( ´∀`)「さようです」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/26(土) 21:43:35.57 ID:BT+ZIqlT0

( ´∀`) 「―――」

 老人は机からふと顔を上げた。
 集中管理の暖房は管理が行き届きすぎて、窓ガラスは真っ白く濁っている。

 雪にでもなったのだろうか。
 暗い冬はいつ終わりが来るのか。

 歳を経るにつれて、冬が恐ろしく感じられる。
 伝統的な八行紅掛の便箋で最後に筆を撥ね終えたとき、そう時間はたっていなかった。

 先生。私はこの国を愛している――

 最初に、そう綴った。
 さらに、あなたも国を愛しているはずだ、と続けた。
 そして、友人に警告を託した。



   ( ´∀`)「さようです」 始

[ 2015/02/24 22:42 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

(゚、゚トソン「さようです」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 00:07:19.45 ID:e7y9ZVB10

( ^ω^)「つまり、今の状況を要約すると、旧世代の封印というものがこの国にあって、
      それが破られて封印されてた魔物がいっぱい復活して出して、
      それを再び封印する為に旧世代から転生した力を持った人間を探してて僕がそれに当たり、
      他の転生した仲間を探して魔物を封印して欲しいってことだおね?」


(゚、゚トソン「さようです」

[ 2015/02/24 22:38 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

ノパ⊿゚)はおなかまくらで眠るようです

1 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/11/29(土) 19:33:37.53 ID:auu/0Hb3NIKU
爪'ー`)「……」


ノパ⊿゚) コンコン、ガチャッ


爪'ー`)「……」


ノパ⊿゚) スタスタ、モフッ


爪'ー`)「……ん?」


ごろごろ

[ 2015/02/18 00:41 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

('A`)おのれ勇者!のようです

1 :名も無きAAのようです:2015/01/31(土) 04:03:12 ID:4e1CRo7Y0
( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ

ゴゴゴゴゴ……

('A`)

('A`)勇者ブーンと、魔王の娘でありながらその勇者と恋に落ちた愚かな娘……その二名によって魔王は天界へと追放された

( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ

ゴゴゴゴゴゴ……

('A`)そう、貴様らの事さ……

('A`)9mだがしかし!

('A`)この俺、†暗黒大魔導士・DKO†(ブラックダークグレイマジシャンボーイデンジャーブラックボーイ・ドクオ)は永きに渡り魔王再臨に向けた用意を続けてきたのだ……

m9('A`)そして!今日!

('A`)その望みが今ここに実ろうとしている!

[ 2015/02/12 22:11 ] シリーズもの | TB(0) | CM(0)

( ゚д゚ )キスするまで見つめてくるようです

5 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/01/30(金) 23:28:56.24 ID:HHNiHdaf0
 


( ゚д゚)       ('、`;川





( ゚д゚)       ('、`;川





( ゚д゚)       ('、`;川 何よ

[ 2015/02/07 00:52 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ^ω^)せんとうのスヽメのようです  いの七

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/22(火) 16:07:10.31 ID:qf1+i+zz0




 麦踏みやらの農作業に駆り出され、久しぶりに帰ってきた実家は、前回帰った時から何一つ変わっていなかった。
 強いて言うならば一部の庭木の葉が寒冷な風に染まり、赤く色づいているくらいである。南天が風に揺れている。
 秋はアッと言う間もなく過ぎて行った。上着からはみ出た手は冷たく、最早感覚もない。血色悪く生白い色をしていた。

 家を出る前に通っていた銭湯に赴くと、これまた何一つ変わらない顔をして建っていた。
 田舎は時間が凝り固まって出来ているようである。