スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

o川*゚ー゚)o綺想曲のようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/29(水) 13:20:24.87 ID:fOOVVT5R0
はーじめーるよー


スポンサーサイト
[ 2010/12/14 21:34 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ^ω^)ブーンの未来は全て、/ ,' 3アラマキの手の中のようです

1 名前:080 ◆080mxUe5zE :2009/04/03(金) 22:39:49.42 ID:5uebbWaSO

( ^ω^)「……」

 誰が、信じるものか。
 心霊現象、占い、神、悪魔。
 どれも下らない。

( ^ω^)(物理的にありえねーお)

 そう、万物は物理法則に従って存在している。
 だというのに後悔だの怨念だのと、そんな感情が肉体無しに有り得るはずがない。
 実際生まれてこの方二十四年、一度も不可思議な出来事などを体験したことがない。

 仮に存在したとしても、それらの全ては恐怖などといった感情が見せる幻覚や錯覚なのだろう。
 しかし――

/ ,' 3「お前さんは明日運命的な出会いをするぞ。
    しかも女子高生じゃ、JKじゃ」

 ――この爺さんの言葉はどんな現象で説明出来るのだろうか。



[ 2010/12/14 21:28 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

ζ(゚ー゚*ζは死神見習いのようです

2 名前: ◆pY/Uwkn0nQ :2008/08/11(月) 21:51:13.28 ID:RHym66pX0


ζ(゚ー゚*ζ
みなさん始めまして。私はデレ=デ=レーと申します。
先月死神資格の筆記試験に合格し、今からの実技試験に合格すれば、晴れて本物の死神です。
本物の死神になれると、給料もケタ違いだし、何より死神割引で安く買い物ができるようになります。

――人間界。
そういうことなので、今人間界に降りてきていて、そろそろ実技試験が始まる時間です。
他の受験生たちも十数人、この公園のような場所に集合しています。
まだ試験の内容は発表されていませんが、多分人間の魂を狩ればいいんだと思います。
あっ、ほら、試験官が受験者を集合させています。私も行ってきますね。

( ´∀`)「はい、受験者は番号順に横三列に並んでモナー。あと受験票も回収するモナよ」

ええと、私は3番なので、一番前の列に並ぶことになります。
周りの人みんな自信満々な顔をしていて、ちょっとドジな私はとても不安な表情です。
でも、筆記試験は満点だったんだから、実技でも……大丈夫だよね?
ちょっとだけ、本当にちょっとだけ心配ですけど。

( ´∀`)「はい、確かに受験票受け取ったモナ。んじゃこのクジ箱から試験内容とってね。
      で、その紙に魂を回収するようにするモナよ」

試験をクジで決めさせるとはこれいかに。
と、まあ気を取り直して、念入りに箱の中をかき混ぜて、一枚の紙を取り出します。
胸が破裂しそうなくらいにドキドキします。うう、緊張。



[ 2010/12/14 21:23 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

(゚、゚トソン欠片を拾い集めるようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 22:08:03.63 ID:rse+/8ls0


 人格をデジタル化し機械体へ換装する技術が確立してすでに300年は経つ。

人類はとうとう永遠のテーマだった“不老不死”を手にしたのだ。

 だがそれは同時に大きな問題を生み出した。

機人化手術を受けることの出来る富裕層とそうでない貧困層の間に生まれたとてつもない亀裂。

生身の人間たちは機人に反旗を翻し、宇宙の各地で火の手が上がる。

 開戦当初こそ機人が圧倒的優勢に立っていたものの、人間の反撃は止むことはなく―――

そして―――










トソンが欠片を拾い集めるようです




[ 2010/12/04 00:22 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ^ω^)達はプロフェッショナルのようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/21(金) 18:24:04.14 ID:vJEDK97i0
ビルとビルとの隙間に出来た影の中に、その店はあった。

あまりに悪い立地条件のせいか、偶然そこへ人が訪れることはまずない。
時折、迷い込んだかのような黒猫が鳴いているのが精々。
この辺りを彷徨う人を見つけたら、それはつまり、この店へ行く最中ということになる。

表向きは便利屋。

猫の捜索から、奥様の浮気チェックまで引き受ける。
酷い時には公園に落ちている犬の糞を、徹底的に捜索して除去して回った。

しかし、夜十時を過ぎて、備えられた看板が『OPEN』から『CLOSED』に変わった時。
この店は、表の顔から、裏の顔へと豹変する。

今日もまた、闇夜へと身を沈めていく者が一人。

妖しげな光に誘われて歩を進める。


    『いらっしゃいませ。おはようございます。

               こんにちは。こんばんは。
   
                     本日は一体どのようなご用件で?』
  

( ^ω^)達はプロフェッショナルのようです


[ 2010/12/04 00:04 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)

( ∵)沈黙のようです (閲覧注意)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/04(土) 00:54:10.00 ID:HBWv2xbXO




“I am Providence”



━━ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの墓碑に刻まれた銘文より



[ 2010/12/03 23:47 ] スレ立て短編 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。