者がこんな感じだから少し待っててくれないか?」

l从・∀・ノ!リ人「把握なのじゃー」

あ、そう言えば、まだ私の名前を教えてなかったね
私の名前は流石妹者
よく兄者達と顔が似てないなんて言われるけど……そんな事はないのじゃ!

この兄者達の妹で、歴とした流石家の一員なのじゃぞ!



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:31:59.78 ID:KYVJEYZZ0

( ;_ゝ;)「いやだ~~!!シューたん~~~……」

l从・∀・ノ!リ人「妹者キィーック!!!」

(#)_ゝ゚)「いいともぉッ!!!」

私はテレビにがっついておったおっきい兄者に、ドロップキックをかます
ちっちゃい兄者が、「お~!」と拍手してくれた
うむ、10点満点じゃな!


(メ;_ゝ;)「やるな、妹者……これで、未練は……ない。ぐはあ……」

変な芝居をして、おっきい兄者は床に倒れる
そこから漫才を始めるのが、礼儀なのだけれども今日はそんな事をしている暇はない!

l从・∀・#ノ!リ人「つべこべやってないで、準備をするのじゃ!!」

「ほ~い」って、情けない声を出しながらおっきい兄者は支度をしに立ち上がる
そう、今日はのんびりとしている時間はないのじゃ

だって、今日で……



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:35:16.00 ID:KYVJEYZZ0

私が寂しそうな顔をしたのに気づいたのか、ちっちゃい兄者が寄って来た
そして、大きな手の平を私の頭の上にそっとのせて、まるで赤ん坊にそうするように撫でてくれた

優しくて温かい感触

それも今日で……


(´<_` )「大丈夫、俺達はいつまでも一緒なんだから」

l从////ノ!リ人「そ、そんなの知っておるのじゃ!!」

私達3人はいつも一緒
お父さん、お母さん、お姉ちゃんがお星様になった時からいつも一緒なの

……でも、それも今日でお終いなの



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:38:13.01 ID:KYVJEYZZ0

あのね、今日で地球が死んじゃうんだって
悪い隕石がぶつかってきて、みんなをお星様のところへ連れて行ってしまうだって


みんないっぱい泣きました
涙が出なくなるまで、いっぱいいっぱい……

でも、最後の最後まで泣いているのってとても悲しいことなんだって

だから、みんな今日は楽しく過ごす事を誓ったの

笑顔でお星様のところへ行けますようにって




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:41:28.21 ID:KYVJEYZZ0

そうそう今日はね、悪い隕石がやって来る前に流れ星達がいっぱい地球を通過するそうなんだ
それは律儀にも流れ星達なりのお別れの挨拶なのかな?

まぁ、どうせ祈っても願いを叶えないつもりなのだろうけどね

……なんて、悪態ついてみたけど私達は今日流れ星を見にお月見山まで行くのじゃ
ちょっとした遠出だし遠足気分もある
でも、願い事をしにいくんだ……

意味がないのかもしれないけど、精一杯お願いするのじゃ




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:47:16.43 ID:KYVJEYZZ0

(*´_ゝ`)「準備万端ー!見て見て、俺かっこよくね?」

普段、へんてこな服装のおっきい兄者が、どこで買ったかこれまたへんてこな服装に身を包んでおった
つっこむのも馬鹿らしいのでとりあえず無視無視

(´<_` )「俺も準備で来たぞー さ、行こうか」

l从・∀・ノ!リ人「よーし確認するのじゃ!」

水筒の準備よーし!
お弁当の準備よーし!
おっきい兄者とちっちゃい兄者の準備よーし!
望遠鏡の準備よーし!
願い事の準備よーし!


l从・∀・ノ!リ人「よっしゃー!出発するのじゃー」

( ´_ゝ`)「おー!」(´<_` )


私達はお父さんの車に乗り込んだ
ちっちゃい兄者が運転席で、私は助手席!
おっきい兄者は後部座席でぶつくさと言っておるが、助手席は私の特等席なのじゃ!

エンジンがブロロンと大きな音を立てる
さぁ、流れ星を見に出発なのじゃ!!




27 名前:やべ…ミスッた 星探しです:2008/08/20(水) 00:51:24.45 ID:KYVJEYZZ0

l从・∀・ノ!リ人「だからお願い~僕の傍にいてくれないか~?」

(*´_ゝ`)「きみが好きだから~」

(´<_`;)「………この想いが……」


l从・∀・#ノ!リ人「はいカット!!」

(#´_ゝ`)「空気嫁この野郎!!せっかくエンジンテンション車のステレオ揺らしてたのに!!」

l从・∀・#ノ!リ人「そうなのじゃ 空気を読むのじゃ!! ちなみにおっきい兄者の空気嫁は昨晩処分しました」

Σ(;´_ゝ`)「な、なに!?」


冗談はさておき、私達を乗せた流石号(日産マーチ))は順調にお月見山へと向かって行った
お空を見上げると若干、雲行きに怪しさを覚えるけどお山の天気は変わりやすいと言うし
何とかなる……よね?



