スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(・∀ ・)たった一つのようです 0:僕【ぼく】

1 名前: ◆q/GlKnlG6s :2008/12/31(水) 18:54:20.16 ID:+Gkuu9B80

0:僕【ぼく】





僕が目を覚ますのは決まって暖かいスープの香りと、そして優しいメロディに包まれてからだ。
ゆっくりとした時間の流れに僕は従いそうしてようやく目を開く。

うつらうつらとした目を擦ると、そこには神様が座っているのさ。
森の囁きも天使の歌声も愛を叫ぶ動物の声も、この方の声には適わない。

( ・∀・)「お早う」

おはようございます神様、今日のご機嫌はいかがですか?
僕が聞くと、神様はそのお声を響かせて気だるげに言った。

( ・∀・)「いつもどおり、最悪だよ」

たった一つの笑みも零さず、神様はテーブルの上にあるクロワッサンをくしゅりと齧る。
お前も食う?と、聞かれたけれど、僕はそれを笑顔で断らせてもらった。
神様の食事を頂くなんて、僕にとっては恐れ多いことだから。
僕は神様のしもべであり召使であり従者なのだ、決して一緒になってはいけないのさ。


スポンサーサイト

(・∀ ・)たった一つのようです  1:羽【ワ】

0:僕【ぼく】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです  2:小【コ】

1:羽【ワ】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです  3:野【ノ】

2:小【コ】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです  4:背【せ】

3:野【ノ】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです 5:回【かい】

4:背【せ】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです 6:蛾【ガ】

5:回【かい】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです 7:好【ス】

6:蛾【ガ】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです  8:鬼【キ】

7:好【ス】はこちら

(・∀ ・)たった一つのようです  9:打【ダ】

8:鬼【キ】はこちら




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。