('A`)花夢のようです

1 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:44:39.02 ID:JZtphzhP0
 
 海が広がっている。
 奇妙に曇った灰色の空と、濁った海。


ξ ⊿ )ξ  ( ω  )


 知らない男女が海の中に立っている。
 顔は見えない。


ξ ⊿ )ξ「    」


 けれども彼女達は何かを伝えようとし。


(  ω )「    」


 いつもいつも、聞こえないで終わる。

 咲き誇る花。
 鮮やかな赤。くすんだ青。
 紫陽花。
 海に咲いた花弁が、二人の足元から散るように、湧き上がるように、広がっていく。


 それはまるで、自分を呑み込もうとしているようだった。

[ 2014/06/29 00:47 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

お題:土偶 ケチャップ

111 :名も無きAAのようです:2014/06/08(日) 21:10:33 ID:3l7cDCrk0
ピンポーン

( ,,^Д^)「御届け物でーす ハンコください」

( ФωФ)「どうもである」


(;ФωФ)「差出人は…ドクオであるか。にしても妙に重いである」

( ФωФ)「さて中身は…」 パカッ 

doguu1.png
( ФωФ)「えっ」

[ 2014/06/22 22:17 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

「ねえ、私のこと、好き?」のようです

317 :名も無きAAのようです:2014/06/13(金) 22:11:05 ID:SLSIJzEI0










「ねえ、私のこと、好き?」








,
[ 2014/06/18 18:33 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

ξ*-⊿-)ξウィー    ('A` )・・・

1 :以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/06(金) 23:53:57.00 ID:+ZwHD9rA0
AA_140271488597220900.png

[ 2014/06/14 13:41 ] AAとか | TB(0) | CM(0)

AAな流れ ( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ

15 :名も無きAAのようです:2014/03/03(月) 15:16:40 ID:Axv5utZM0
VIPから

1 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします :2014/03/03(月) 02:01:00.99 ID:pZ+zcC960
AA_140271605024905200.png


評価頼む

[ 2014/06/14 12:38 ] AAとか | TB(0) | CM(0)

( ФωФ)地平線を越えるようです

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/07(土) 04:25:36.21 ID:OtNvDMb/0
( ^ω^)「メーン!」パシンッ

( ФωФ)「くぅッ!!」

あぁ、奴はいつでも我輩の地平線であるな。名は体を表すどころの話ではない。

追い続けても追い続けても、奴を越えることは出来はせん。

只々、離れていくばかりだ。

我輩は奴に近付くことすら許してはくれぬのか。

あぁ、あの憎たらしいニヤケ顔をぶち抜いてやりたい。

[ 2014/06/10 23:37 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( <●><●>)( ><)無題

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/01(金) 00:14:25.86 ID:p2Vg95Yk0


りん、と風鈴の鳴る音がしたので、私は窓の方へと目をやりました。
するとそこには案の定、幼馴染が平和そうな顔で手を振っているではありませんか。

すでにそのことに慣れてしまっている私は、近付いてその窓を開けました。

( ><)「こんばんはなんです!」

( <●><●>)「こんばんは」

暢気な顔で挨拶を交わすこの幼馴染、名をビロードと言います。
淡いグリーンのタンクトップに膝丈のズボン、夏休みの虫取り少年を絵に描いたようなその姿に
私は僅かに口元を緩めました。

足を窓にかけ、彼もまたいつものように私の部屋へと入ってきます。
外から聞こえる鈴虫のりぃりぃとした声が夏の蒸し暑さを緩和している気がするのは私だけなのでしょうか。

( ><)「ワカッテマスくん、また宿題していたんです?相変わらずワカッテマスくんは勉強好きなんです!」

( <●><●>)「知識を得るというのは素晴らしいことです。ビロードは夏休みの宿題、終わったのですか?」

私がそう聞くと、彼は視線を泳がせるようにして笑いました。

(;><)「そ…それよりも僕は今を楽しむんです!」

( <●><●>)「ダメ人間のセリフですね」

[ 2014/06/05 18:16 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

( ´_ゝ`)喋るパンツのようです(´<_` )

1 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/05/09(金) 17:28:37.87 ID:LZbH3Zp4O
( ´_ゝ`)「……何故こんな所にパンツが」

( ´_ゝ`)「……ここはリビング……パンツを置いておくような場所では無いのだが……」

( ´_ゝ`)「……」クンカクンカ

( ´_ゝ`)「……」スーハースーハー

( ´_ゝ`)「……」クンカクンカ!スーハースーハー!!クンカクンカスーハースーハー!!!

(*´_ゝ`)「ふぅ……」

( ´_ゝ`)「うむ、妹者の物でも姉者の物でも無いな……そして母者ではサイズが合わない、一体誰の……」

パンツ「……ハナシテ」

( ´_ゝ`)「ん?」
パンツ「イタイ……ハナシテ……」

( ゚_ゝ゚)「」

( ゚_ゝ゚)「」

( ゚_ゝ゚)「」

( ´_ゝ`)「あぁ、なんだパンツが喋っただけか」

[ 2014/06/01 18:31 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)