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 00:56:39.53 ID:KYVJEYZZ0



(´<_` )「妹者は何のお願いか、もう決めた?」

l从・∀・ノ!リ人「もちろんなのじゃ!早く祈りたくてむずむずなのじゃ!」

( ´_ゝ`)「お、妹者はなんてお願いするんだ?」


おっきい兄者が、後部座席から身を乗り出して私に聞いてくる
でも、


l从・∀・ノ!リ人「願い事は言ったら意味ないのじゃ!」


デリカシーなさすぎなのじゃ




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:01:17.96 ID:KYVJEYZZ0


l从・∀・ノ!リ人「着いたのじゃー!!」


自宅からほんの1時間ちょっと
少し……その……我慢しているのを除けば澄み切った空気と
見上げればどこまでも果てしない大きな山が私達を迎えてくれた

木達は裸ん坊で少し寒そうに見える

(´<_` )「木さんの服はね、虫さん達のお布団になるんだよ」

ほうほう
そう言えば、虫は冬の間は眠って春を迎えると聞く
じゃあ、木は身を挺して、寒がりな虫を暖めているのじゃな!
かっこいいのじゃ!!

…………もじもじ




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:05:55.72 ID:KYVJEYZZ0

( ´_ゝ`)「ハァハァ 妹者まさか?」

l从・∀・;ノ!リ人「な、なんでもないのじゃ……」

う……このスケベ魔人が……

(´<_`;)「兄者、やめろきもい……あ、ほら妹者」

ちっちゃい兄者が遠くの方を指差す
そこにはトイレらしき建物があった

l从・∀・;ノ!リ人「す、すまんのじゃ!」

おっきい兄者と違ってちっちゃい兄者は頼りになるのじゃ!
私は駆け足でその建物に向かった



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:09:28.84 ID:KYVJEYZZ0

ジャー……
こんな山奥で水洗トイレ
しかもキレイ!

なんと言うことでしょう

l从・∀・ノ!リ人「スッキリなのじゃ!」

これで安心して願い事に集中できるのじゃ!
心の中でこっそりと呟き、私は二人のもとへ戻ろうとした



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:10:11.60 ID:KYVJEYZZ0








          ひた












39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:14:39.21 ID:KYVJEYZZ0


今……何か聞こえた?
私、一人しかいないのに??
え??

周囲を恐る恐る見回す
……誰もいない



「くぅ~」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:18:59.96 ID:KYVJEYZZ0

遠くの方で弱弱しい音がした
私はその方を目を細めてこっそりと注視する

▼・ェ・▼「くぅ~~」

l从・∀・ノ!リ人+

▼・ェ・▼「くぅ~~」

l从・∀・ノ!リ人「わ、わわわわ……」






        「わんちゃんなのじゃー!!」






42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:23:09.35 ID:KYVJEYZZ0

Σ▼・ェ・▼

私の大声にわんちゃんは驚いて山の向こうへと逃げて行ってしまった

l从・∀・*ノ!リ人「ま、待つのじゃー!!!」

もちろん私がそれを見逃すはずもなく走って追いかける
100m17秒の私に適うとでも思っておるのじゃ!?


l从・∀・ノ!リ人「待てえ~!!」

▼・ェ・;▼「くぅ~~ん!!」


私とわんちゃんとの駆けっこ
ちっこい手足でちょこちょこと可愛いらしい

今の私ならモーリスグリーン……は、ちと古いな
と、とにかく北京で金メダルの勢いなのじゃ!!



