スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ζ(゚ー゚*ζ わたしの可愛いツンデレちゃん のようです

1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/05(月) 20:11:43.38 ID:lNn9mv0N0

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっとデレ、今あいてる?」

ζ(゚ー゚*ζ「なぁに? ツンちゃん?」

ξ゚⊿゚)ξ「こっちの青いスカートと、このピンクのスカート、どっちが可愛いと思う?」

ζ(゚ー゚*ζ「え~、どっちも可愛いよ。なんでー?」

ξ*゚~゚)ξ「に、日曜日にその……ブーンと……」

ξ*゚⊿゚)ξ「で、出かけるから! 服、見繕ってもらおうと思って……」

ζ(゚-゚*ζ「え?」

ξ ///)ξ「デレの方がセンスいいし……べ、別にブーンのために張り切るわけじゃないけど
    変な格好するのは私のプライドが許さないっていうか!」

ζ(゚ー゚*ζ「…………うん、そっか、いいよー! ツンちゃんをめいっぱい可愛くしてあげる」

ξ*゚⊿゚)ξ「ほんとっ!? あ、ありがと、デレ!」

ζ(^ー^*ζ「うふふ、やだもー、抱きついちゃって。ツンちゃんたらいつまでたっても子供なんだから!」


スポンサーサイト
[ 2013/11/27 22:24 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

好きと大好きとわたしも、のようです

1 :名も無きAAのようです:2013/03/23(土) 18:19:05 ID:.0EpgkBY0




愛というものは、言葉だけでは伝えきることができないものです。





.

[ 2013/11/22 21:41 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ´_ゝ`)(´<_` ) 無題

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/17(木) 00:17:29.45 ID:hJabgr8LO
彼はこの密林の主
蹂躙を許された唯一の者

大岩を思わせるその巨躯は、後光差さんばかりの荘厳さに満ち溢れ
大地をえぐるその四肢は、あらゆる障害を踏み躙る槌となる

貫く眼光は、対峙する勇気をひねり潰し
天を仰ぐ純白の双牙は、命を刈り取る鎌となる


縄張りに愚かにも踏み込むなかれ
それ即ち轢死体への秒読み宣告

決して気付かれてはならない
何があろうと怒らせてはならない

自らの生物としての脆弱さを自覚し、畏怖せよ

嵐の様な暴虐に、ただただ怯え涙せよ

人に抗う術無き彼の者の名は

大地の暴君【大猪】ドスファンゴ


[ 2013/11/22 21:22 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

( ^Д^)プギャーと変なヒーローのようです

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/12(月) 20:03:46.41 ID:aV5aBJcRO
─高校3年生
─4月下旬
─午前10時


どーせ遅刻だし、と余裕しゃくしゃくで歩いてたら、ギリギリ電車に乗れなかった。

( ^Д^)「あーめんどくせ」


背後にさっきまでなかった気配を感じる。

気になったので振り向いた。


そこには、両手を腰にあてて、爪先立ちのスーパーマンっぽいのコスプレがいた。

顔はマスクで隠れててわからない。
その顔にはどこか親しみを感じる。


勝手に目がスーパーマンの胸元のローマ字の所に行った。

OSSAN☆HIRO



[ 2013/11/18 17:24 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

('A`)は服を愛しているようです

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/16(火) 18:35:44.44 ID:KfzQOcR30

半世紀ほど前、この街にある紳士がいた。
紳士は大層裕福で、いつも上等な衣服を着、常に余裕ある笑みを浮かべていた。

その夜も紳士は高級な服を身にまとい、年の離れた恋人に会うため街へ出た。

しかし、いったい何事か、紳士は物言わぬ死体となって、朝を迎えることとなった。

発見された時、紳士は何も身につけておらず、このことから夜盗に襲われたと思われる。
紳士は常の余裕など微塵も見せず、恨みに醜く顔を歪ませていたそうだ。


[ 2013/11/17 02:08 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ・∀・)暇潰し世界クリエイトのようです(読者レスあり)

2 :名も無きAAのようです:2013/11/03(日) 19:48:35 ID:2D9.YuhU0
むかしむかし、神様たちが暮らす「天界」と呼ばれる世界に


( ・∀・)「・・・すっげえ暇だわ」


モララエルという、とても暇を持て余している神様がいました


[ 2013/11/14 23:25 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

('A`)紡ぐ話は紅い糸のようです

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/12/23(火) 22:23:00.42 ID:gEsd+p7W0

ぎ、と鈍い音がして重い木製のドアが開き、
暗い部屋に一筋の光が差し込む。

部屋の中は一見手芸の店のようで、糸が並んでいる。
しかし、どれも古く、今にも切れそうなものばかりだ。

その中、男は独り言のように呟く。

( <●><●>)「1つ記憶を紡ぐとしましょうか。
        皆さんが折角いるのですから、眠る前の暇つぶしくらいにはなるでしょう」


男は、糸車に赤い糸をセットすると、
歌を歌うように呟きながら、ゆっくりゆっくりと糸を紡ぎ始める。



[ 2013/11/10 21:32 ] シリーズもの | TB(0) | CM(0)

J( 'ー`)しカーチャンが護るようです

90 名前:J( 'ー`)しカーチャンが護るようです 1/21:2008/11/13(木) 22:53:39.57 ID:xzUVVLkm0
リーン ゴーン リーン ゴーン


朝を告げる鐘の音が施設内に響き渡る。
すると、どの小部屋からも子供達が次々に飛び出してきた。

4歳かそこらの小さい子供から、少し大きめの子もいるが
いずれも10歳未満であろう、年端のいかぬ子供達。

窓から漏れる眩い光を浴びながら、それに負けないくらいの明るい笑顔で廊下を駆ける。
顔を洗うため、どの子も我先にと洗面所へ向かっていった。

[ 2013/11/10 21:27 ] 総合短編 | TB(0) | CM(0)

('A`)はキノコのようです 後編

457 :名も無きAAのようです:2012/08/01(水) 22:42:48 ID:yhYALa.kO

 ツン。
 可愛い。
 可哀想。

 ツン。
 誰かに笑顔など見せたら駄目だ。
 誰かと仲良くするのも駄目だ。

 そんなことをするなら。
 みんな、君の周りから消してやる。



 カッターの刃が、きらりと光った。


('A`)はキノコのようです 中編

340 :名も無きAAのようです:2012/07/28(土) 22:19:36 ID:njxKWDg6O

川 ゚ -゚)『こんにちはドクキノコ先生、今日もじめじめしてるな』

 ──変わった生徒だった。


 8年前、仲が良かった同僚の教師に「自分の教え子が不登校なんだ」と相談された。
 生徒数の多いニューソク高校。
 その分、不登校という問題は、そう珍しくない。

 渋々ながら同僚と共にその生徒の家に行ってみると、
 ドクオの中にある不登校児のイメージとはかけ離れた少女に出会った。

 苛められているとか、対人恐怖症とか、素行不良とか、そういったわけではなく。
 友達もいないわけでもない。

 ただ、どうにも学校で浮いている気がして、居た堪れないのだという。
 実際にはそんなことはないのだが、どうしても、そう思えてならなかったらしい。

 保健室登校という手も試したものの、明るくて小綺麗な保健室が肌に合わなかったそうだ。

 学校では何が好きかと訊くと、小学生のときから理科の実験が好きなのだと答えられた。
 だから、思い切って、ドクオは「科学実験同好会」なるものを作ってみた。

 その生徒1人のための同好会だ。
 誰かと一緒にいる必要もないし、好きなだけ、したい実験をすればいい。
 すると、彼女はあっさり登校するようになった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。