( ^ω^)最終電車のようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/12(日) 22:56:59.16 ID:Vlxlg+Hr0

 チンチンチンチン

警笛が聞こえてきた。

 チンチンチンチン

警笛は遠ざかっていった。


( ^ω^)


目の前にいる男は、妙にそわそわした様子で、先ほどから携帯をいじくっている。
数分後、意を決したかのように席を立つと、通路を挟んだ隣の席の横に移動した。

(´・ω・`)「はい?」

( ^ω^)「どうも」

最初から席に座っていたショボンは、急に男が近づいてきた事で、読んでいた雑誌を閉じて顔を上げた。

( ^ω^)「すいません。駅につくまでで良いので、少しお話でもしませんかお?」

[ 2014/11/30 22:20 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ^ω^)は主人公系男子のようです

1 :名も無きAAのようです:2013/02/16(土) 18:29:36 ID:kMguXOnM0

( ^ω^)「内藤ホライゾンです。両親は海外旅行で今は家にいません」

( ^ω^)「義理の姉と妹との3人でくらしています」

( ^ω^)「隣の家には幼馴染が居て、お互いに窓を開ければ行き来できる感じです」

( ^ω^)「バイト先では年上のお姉さんと良くシフトが重なってて、良くご飯を奢ってもらってます」

( ^ω^)「部活では男子が僕一人だけで、先輩と後輩には良い様に使われて困ってます(苦笑)」

( ^ω^)「生徒会長、えぇ、女の人なんですけど良く気にかけて貰ってて。進路相談とかもさせてもらってます」

( ^ω^)「そういえば近所に出来た武道場の女の子と良く会うんですよ、最近」

( ^ω^)「ジョギングしてる途中だったりで、頑張ってて偉いなぁって思いますね」

( ^ω^)「あと同級生の子が料理屋をしてて、よく食べに行ってますね」

( ^ω^)「僕も料理を作るので、参考に。え?女の子ですよ?可愛い感じの」

( ^ω^)「昼休みは図書館で過ごすのが日課ですね」

( ^ω^)「おかげで図書委員の子と仲良くなっちゃって。今度一緒に美術館行くんですよ」

( ^ω^)「委員と言えば、学級委員長にはホントお世話になってますね。主に勉強面で」

( ^ω^)「この前なんか泊りがけで教えてくれて。ホント、彼女には頭が上がりません」

( ^ω^)「そういえば最近転入生の子が来たんですけど、昔一緒に遊んだ子と似てるんですよ」

( ^ω^)「金髪碧目だったんですけど、まさかそんな偶然と思って知らん顔してたらどうやら本人だったようで(笑)」

( ^ω^)「機嫌を取るのに苦労しましたよ、あの時は。未だにツンツンしてて、ホント困っちゃいますよね」

( ^ω^)「あと担任の先生なんですけどね、まだ先生になったばかりで何故か僕に相談してくるんですよ」

( ^ω^)「小柄な先生で、よく大きい荷物とか持ってあげて('A`) 「それ以上喋ったら殺す」

次から投下。ながら。


[ 2014/11/25 20:25 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい  その五

143 :名も無きAAのようです:2014/10/19(日) 13:34:28 ID:scZKMryM0




ちっせえ暗いとこに押し込められて。

そこで俺は死ぬんだけど、生きてんだ。

ヘンな話だと思わねえか?

そこまで無理して生きるなんて、みっともねえって、思わねえか?

俺はそう思うね。

サビれた商店街のシャッターが降りるみたいに、

潔く、目覚めさせてくれよ。なあ。







.

<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい  その四

118 :名も無きAAのようです:2014/10/02(木) 23:17:50 ID:S5W2YvmI0





退廃した世界の、

丁度ぴったし裏側の世界で、

俺たち罪人っぽい奴らは走る。




.

<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい  その三

81 : ◆qr612gY.3.:2014/04/07(月) 11:16:43 ID:jI8qBsMk0










        もう誰も正常じゃねえようですし、
    俺だってアタマおかしい








.

<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい  その二

29 : ◆qr612gY.3.:2014/03/19(水) 20:57:14 ID:D7ZqqPH20

自己中心的だね、と言われて来た人生だった。

それを否定する事は出来ないが、

それを肯定する事も、今の俺には出来ない。

今考えれば、恐ろしく打たれ弱い精神だからこそ、
自己中心的になるのだ。

恐ろしく打たれ弱い精神だからこそ、
そうした自分を肯定出来ないのだ。

だから自分以外の存在に神経質になって、
当たり散らす訳だ。

ビビりだからこその行動な訳だ。

<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい  その一

1 : ◆qr612gY.3.:2014/03/16(日) 21:36:04 ID:LxmKu/NU0




あの時から、俺の何かが劇的に変わった。

俺が猛スピードで疾走するガソリン臭え鉄の塊に
弾き飛ばされ、脳みそをほとばしらせたあの時から。

明らかに、変わった。

悲しい事にもう何も憶えてねえ訳だ。

キチガイみたいに叫んでた男の顔も。

清々しい程自己中な野郎も。

禿のおっさんも。

確かに俺の命の終幕が一度訪れた筈なんだ。
その衝撃で何という事か、裏の時空に落ち込んじまっった。


もう誰も正常じゃねえなら、
俺もアタマおかしい訳になるし。

何れにしても俺はもう戻れない。

そう、悟りながら一度目の息を引き取った。




.

<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい  インデックスページ

( ^ω^) ブーン系創作板のようです 完結作品


その一
『常識とか言う馬鹿野郎に振り回されちゃあ、メシもゆっくり喰えねえよなぁ、ああ、君はどうだ」


その二
「いつだってそうさ、テメェが良いと思った方に全身全霊で意思を固めろ、その度にガミガミ連中が抑え付けて来るが、何、気にする事はねぇ。元々人間ってのはそういうもんだからだ」


その三
「意地と負けん気の糞兄弟が、人の背中を押すんだね」


その四
「もう意味分かんねえ」


その五
「破壊的論者」





元スレ:<_プー゚)フもう誰も正常じゃねえようですし、俺もアタマおかしい(リンク先( ^ω^) ブーン系創作板のようです

(´・ω・`)が猫を拾ったようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/17(日) 04:48:32.12 ID:pCmYBWtU0

川 ゚ -゚)「お兄さん、わたしを拾ってくれないか?」


クールな目をしたその猫が、そんな風に唐突に声を掛けてきたのは
冷たい雨がしらしら降る日のことだった。


(´・ω・`)「……」

僕は差していた傘を持ち上げ、声の主の方を見た。

ひどく痩せた猫だった。
雨の中、びしょ濡れで道端にしゃがみ込んでいる。
声も顔つきも中性的だが特に粗野な感じはしない。
なめらかにまっすぐ伸びた美しい毛と、知的で涼やかな青い瞳。

僕はしばらく考えて「いいよ」と手を差し伸べた。


[ 2014/11/01 13:06 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)