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:27:08.52 ID:KYVJEYZZ0


l从*∀*ノ!リ人+「み~つけったwww」

▼・ェ・;▼「くぅ~~ん……」

l从・д・ノ!リ人「痛いようにはしないのじゃー!優しく撫で撫でなのじゃー!」

わんちゃんはとても弱弱しく怯えていた
その様子がまた可愛いんだな これが

……おっと、おっきい兄者みたいになってる
気をつけなきゃ



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:31:23.36 ID:KYVJEYZZ0

えい!
っと、勢いよくわんちゃんに手を伸ばす

l从・∀・ノ!リ人「つっかまえた!」

わんちゃんのもふもふ感がこれまた堪らなかった
私は何度も撫で撫でしたり、ぎゅぎゅっと抱きしめたりする

そうしている内に、最初は怖がってたわんちゃんも
次第に心を許すようになってきた



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:40:06.35 ID:KYVJEYZZ0

▼・ェ・▼「アンアン!!」

l从・∀・ノ!リ人「腰振るのはやめるのじゃ、助べぇ!!」

▼・ェ・▼「くぅ~?」

l从・∀・ノ!リ人「お前の名前はこれからは助べぇなのじゃ!」

l从^ー^*ノ!リ人「よろしくなのじゃ!」

▼・ェ・▼「アン!」

助べぇは嬉しそうにしっぽを何度も振る
私はそれを見て、とっても微笑ましかったのじゃ
そうだ、願い事に助べぇの事も加えようかな

l从・∀・ノ!リ人「あ、そうだ忘れておったのじゃ! 兄者達が心配しておるのじゃ」

▼・ェ・▼「くぅ~?」

l从・∀・ノ!リ人「お前もくるのじゃ?」

▼・ェ・▼「アン!」

助べぇは私の問いに答えるように鳴く
もう心が通じ合っているのかな?



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:44:31.47 ID:KYVJEYZZ0

l从・∀・ノ!リ人「よっしゃ、戻るのじゃ!!」

l从・∀・ノ!リ人「……って……」

私は辺りを何度も見渡す
今度は恐る恐るではなくて豪快に何度も

l从・∀・;ノ!リ人「え……とぉ……」

思った事を口にするべきか
でも、それを言ったら私は罪を告白するのと同じ事

▼・ェ・▼「くぅ~?」

助べぇが首をかしげて問いかけてくる
どうしたの?

えっとね……

l从・д・;ノ!リ人「ま、迷ったのじゃーー!!!」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 01:48:40.48 ID:KYVJEYZZ0

大声で叫ぶ
罪を認めるときはこれくらい潔いほうがいい

確か、助べぇと駆けっこしてる時はこの道を……


l从・∀・;ノ!リ人「おっきい兄者ー!」

l从;・∀・ノ!リ人「ちっちゃい兄者ー!!」

右を向き、左を向き
私は兄者達の名を呼ぶ


…………………


「くぅ~?」


お前じゃないのじゃ!



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:02:35.84 ID:KYVJEYZZ0

1滴の雫が、空から降りてくる

ぽちゃん、と

それに気付いた私は真上をそっと覗くと
今度はたくさんの雨粒が私に降り注いできた

l从・∀・;ノ!リ人「雨なのじゃ……」

助べぇに伝えるように呟く
助べぇは雨をとっても怖がっていた

l从・∀・ノ!リ人「大丈夫なのじゃ、妹者が付いているのじゃ」

助べぇを抱きかかえ、必死に励ます
助べぇも励ますように私の顔をなめてきた


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:08:27.90 ID:KYVJEYZZ0

l从・∀・ノ!リ人「これで一安心なのじゃ!」

やっとの思いで雨をしのげるような岩の影にやってきた
体はびしょびしょで濡れてて寒いし、吹きつく風も冬を思わせるほど冷たい

▼・ェ・▼「くぅ?」

雫が零れる
空からのは岩が防いでくれているはずなのに、
今度はどこからだろう?

助べぇはきっとそんな顔をしているだろうね

l从;∀;ノ!リ人「大丈夫……なのじゃ……」


うん、大丈夫だから
妹者がついているから……


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:14:50.39 ID:KYVJEYZZ0

辺りが少しずつ影を見せる
もうそろそろ夜……なのかな?

兄者達……心配しているかな?


l从;-;ノ!リ人「寒いよ……怖いよ……」


ついに泣き言を漏らしてしまう
私には守らなければならない相棒がいるのに

どうしてこんなに弱虫なんだろ?


でも、寒い……寒い……


▼・ェ・▼「くぅ~ん?」


大丈夫……

寒い……



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:19:08.12 ID:KYVJEYZZ0

その時

「ワンワン!!」

泣き虫になった私に罰があたる


▼・ェ・▼「アン!!」

l从・-・ノ!リ人「……え?」


大きな犬が2匹
雨の中こちらに向かってきたのだ


そっか……
お父さんとお母さんが、迎えに来たんだね


私は助べぇをそっと腕から解放する
助べぇは嬉しそうに親犬の方へと駆けて行った



よかった ね ……


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:27:50.47 ID:KYVJEYZZ0

一人ぼっちは、はじめての経験だった

いつも影ながらに私を応援しているお父さんがいて
厳しいけど流石家を盛り上げるお母さんがいて
美人で頼りになる優しいお姉ちゃんがいて……

3人がお星様になっても、
二人の兄者がずっと私を見守っていてくれた

だから寂しくなんてなかった
辛くなんてなかった

……泣いたりなんてしなかった



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:35:59.61 ID:KYVJEYZZ0

気が付くと、いじわるな雨は止んでいた
空を見上げると満天の星空が浮かび上がっていた

その中に一つだけ流れる星を見つける

l从‐ ‐ノ!リ人(お父さん、お母さん、お姉ちゃん……私をみんなに会わせて下さい)

