スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(´<_` )深山に棲まうは( ´_ゝ`)のようです

2 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/12/11(火) 23:00:46 ID:QbLVfSlM0 [1/47]


都のすぐ近くにある山の奥深く、世にも恐ろしい夜叉が住み着いていた。
その鬼は旅人を捕らえ、凌辱の限りを尽くした後、生き血を啜るのだという。
しかしながら、噂はすれど、姿を見た者は一人もいなかった。
土塊に、あわれ無惨な姿となった屍が捨て置かれていたわけでもない。

噂だけが都に蔓延っていた。
都の貴族は、口々に夜叉の恐ろしさを語り、夜は固く門戸を閉ざした。
やむなく都へ向かう旅人は、山越えをする間念仏を唱え、ただひらすらに夜叉に出会さぬよう願うばかりであった。

深山に茂る木々の梢は高い。
山は昼なお暗く、しっとりとした気配を漂わせるのだった。
スポンサーサイト
[ 2013/05/20 21:35 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。