それは準備していた願い事ではなかったけど……
でも、今は会いたい……

会って、ありがとうって伝えたい

変態だけど私をいつも笑わせてくれるムードメーカな楽しい兄へ
誰よりも私の事を気にかけて守ってくれる優しい兄へ


l从‐ ‐ノ!リ人(お願いします!)



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:45:38.59 ID:KYVJEYZZ0

……その時、遠くの方で犬の鳴き声が聞こえた気がした


「アン!」

……助べぇ?


「アン、アン!!」

ううん、どうせこれは夢なのだ
だって助べぇは今頃、お父さんやお母さんと仲良く幸せな夢を見ているのだから


「妹者!!」

ほら、今度は兄者の声が聞こえる
でも、何て幸せな夢なんだろう……

目を瞑っているから真っ暗だけど……
いい……夢だな


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:49:18.28 ID:KYVJEYZZ0

「妹者、妹者ー!!お願いだ目を覚ましてくれ……頼む……」

どっちの兄者だろ?
私と似て泣き虫なのは……

そっか、

ちっちゃい兄者の方だな!


目を開けたかった。
もしかしたら、目の前で兄者達が笑っている気がして……

でも、怖かった。
今目を開けたらこの夢は露となって消えそうな気がして……



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 02:59:25.57 ID:KYVJEYZZ0

「アン!」

頬に温かな感触を覚える

……あれ?

暗闇の中で、恐る恐る手を伸ばす
そこにあったのは、助べぇのふさふさの感触

枯れるほど泣いた目からまた涙が出る

「いも……じゃ?」

そっと目を開けよう
これはもう夢じゃないってわかってるから

重たい瞼をゆっくりと抉じ開ける
大丈夫、
そこには私の愛おしい兄者達が笑顔でいるんだから!

そっと――……



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 03:03:36.15 ID:KYVJEYZZ0

(;<_; )「妹者!!」

ちっちゃいあーにじゃ

( ´_ゝ`)「妹者!よかった……」

おっきいあーにじゃ


l从・∀・ノ!リ人「ふふ、よかった……夢じゃなかったのじゃ……」

ふわり
ちっちゃい兄者が私を抱きしめる

嬉しいな嬉しいな
ちっちゃい兄者から感じる大きな温もり

また涙が溢れる

私の目からぽろりぽろり
兄者達の目からもぽろりぽろり


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 03:09:06.89 ID:KYVJEYZZ0

l从・∀・ノ!リ人「あ……」

その時、空が光った
どんなお星様達より大きく輝いて

大きな大きな隕石が向かってきたのじゃ

私は右手にちっちゃい兄者の左手を握って
左手にはおっきい兄者の右手を握った


いつも一緒嬉しいな
もちろん助べぇもだよ



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 03:10:49.83 ID:KYVJEYZZ0

おっきい兄者が言います
「怖くないのか?」

ううん


ちっちゃい兄者が言います
「悲しくないの?」

ううん



だって――



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 03:12:37.37 ID:KYVJEYZZ0







l从^ー^*ノ!リ人「だって、私の願いはもう適ったのじゃ!!」











76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/20(水) 03:16:06.73 ID:KYVJEYZZ0

おしまい

この作品の教訓は、ながらでスレを立ててはいけませんでした
ちなみにお口直しに関連作品をどうぞ

( ><)幸せが笑うようです(*‘ω‘ *)
ナギ戦記さんhttp://nagixnagi.blog38.fc2.com/blog-entry-840.html#more
ヴァニラアイスさんhttp://stupidrabbits.web.fc2.com/synthesis/siawase_no_mi.html

では、読んでくださった方々
大変お疲れ様でした





※以下ブログの中の人より補足

ナギ戦紀さんは2010年現在閉鎖されています
( ><)幸せが笑うようです(*‘ω‘ *) は玉兎の夢さんに引き継ぎ&保管されています。
http://gyokutonoyume.blog116.fc2.com/blog-entry-3251.html


また、作品の一部の誤字修正をさせていただきました(ブログ中の人)
[ 2010/11/14 18:48 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanpentokanohokanko.blog118.fc2.com/tb.php/104-c0042217





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。